リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ CATEGORY ≫ アメリカ生活
CATEGORY ≫ アメリカ生活
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

なんだか、ちょっと違う。(2)

 前回は、日本でのトランプ氏の数々の発言に対して、日本の新聞を読んだ限りの私の勝手な思いを書いてみた。
  
 ところでトランプ氏の組閣人事が話題になった初めの頃に、国連大使としてサウスキャロライナのニッキー・ヘイリー現知事(Nikki Haley)が指名を受けた。

 その時の日本の新聞は、「女性蔑視の汚名をぬぐうために」「人種差別主義者と呼ばれることを返上するために」インド系移民の娘で女性のヘイリーを指名した、というような報道がされていた。

 いや、それはちょっと違うよ。。。と、サウスキャロライナ住民のワタシは、力説したいのだ。

 彼女が最初に知事に当選した2011年、若干38歳。現時点でも、アメリカで最年少の知事である。

 全国的に一躍有名になったのは、今年の大統領による一般教書演説(State of Union, 毎年1月)に対して、彼女が返礼のスピーチをした時ではないだろうか。
 この一般教書演説の後、対峙する政党は返礼というか反対するようなスピーチをする。それは多くの場合、有名で長年議員を務めてきたような人の役割なのだが、今年は彼女がサウスキャロライナの知事官邸から行った。その時には、かなり辛辣にトランプ氏の主張に対して反対した弁論を展開している。この時期には、まだ共和党混戦状態で、トランプ氏が共和党候補に決まったわけではない。 

 SCでの彼女の活躍は、経済面では、ボーイング社やBMWをはじめとして、それに関連する企業などの誘致に成功し、パナマ運河の大型改良を受けてチャールストン港を東海岸でも有数の輸出入港にすべく、奔走中である。

 ちなみに、子供の頃のバケーションをヒルトンヘッドで過ごしたこともあり、PGAヘリテージのトーナメントにも来るし、気安く人の間に入るタイプのように見受けられる。

 さらにアメリカで人種差別による銃撃事件が多発している近年、あらゆるところで暴動や大規模な「Black Lives Matter」デモが起きた。
 ところがチャールストンの教会で黒人射殺事件が勃発した際、彼女の手際は実に見事で、「全米で唯一、暴動が起きなかった州」がサウスキャロライナである。
 
 ちなみに、人種偏見がらみの事件で暴動が起こるのは、その被害者家族が引き起こすわけではない。
「騒動を起こす団体」というのがあって、家族が「あ、いや、そういうことはしないほうが、あれ?」という間に、どんどん広がってしまう、というのが暴動なのである。
 そこまでくると、家族は暴動についてネガティブな発言はできない、という渦中に放り込まれているのである。

 だから、チャールストンの被害者(州議会の議員を含めるクリスチャンたち)の家族は、その煽動者に断固として惑わされなかった、という意味で、ものすごく強い意志で平和を望んだ方たちということも、忘れないでおきたい。

 そんなこんなで、Nikki Haleyさんは共和党なのだが、民主党の人たちからも大きな支持を得ている、類い稀なる才女なのである。

 トランプ氏の組閣人事を見て思うのだが、彼が目指す政治改革にきちんと動いてくれる人材を、選んでいるのじゃないだろうか。

 アメリカのマスコミでも、「ビリオネア(Billionair)人事」と言われているほど、彼の選ぶ人たちは経済的にも豊かで、ビジネスやセキュリティーに精通した「その道のプロ」が多い。
 逆に言えば、指名を受けた仕事の報酬は、彼らがやってきている(あるいはこれからCEOとして就任するはずの)仕事の報酬に比べたら、わずかなものなのである。

 それでも「やらなきゃ、国が立ち直らない」と説得されているような感じすら受ける。

 大統領の閣僚指名は、「女性だから」とか「人種偏見を乗り越える」とか、了見の狭い問題じゃないのだと思うよ。

 ヘイリー女史は国際関係の経験が浅いというけれど、38歳で知事になった時に「政府関連の経験が少ない」と誰もが言ったのと同じことだ。
 彼女は目的を達成するために、何がSC州のためになるのかを見据えて、邁進する人なのだよ

