リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ CATEGORY ≫ 未分類
CATEGORY ≫ 未分類
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

床材を探しに... Floor & Decor in Savannah

 4つのベッドルームは、どれも絨毯張りになっています。その床を、板張りにしたい!我が家の床は、コンクリート打ちなので、本物の木材(ハードウッドやパイン)を使用することはできません。

 そこで、ラミネート材、エンジニアリングハードウッドか最近流行りの「タイルで木目風」を使うことになります。

 まずはどんなものかと試しに、一番小さい部屋から始めてみることになった。
手にあまるようなら、残りの部屋はプロに依頼するわけだが、数人の友達が口を揃えて、「あんな簡単なインストレーションにお金を払うなら、YouTubeを見て、自分でやればよかった!」というのです。

 さて、近くのDIYの定番、Lowe's とHomeDepot を見てみたけれど、どうも「これだ!」という色と風合いが見つかりません。

 行きましたよ、最近オープンした「Floor & Decor サヴァンナ」店。日曜日に下見をして、2種類ほど床材のサンプルを借りてきました。

 アメリカ在住で、まだこの店を見たことのない方への説明としては;
「Lowe's の店の中に、床材やタイルしか売ってない」というのでどうでしょう。

 こちらすべて、「モザイクタイル」のサンプルと在庫品。
moza.jpg

 これは、タイルね。こういう列が大理石タイル、トラヴァティーンタイル、ポーセリアン、セラミック、という具合に、ひたすら続くのです。
IMG_3646_convert_20151014090940.jpg

 こちらは、レンガ風のタイル。暖炉のレンガをペイントしているので、それを剥がすと夫は息巻いています。で、ペイント剥がしがうまくいかなかったら、この「サヴァンナレンガ風タイル(左側)を貼ればいいじゃん!」と、いきなりやる気満々です。
IMG_3648_convert_20151014091750.jpg

 これが最近はやりの、「木材風タイル」リサのお家の床は、少しグレーがかったヒッコリー風のタイルを使用していました。
IMG_3650_convert_20151014092049.jpg

 以上タイルばかりですが、私たちはラミネート材を選びました。天然木やエンジニアリングハードウッド(木材を張り合わせたもの)は一週間から2週間、ラミネート材は3日ほど環境や湿度に慣らすために、家の中に置いておくそうです。
 IMG_3651_convert_20151014093849.jpg

 まずは、絨毯を剥がす作業が待っています。いや、その前に部屋からガラクタを運び出さねば。。。

 さて、この床のインストールはどうなることやら、お楽しみに〜!

 ** ちょっと英語の話 **
絨毯(部屋中に敷き詰めた絨毯)のことは、カーペットといいます。床材の上に、パッド(pad)を敷き詰め、その上にカーペットを敷きつめます。
The bedroom has a carpeted floor. ベッドルームは絨毯敷きです。

絨毯でも敷き詰めないタイプは、ラグ(rug)あるいはエリアラグ(area rug)といいます。これは、ほとんど部屋中を敷き詰める大きさのものでも、少し小型のものでも、ラグ。外のデッキなどで使用するものは、アウトドア ラグ(outdoor rug)。シルクやウール、手織りなどの高級なものでも、ラグです。

廊下や階段に敷く長いタイプは、ランナー(runner)ですね。「走る人=ランナー」と区別するために、runner rugとかカーペットランナー(carpet runner)ということもあります。

バスルームに使うような小型のもの(シャワーやバスタブ周り)は、マット、バスマット(mat, bath mat)になります。


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

SC州議会議事堂前 南部連合旗が正式に下されました

 週末の金曜日、サウスキャロライナ州の州都コロンビアの州議会議事堂前広場から、南郡旗が降ろされました。 
Confederate-Flag.jpg

 先月チャールストンでおきた、教会での襲撃事件がきっかけです。
 黒人が中心の教会での祈祷中に、21歳になる白人のD. Roof容疑者が牧師であるピンクニー氏(州の上院議員でもあります)を含めた9人の参列者を銃で殺害した事件で、動機は人種差別によるもの、と発表されています。

 白人による黒人殺害がきっかけとなって、戒厳令まで発令されるような大規模な暴動が起きたファーガソンやボルティモアと異なり、チャールストンでは教会前で祈祷会があり、知事は緊急の「南部連合旗(Conferderate Flag)を永久に降ろすことを、州議会にかける」ことを発表しました。

