リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ CATEGORY ≫ 家丸ごと一軒 改装過程
CATEGORY ≫ 家丸ごと一軒 改装過程
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

キッチンだよ〜!!!

 はぁ〜、やっとやっと、キッチンが使えるようになりましたわよ!

 じつは島には、都市ガス(Natural gas)がありません。本土から海底トンネル(?)でつないでよっ!と思うのだけれど、多分採算が取れないんですね。

 そこで、100リットルのプロパンガスタンクが、デン!と構えています。一年に一回充填する機会があるのだろうか、というほどの大きなタンクです。
 このプロパンタンクもリースにすると、年間支払いが$100だそうです。プラス、ガス代。ウチは、買取にしました。5年たてば、元が取れるらしいですよ。

 そこで、カウンターのシャンデリアも新調しました。直線ラインが多いキッチンなので、「ちょっとウェイブとガラスのキラキラが欲しいな、でも、頭上にシャープな形のクリスタルは欲しくないな」というワガママを元にアマゾンで探した、お値打ち品です。シンクは幅80センチ。蛇口は左右に動くし、使い勝手上等です。
IMG_4181_convert_20160413062051.jpg

 クックトップの換気扇も無事に取り付け完了。これも、屋根に穴を開けて(屋根職人?の仕事)、換気扇取り付けて(家電屋さんの仕事)、天井裏から屋根まで換気扇用パイプを接続(何でも屋さんの仕事)と、人が入れ替わり立ち替わりでしたわ。
IMG_4187_convert_20160413062350.jpg

 パントリーのドアは、まだ一枚取りこぼしがあるのだけれど、とりあえず使えるようになりました。
 IMG_4188_convert_20160413062658.jpg

 扉の厚さの引き戸式パントリーにしたかったのですが、右側の壁に電気のパネルがあるので、最新デザインのかっこいいパントリーは断念。ただ、予算的にも使い勝手も、多分こういう無難なパントリーが一番かもしれません。
IMG_4189_convert_20160413062813.jpg

 電子レンジとオーブンのウォールユニットは、下に引き出しをつけたので、使いやすい高さになりました。引き出しの中は、突っ張り棒(tention rod for Cafe Curtain カフェカーテン用のテンションロッド)で、わかりやすく収納です。
IMG_4190_convert_20160413063339.jpg

 以前のバケーションハウスのキッチンは、どちらかというとトラディショナルな白系。誰にでも好かれるタイプですね。
IMG_4047.jpg   

 壁のペイントカラーをベイビーブルー(ちょっとグレー系)にしたのですが、オットの「それはないだろう〜!」という声にもめげず、欲しいものは欲しいのさ!とばかりに完成させたキッチンです。

 見た目重視のキッチン、ちょっとは料理するように!と、無言の重圧を感じる春爛漫の四月なかば。

アマゾン見つけた、シャンデリア、シンク、そして蛇口(faucet)のリンクです。
シャンデリアは、こちらのリンクからどうぞ。


 これもいいよな〜、と迷った一品です。


 シンクは幅80センチ。角が90度のほうが見た目かっこいいのですが、掃除のしやすさでこれを選択です。フライパンが丸ごと入る大きさ、が絶対条件です。


 蛇口自体左右に動いて、取っ手も右左どちらでもつけられます。ホース付きで、使い勝手上等です。


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ペイント中

 また、更新できない3月が終わってしまいました。反省。。。三月最後の週は、インフルエンザと戦っておりましたの。
かなり回復しておりますので、ご安心くださいませ。

 やっとキッチンやリビングルーム、廊下などの天井から壁、ドアやトリム(窓枠とか床と壁の境目の板とか)、一気に塗り直しをしております。
これは、もうプロにおまかせです。ベッドルームの壁とか、ちまちまとしたことは挑戦しますが、さすがに「天井用ペイント、5ガロン(19リットル?)」という量になると、もう辟易してしまうのですね。

 天井は、チャイナドール(China doll)というちょっとベージュがかった色です。天井=白が一般的ですが、私には落ち着かないのですよ。

China Doll SW 7517 - Neutral Paint Color - Sherwin-Williams

 パブリックエリア(リビングルーム、ダイニングルーム、廊下)の壁は、これも5ガロンでナンタケット・デューン(N untucket Dune)です。
Nantucket Dune SW 7527 - Timeless Color Paint Color - Sherwin-Williams

 キッチンの壁はいきなり気分がかわって、トップセイル(Topsail)というベイビーブルーのような、ちょっとグレイがかった色にしてみました。
Topsail SW 6217 - White & Pastel Paint Color - Sherwin-Williams

 色も重要ですが、その光沢というかつやというか、それも選ばなきゃなりません。天井専用のペイントを選べば(たいてい白色です)、光沢も決まっているようですよ。

 我が家の場合、壁と天井は「フラット」を使いました。ワンコがいますが、それほどやんちゃでもないので、あまり汚れることを気にしないということで、フラットかマットでも大丈夫なんですね。