 選挙戦の最中にクリントン女史が力説したように、「そろそろ女性の大統領が生まれてもいい時代だ!」に大賛成ではある。
 私は、次期大統領選挙の時に、ニッキー・ヘイリー知事が打って出てくれるのを期待しているのだけれど。。。
 
 
 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

なんだか、ちょっと違う。

 日本にいた、11月初頭のこと。まだ、アメリカの大統領選の前だった。

 そろそろ「就活」(という日本語を、つい最近学んだのだ!)を始めようかという姪っ子が言い放ったのだ。

 「トランプが大統領になったら、問題だらけでしょ」

 「??」(私の頭の中では、「問題だらけ」の意味が理解できなかった)

 「何が問題なわけ?」(これ、素朴な疑問)

 確かに滞在中に新聞などを読んでいたら、トランプ氏が「人種差別主義者」で「移民を不当に差別する非人道的な人間」で「金儲けのために、様々な工作をして税金もろくに払っていない」とんでもない人間だと報道されているようだった。

 しかも「America First」(アメリカの利益のために)なんてとんでもない、世のため人のために動けよ!
日本を守るのだって当たり前じゃないか、アメリカの大統領なんだからさっ!という勢いの記事が、多かったような気がする。

 姪っ子にとって「問題でしょ?」の内容は、おそらく新聞の見出しや、彼の発言の詳細ではなく一部の報道だったり、あるいは彼の発言をあれこれ批判するマスコミやご意見番のような人たちの意見によるものと思う。

 さて、ここからは私の勝手な言いたい放題です。反対される方も多々あると思うので、ムッと思う方は、即読むのをやめてください。お願いします。

 例えば、国政に参加する人は「国益を第一に考える」べきだと私は思う。

 だから、貿易不均衡の結果が国の経済を圧迫するのであれば、それを回避するべく努力するべきだし、「逃げるが勝ち、後で考える」ってことでも、いいんじゃないの?と思うわけだ。

 国家の安全というのはテロリストが少ない方が守れる、というものなら、テロリスト流入の可能性を限りなく制限して、身元の明白な人から順番に入国させてもいいんじゃないの?と思うわけだ。

 不法滞在者の問題は、やはり地方自治体の経済をかなり圧迫するものでもあるから、困ることもたくさんある。不法移民を根こそぎ強制送還と言っても、人数的に無理があるのは否めない。だからせめて犯罪者は合衆国の税金で養うよりも、帰ってもらった方がいいのじゃないの?
 最近は刑務所が人口増加(?)で、大統領は何千人も刑期未完了の囚人を解放してしまっているし。

 共和党の議員や知事の応援を得られなかったトランプ氏。

 その一番の理由は、おそらく所属する政党にかかわらず、既得権を手放したくない政治家が、「仲間内から選ばないと、自分たちの懐具合に問題が出そうだ」という思いが一致した結果じゃないだろうか。

 だから、日本のメディアが「トランプ氏の発言問題」と出ると、やっぱり「ちょっと違うような気がする」今日この頃なのである。


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

11月末になってしまった。。。

 何ヶ月かに一度、いきなり「スポンサーサイト」が目につくようになり、猛反省。。。の繰り返しだった2016年。
 年末に向けて、ちょいとマメにアップさせていただきます。 あ、毎日は無理!だけど。

 ハリケーンが通り過ぎておよそ二週間もしないうちに、私はとっとと二週間ほど日本へ遊びに行っておりました。
今回は一人だったので、おとなしく名古屋あたりでウロウロと。。。
IMG_5363_convert_20161127123144.jpg

 オットはその間、家の周りに落ちてきた枝の下敷きになった木(ブッシュ、bush 背が高くならないタイプね)を小綺麗にしたり、デッキやら庭の大掃除をしたり。。。孤軍奮闘でしたの。
 