 サウスキャロライナ人は、南部でおきた人種差別銃撃殺人事件で、教会のメンバーをはじめチャールストンの人々のとった行動(黒人と白人がともに集うキャンドルサービスや祈祷、被害者の家族が悲しみにくれながらも静かにインタビューに応える態度)に、深く感動するとともに、誇りにも思ったのでした。

 実は私も実際に南部(ノースキャロライナ州)に住むようになって、どれほど「南部」と「北部」の確執が深いのかを初めて知ったのです。

 それは冗談として語られるときもあり、また文化論として話題に上ることもあり、あるいは経済や政治論として比較されることもあります。はい、間違いなく現在進行形です。

 南北戦争は150年前に終わっているのですが、それでも南部人は北の人のことを今でも「ヤンキー」とよびます。インターステイト(高速道路)を走っていて、南部連合旗がはためいているのを見ても、驚きません。

 オハイオ州(北部になります)在住の夫の従兄弟などは、こちらに遊びに来るのにテネシー州に入るときに「さー、南部だぞ〜!おとなしくするんだぞ〜」と子供たちに言っちゃった〜(笑)、といいながらやってきます。

 南北戦争はなぜ起きたか。

 ぶっちゃけた話、経済問題なのです。南部は綿花とタバコ栽培で外貨を稼ぐこともでき、とても豊かだったわけです。
その豊かさは大農園(プランテーション)と奴隷制度の恩恵によるのですが、特に綿花栽培はイギリスの綿花工業の急激な発展とともに圧倒的な外貨獲得源になり、南部は自由貿易で稼ぐことができます。

 当時メキシコから独立したテキサス(Republic of Texas)とフランス(財政難のナポレオン1世)から買い取ったルイジアナを併合した合衆国は、上院で奴隷制度のない州(北部)と奴隷制の州(南部)の均衡が崩れてしまいました。

 すでに、奴隷制や貿易制度の違いが顕著になっていた北部と南部の対立は、この時期決定的に大きくなります。

 南部は当時、「合衆国」でなくてもやっていくことができるほど豊かだったわけです。で、リンカーンが当選した年に、奴隷制や自由貿易を死守するべく、サウスキャロライナ州が「合衆国脱退宣言」!

 ミシシッピー、ジョージアと南部の州が次々に合衆国から脱退して、アメリカ連合(Confederate States of America,11州)が生まれたわけです。
 少なくとも合衆国には政治体制も軍隊もあったけれど、南部は大統領を選び、政治体制や軍備を一からつくる、というとんでもない状況で戦争が始まったようです。

 それでも南部は、「経済基盤である奴隷制を守る」あるいは「侵略してくる北部から南部を守る」という明確な目的があったわけで、それが戦争終結を遅らせることにもなりました。

 北部は、「合衆国を守る(南部を取り込む?)」だけでは説得力に欠ける(?)ようでもあり、人道的な大義名分として「奴隷解放」も大きな力になったとか。

 そんなこんなで、南部連合旗を掲げる白人には「南部人のプライド」という要素が強かったのですね。

 ところが、白人至上主義や黒人にとっては「奴隷制、人種差別の象徴」と受け取られ、やはり溝は残ってしまったようです。

 これまで州議会議事堂に出入りしていた人たちにとって、南部人としての誇りの象徴だった旗は、人種差別の終焉をそくす象徴として、正式に下されました。
 



 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


Amazing iPad magicーiPadで手品

 It's just an iPad. Look what HE can do with it.... AMAZING!

 友人が送ってくれた、iPadの手品。アメリカで人気のコメディアン、Ellen Degeneres (エレン ディジェネレス)のテレビ番組で放映されたようです。
 4分の時間が気にならない。。。





 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

膝の関節全取り換えーTotal Knee Replacement (手術編)

 またまた間が空いてしまって、すみませんでした。

 12日の月曜日に、夫が右膝の関節全取り換え、という手術をしてきました。
これからは、空港のセキュリティで「人工関節です」と言わないと、「ブブ〜ッ」とアラームが鳴る、バイオニックマンです。

 totalkneereplacement03.jpg

 アメリカの場合、「普通は一泊」の手術です。日本のウェッブサイトを見ると、なんと3週間も入院させてくれるのですね!!びっくり!