 しかも、タウンは島じゅうの建物(ビジネスも個人宅も含めて)をチェックして、「問題なし物件(緑のシール)」「限定付き物件(持ち主は居住可だけど貸してはいけない、黄色シール)」「居住不可物件(赤シール)」を、貼っていきました。
 我が家はまさかの「黄色シール」。多分屋根にタープが乗っていたせいでしょうね。
IMG_5344_convert_20161127123027.jpg

 日本から戻ってきた次の日(金曜日)、オットの息子がヴァージニアからやってきて、とりあえずの屋根修理をしてくれました。
 彼は屋根材を卸すセールスをしています。本格的なことはともかく、とりあえず雨漏りがしないように、ブルータープを取り外せるように、と週末奮闘してくれた次第です。
IMG_5451_convert_20161127121706.jpg

 その間に、
 新しい大統領は決まったし、(これについては、後日きっと書きます)
 FEMA(Federal Emergency Management Agency 合衆国緊急事態管理庁というらしい)による災害の被害(主に木)のピックアップは進行中。
 削られてしまった海岸も、ずいぶん復旧の砂が入った様子。
 先週はじんましんが全身に出てしまったし。アレルギーの薬で消えました。
 
 しかも、Thanksgivingまで終わってしまった!
IMG_5460_convert_20161127122100.jpg
 今年は友人のリサのお家で、彼女の家族たちと一緒にディナー。ウォーターフロントの立地を生かして、とっておきのセッティングをしてくれました。夕方には肌寒いけれど、とっても素敵なお天気だったのですよ。

 と、一気に一月分を羅列しましたが、ぼちぼちと書き進めたいと思います。
 反省しきりの11月末、戻ってきました、のご報告まで。


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

警官は狙っているのか?

 先日ダラスの襲撃事件の書きました。
その犯人は、警察が折衝を繰り返したのですが、投降しなかったのでロボットにより殺害されました。

 この翌日にも、「Black Lives Matter」のデモはダラスで大規模に行われ、多くの逮捕者を出しました。
この逮捕者の中には、リーダーも含まれていて2日ほど留置場に入っていたようです。

 びっくりしたのは。。。昨日ホワイトハウスで「人種偏見を改善するにはどうしたらいいか」というようなミーティングがオバマ大統領やアル・シャープトンを交えて開かれたそうですが、この逮捕されたリーダーも含まれていたそうです。
さすがにそれはないだろう。。。というのが続きすぎて、もうどうでもよくなりそうです。

 さて12日のウォールストリートジャーナル紙のOpinionページに、ヘザー・マクドナルドが「Time to End the Demonizing of Police」という内容で書いた記事がありました。

 次のように始まります。
「この2年間アメリカの警察は、オバマ政権と(オバマ寄りの)メディア、Black Lives Matter運動から、アメリカの警官は人種差別者で黒人にとっては死活問題だと、容赦ない非難攻撃を受け続けている。」

 これからは抜粋のみになりますが、興味のある方でウォールストリートジャーナルを購読している方はウェッブサイトから読むことができます。

 「 。。。。今年前半で、アメリカの都市でどれだけの犯罪が増え、銃撃があったことか。そしてその犠牲者の多くは、黒人なのである。」

 「2015年に、フィラデルフィア警察の司法省の分析では、白人の警察官が黒人を撃つことは、黒人警官やヒスパニック(南米系)警官に比べて低いという結果を出している。
今年になり、ハーバード大学のフライヤー経済学部教授は銃撃に関わった1000人以上の全米の警察官を対象にした研究結果として、警察官が銃撃した理由に人種差別は見られなかった、と発表している。」

 「毎年、警察官は数え切れないほどの銃を携帯した犯罪者に対峙する。ワシントンポスト紙によれば、昨年は全米で987人が警官によって射殺されたが、犯人が武器を持っていたとか自己防衛のためだった。

 「実際には、黒人の犯罪率が高いにもかかわらず、射殺された人の50%が白人だということは、報道されていない。さらに、警官が武器を持つ黒人に殺される確率は、黒人が警官に殺害される18.5倍に上っている。
 こういう事実にもかかわらず、オバマ大統領は木曜日、バトンルージュとセントポールの警官による黒人射殺を受けて、これらは偶然ではなく、アメリカの司法システム(警察体制)に厳然と存在する人種差別問題によるものだと言い切った」