 で、金曜日の夕方に病院から「準備のために、月曜日の朝6時に来てくださいね」という電話がありました。

 うちから病院までは、車で1時間ちょっと。朝4時にあたふたとシャワーを浴び、5時前に出発です。
夫は手術日の前夜、シャワーの後に「全身消毒シート」で体を拭いているので、当日はシャワー無しです。

 手続きは12月に終わっているので、すぐに予備室に入ります。一応ここで、再度の血液検査をします。

 手術室には9時半にはいったようですよ。待合室で、ボランティアのおばちゃんが「いま、入ったそうよ」なんて教えてくれます。

 おばちゃんの机の後ろのディスプレイには、ドクターの名前と患者の番号(当日、家族が教えてもらえる)のリストが出ていて、進行状況をざっくり確認できるんです。

 術後のドクターからの説明は、11時半すぎでした。なんて速攻!

 さて、ここからがいかにもアメリカンなのです。

 本人の目が覚めて、様子見の術後室から病室へ来たのが1時過ぎ。

 しばらくするとRN(担当の看護婦、Registered Nurse)がきて、ちょっとした質問やお話をします。でも、本人の意識を確認しているという感じでしょうか。

 本人、朦朧としていますよね。目が覚めているのか、寝ているんだか?

 ところが〜!!

 3時には、フィジカルセラピーの担当者が来て、ちゃんと膝を動かし、ついでに廊下を歩かせるんです。

 短い距離ではありますが、夫は自分が何しているのか、よくわかっていなかったようです。

 「うちに帰ったら、1日3回やるエクササイズ」という表ももらいました。

 膝の中に「鎮痛カプセル」を埋めてあるので、3日くらいは効果があるようです。

 ふにゃ〜っとしているオットをおいて、私はその夜、とっても熟睡できたのでした。

 


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

アッシュビル、山は涼しい〜!

 暑くて観光客でいっぱいの島から、ちょっとだけ逃げ出そう!と、2泊でノースキャロライナのアッシュヴィルへ行ってきました。

 島から車で5時間程、ヴァージニア州からジョージア州へ連なるアパラチアン山脈のなかを、ブルーリッジパークウェイが走っているのだけれど、その端に引っかかるように町があります。

 久しぶりに山だ〜!と興奮気味のオットは、遠回りになるけど、ちょっとだけブルーリッジパークウェイを走りたい!と、ハンドルを握る手に力がはいってしまったようです。
IMG_1804_convert_20140801104537.jpg

 島からI-95, I-26というハイウェイを走っている間は、外気温がなんと35℃(95F)でした。
パークウェイをちょっと走ると、午後3時の気温はすでに24℃(75F)まで下がっています。

 今回の滞在は、「涼を求めて」ということで、Grove Park Inn (グローブパーク・イン、クリックでホテルのサイトへ飛びます)へチェックイン。

 石造りの建物が本館で、真ん中当たりのオレンジ色の屋根がフロントのある10階になります。
メインのインは、1911年に建設がはじまり、400人が一日10時間集6日働いたそうです。そして1913年の7月にオープン。以来、大統領や映画スターなど、そうそうたるゲストがこのホテルに泊まっています。

 ゲストルームのドアには、誰がいつ泊まったかというプレートがはめ込まれているのですよ。
IMG_1810_convert_20140801105910.jpg

 新館の「山が見える部屋」を予約していたのですが、「ジュニアスイートへアップグレード」というおまけ付き。
IMG_1837_convert_20140801110018.jpg

 運動会ができそうな広い部屋。 ベッドルームからの眺めですが、広すぎる〜!!
IMG_1806_convert_20140801105702.jpg

 メインビルディングには、Sunset Terraceというアウトドアのレストランがあります。一日目のディナーは、このテラスで外の景色を堪能しながらいただきました。サンセットは、別棟の向こうで見えないのですが、空気は乾いて、肌寒いほどの夜7時です。
IMG_1822_convert_20140801110059.jpg

 部屋から見えるゴルフコース。二日目は、午後3時からのトワイライトゴルフを楽しむことにしました。
IMG_1846_convert_20140801110340.jpg


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。