 「先月、最高裁判所のソトメイヤー裁判官は、警察官による職務質問などは黒人をターゲットにしていることが多く、彼らの声を聞かなければならない。そして、白人は、黒人の親が自分の子供が出かけていくたびに心配する(警察に撃たれたり連行される)気持ちを理解するべきだと語っている」

 クリントン大統領候補も、7月9日までにシカゴではすでに2090人もの犠牲者が出ていて、3歳の子供が半身不随になっているとか4歳の子供の犠牲者がいることは問題にしない。ちなみに、警官に殺害された犠牲者はゼロである。」

 警察官の中には悪い奴もいれば、人種差別者もいるし、単に関わりたくないだけの人もいる。

 オバマ大統領が黒人初の大統領になった時、(政治的に)何もできないかもしれないけど、少なくとも黒人と白人の間の関係はもっとよくなるよね、と多くの白人は期待したと思う。
 例えば、福祉ばかりに頼るのではなくて、大学進学や資格取得を勧めて自立した生活設計を啓蒙するとか。
 例えば、母子家庭手当に頼るのではなくて、きちんと結婚して両親そろった家庭環境を整えて子育てを推進するとか。
 例えば、ギャングとして麻薬売買や強盗をして生計を立てるのではなく、仕事を手にする技術を少年刑務所で教えるとか。
 
 アメリカに来た頃、ベーカリーやスーパーマーケットで黒人のおばちゃんたちはとても親切で、笑顔だった。明るくて、こちらも元気がもらえるような「Have a good day, Honey!(んじゃ、ごきげんよう!)」って感じだった。

 なんだか、ああいう時代があったのが昔のように感じてしまう、今日この頃なのだ。。。

 (注)日本語訳は、私がなんとなく読みやすいように書いているので、文法通り文字通りではありません。ちなみに下の方にウォールストリートジャーナルからのコピーを掲載しています。興味のある方は、読んでみてください。

 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


*** Time to End the Demonizing of Police ***** (Copy from Wall Street Journal, 2016 7/12)

By HEATHER MAC DONALD
July 12, 2016 6:37 p.m. ET

For two years American police departments have endured relentless attacks from the Obama administration, its media allies and the Black Lives Matter movement alleging that U.S. law enforcement is a racist, deadly threat to African-Americans. A handful of disturbing videos depicting police shootings helped galvanize widespread hostility to law-enforcement officers, and cops began backing away from the proactive policing that stops crime but has been repeatedly denounced as racial oppression.

The result, especially in the first half of this year, has been an appalling increase in shootings and murders in many cities across America. Most of the victims, in this poisonous era spawned by Black Lives Matter, have been black. Now the consequences of this stream of falsehoods about police may be spinning out of control, with the assassination of five police officers in Dallas last week and the attacks on cops in other cities since then.

Make no mistake: Assertions about systemic, deadly police racism are false. That has been true throughout the period following the shooting of Michael Brown in Ferguson, Mo., in 2014; recall that the cop involved was ultimately exonerated by the Justice Department. But no number of studies debunking this fiction has penetrated the conventional story line.

A “deadly force” lab study at Washington State University by researcher Lois James found that participants were biased in favor of black suspects, over white or Hispanic ones, in simulated threat scenarios. The research, published in 2014 in the Journal of Experimental Criminology, confirmed what Ms. James had found previously in studying active police officers, military personnel and the general public.

In 2015 a Justice Department analysis of the Philadelphia Police Department found that white police officers were less likely than black or Hispanic officers to shoot unarmed black suspects. And this month “An Empirical Analysis of Racial Differences in Police Use of Force” by Harvard economics professor Roland G. Fryer Jr., analyzing more than 1,000 officer-involved shootings across the country, reports that there is zero evidence of racial bias in police shootings.

All of which brings us to President Obama’s extraordinary statement last week alleging systemic racism in American law enforcement. He was speaking in the aftermath of two highly publicized fatal police shootings. Viral video captured the shooting of Alton Sterling in Baton Rouge, La., as officers attempted to disarm him, and the aftermath of the shooting of Philando Castile during a car stop outside St. Paul, Minn.

Those shootings look horribly unjustified based on the videos alone; but information may emerge to explain the officers’ belief that the victims were reaching for a gun.

A few hours after President Obama made his remarks, the Dallas gunman assassinated five police officers, in a rampage that police officials later reported was driven by hatred of white officers and white people generally.

Mr. Obama’s statement undoubtedly had no causal relationship to the Dallas slaughter. But it certainly added to the record of distortion and falsehood that has stoked widespread animus toward the police.

It bears repeating: Unjustified shootings by police officers are an aberration, not the norm, and there is no evidence that racism drives police actions.

Every year, officers confront tens of thousands of armed felons without using lethal force. According to the Washington Post, police officers fatally shot 987 people in the U.S. last year; the overwhelming majority were armed or threatening deadly force.

Blacks made up a lower percentage of those police-shooting victims—26%—than would be predicted by the higher black involvement in violent crime. Whites made up 50% of police shooting victims, but you would never know it from media coverage. Note also that police officers face an 18.5 times greater chance of being killed by a black male than an unarmed black male has of being killed by a police officer.

Indifferent to these facts, President Obama on Thursday, referring to the police killings in Baton Rouge and St. Paul, said: “[T]hese are not isolated incidents. They’re symptomatic of a broader set of racial disparities that exist in our criminal justice system.” He made another sweeping allegation of law-enforcement racism, saying that there “are problems across our criminal justice system, there are biases—some conscious and unconscious—that have to be rooted out.” And he claimed that higher rates of arrests and stops among blacks reflect police discrimination; naturally, Mr. Obama remained silent about blacks’ far higher rates of crime.

Such corrosive rhetoric about the nation’s police officers and criminal-justice system is unsettling coming from the president of the United States, but it reflects how thoroughly the misinformation propagated by Black Lives Matter and the media has taken hold. Last month Supreme Court Justice Sonia Sotomayor, dissenting in a case about police searches, wrote that blacks are “routinely targeted” by law enforcement, adding that “Until their voices matter, too, our justice system will continue to be anything but.”

Hillary Clinton has also taken up this warped cause. On CNN Friday, she decried “systemic” and “implicit bias” in police departments. She also called on “white people” to better understand blacks “who fear every time their children go somewhere.”

Mrs. Clinton ought to take a look at Chicago. Through July 9, 2,090 people have been shot this year, including a 3-year-old boy shot on Father’s Day who will be paralyzed for life, an 11-year-old boy wounded on the Fourth of July, and a 4-year-old boy wounded last week. How many of the 2,090 victims in Chicago were shot by cops? Nine.

Meanwhile, Donald Trump emphasized “law and order” in a video released Friday, saying: “We must stand in solidarity with law enforcement, which we must remember is the force between civilization and total chaos.”

Given the nightmarish events of the past several days, Mr. Trump could do worse than making this presidential campaign one about that line between civilization and anarchy.

Ms. Mac Donald is the Thomas W. Smith fellow at the Manhattan Institute and author of “The War on Cops,” just out from Encounter Books.

ダラスの襲撃のあとで

 どんなことをなんと表現しても、聞く耳を持たない人には届かないこともある。
 ほとんど総ヒステリー状態の「私たちの立場」を叫ぶ人には、どんな正論も届かないこともある。

 地域あるいは国家を問わず、リーダーであるべき人たちが感情論を煽るように、これまで以上に人々の差別意識に油を注いでいるように感じるのは、私だけなのかしら?

 今回は、どこで切っていいのかわからないし、だらだらと書いてしまいそうだし、「Kayは大間違いだよっ」と気を悪くする人もいると思うので、この先は全て「そういうこともあるのね」という気持ちで読んで下さい。
気を悪くする人は、そこで読むのやめてくださいね。それぞれの考え方を尊重する立場を貫きたいと思います。

 バトンルージュの警官による黒人射殺事件、ダラス警察官に対する狙撃 (*)と相まって、週末からは各テレビ局の特別ニュース枠の中で様々な立場の知識人(?という日本語が正しいのかどうかわからないけど)が、討論したり意見を述べています。
 
 (*)週末のニュースでは、Massacreという英語を使っていました。大量殺戮、虐殺という意味です。今週になってからは、The attack on Dallas とか Dallas Shooting という言い方に変わっています。ニュースメディアも落ち着いてきたのかな?
 
 日本の方は「Black Lives Matter」という運動をご存知なのでしょうか? 「黒人の命は大事なんだよ!」と叫びながらデモをするのですが、黒人だけではなく白人も混じっています。

 黒人が白人警官に撃たれて死亡した事件が、2年ほど前から大きく取り上げられるようになって以来、何かあるとこの「Black Lives Matter」のデモが頻発します。

 でもね、例えばNYで起きた射殺事件は、コンビニエンスストアに強盗で入った黒人が、店主に殴るなどの暴行を与えた上、警察官にも殴りかかろうとしたのです。この黒人は、それこそ白人警官の背丈も体重も3倍くらいはありそうですから、そりゃ襲われたら怖いだろう、としみじみ思ったのです。確か警官は殺人罪にはなりませんでした。

 確かに人種差別は現存するし(一応ないことになっているけど)、悪い警察官だっています。

 でも、このデモの最中にインタビューされた人が言っていたのですよ。
「警察官は、黒人のことをなんとも思ってないのよ。私たちが住んでいるアパート群は、ギャングもいるし麻薬の問題だってある。でも、パトロールにだってこないじゃないの」

 いや。。。もし、パトロールに入って襲われたって、誰も助けてくれないし。
 もしパトロールに入って、襲われそうになって銃撃戦になったら、警察官が黒人を撃ったと大騒ぎになるし。。。

 ちなみに、黒人が嫌いな白人はいます。差別するかどうかは別として、できれば隣には引っ越してきてほしくない、と思っている人は、たくさんいるのではないでしょうか。

 確かに黒人の検挙率は高いし、刑務所にいる数も白人や他の人種よりずっと多いようです。
でも、私たちが住んでいるような地方でさえ、強盗や殺人が起こると検挙されるのは1:4くらいの確率で黒人です。(ざっくり感じた比率なので、根拠はありません)

 今年の独立記念日の週末、シカゴ。
 木曜日の夜中の3時頃から月曜日までの84時間の間に、82件の銃撃、12人の死者、少なくとも82人の人が撃たれて怪我をしています。(シカゴトリビューン紙からの抜粋。記事そのもはここをクリックしてください。)警官に射殺された人もいます。年齢としては、10代後半から20代が多いようです。

 でも、誰もシカゴへいきません。黒人が撃たれたとなるとすぐにテレビで演説する大統領も、彼が上院議員をしていたイリノイ州のことなのに、彼が住んでいた町のことなのに、一切言及しませんでした。
 少なくとも、4大ネットワークなどを使って、このとんでもない状況を改善するための啓蒙運動を呼びかける人はいませんでした。
あるいは命を大事にしようよ!とデモをすることはありませんでした。
 シカゴの市長は、R・エマニュエル。2011年にシカゴの市長選に出るまでは、オバマ大統領の首席補佐官でした。

 今日、ダラスで追悼式典がありました。ブッシュ前大統領(大統領になる前はテキサス州知事)のスピーチは、亡くなった警察官とその家族に対して、あるいは日々戦いの中にある現職警察官に対して、思いやりのある温かいものでした。
 オバマ大統領のスピーチは、警察官を賞賛するものではありましたが、銃刀法について言及するあたり(民主党の大きな政策目標で憲法第2条の修正になる)、今それを出すなよ、と思わず思った私でした。

 やっぱり、言いたいことがありすぎて、ぜんぜんまとまってなかった。。。読んでくださって、ありがとう。
 
 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。