 ただキッチンの壁は、がさつな私が使う場所なので「サテン」フィニッシュにしました。お子さんがいたりすると、セミグロスなんていわれますが、これはもう石けん水で拭いても大丈夫!というくらいの強さがあります。

 扉やトリムは、セミ・グロスを使います。「ハイ・グロス」にすると、ほんと「ピッカピカ」という感じの仕上がりになります。この仕上がりも、コントラストがはっきりするので、好きな方も多いかもしれません。

 そんなこんなで、またリビングルームもダイニングルームも、家具を寄せ集めてビニールシートの塊と化しております。

 素敵なインテいらデザインをご覧になりたい方は、この「Houz.com」サイト(クリックでウィンドウが開きます)を覗いてみてください。「超豪華」もありますが、ヒントを得るにはちょっといい感じですよ。

 あっという間に4月になってしまった。。。と焦るエイプリルフールの午後。
 
 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


大工仕事中〜キャビネットのインサート

 元気になったとはいえ、時にバランスを崩したり、体調万全とは言い難いオットに「ワタシがやるからっ!」と啖呵を切った手前、自分で電動のこぎりも使っています。ほんとだよっ!のお話です。

 今回のキッチン、壁に取り付けるキャビネットを少なくしたので、ベースキャビネットをほとんど引き出し式のものにして、鍋もお皿も引き出しに収納することにしました。

 とにかく、引き出して全て目に入るというのは、とーっても体に楽チンなのです。かがんで、扉を開いて奥の方のものを取り出す、というのは、やっぱり若者にお任せしたい、と感じる今日この頃なのですね。

 さて、鍋やフライパンなどはあまり動かないからいいのだけれど、さすがに「スムーズに半自動で収まる引き出し」とはいえ、お皿やボウルはちょっと欠けたりするのも心配です。

 そこで、「お皿用インサート製作」に取り掛かったわけです。

 大きさ様々で、お手軽に買うこともできます。例えば US amazon.comだと、こんなのがこんなお値段で購入できます。(写真を見て欲しいのに。。。なぜ出ない?)


 ところが、我が家のガレージには以前のキッチンからのスクラップで、たくさんのシェルフ材(棚などに使った板)が残っています。貧乏性のツマとしては、全て捨ててしまうというのもちょっと、気が引けます。

 まずはDIYの大型店で、ペグボード(peg board)を買ってきました。(写真はbingから借用)
th_20160318102432431.jpeg

 このペグ・ボードをテンプレートにして、家のスクラップ棚材に電動ドリルで穴をあけましたよ。若干、うまくいかないのもあったけど、サンドペーパーで、表も裏も綺麗に仕上げました。(自画自賛です、はい)
IMG_4144_convert_20160318102618.jpg

 お皿の間の仕切り棒のために、ペグピン(4パック)と丸材(10個)は買ってきました。電動のこぎりで親指くらいの直径の丸材を6インチ(15cm)長さに切り、電動ドリルで穴を開けてペグピンを差し込みます。
IMG_4146_convert_20160318103344.jpg

 とりあえず、30インチ(72cm)幅の引き出しキャビネットだと、実寸で幅25"(約65cm)x奥行き19.5"(約50cm)になりました。お皿も、好きな取り合わせでおくことができます。
IMG_4143_convert_20160318103442.jpg

 ペグボードの穴の間はかなり狭いので、一つおきに開けてみたら、お皿を詰め込むこともできないので、すっきり収まりそうです。
 
 お皿の間の仕切り棒作成中は、電動ドリルの重さに負けそうになって、ペグピンを差し込む穴が斜めになっちゃったりしましたが、それもまあご愛嬌ということです。

 初めての作品としては、このさい二重丸にします。あと、30インチ用を一つ、24インチ用を4つ用意することになります。

 花粉で黄色い空気の色の世界にて、ドライブウェイで電動のこぎりと戦う3月半ば。。。

 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


家丸ごと一軒 改装過程 我が家ーミニ改装 | Comments (4) | Trackbacks (0)
△ TOP

キッチンカウンターが入りました

 なんだかんだと慌ただしく、アップデートもままなりませんが。。。

 オットも4日ほど前からベッド暮らしを卒業し、あれやこれやと手出しを始めたので、また私に叱られております。
ランドリールームの棚の取り付けに、テーブルソウ(自動のノコギリ?)やら使おうとしたので、「私がやりますっ!」と、ツマがこれまでにない勢いで宣言しました。この写真は、後ほど。

 さて昨日、念願のカウンターが入りました〜!!ご覧くださいっ!素材はquartz。人工の石です。granite(御影石?)より硬く、天然石のように液体が沁み入ったりすることもありません。お手入れ簡単が一番さ!というツマの言い分です。

 これは、まだインストールする人が最後の一枚、ガスクックトップの後ろにバック・スプラッシュ(back splushカウンターの周りの水や油ハネを避けるもの。大抵、カウンターと同じ素材で6cmくらいの高さ。)を入れているところ。今回は、カウンターから天井まで、カウンターと同素材で一枚板にしてみました。手前の黒いカウンターは、以前使っていたものをリサイクル。小さくしてもらいました。
IMG_4098_convert_20160312121334.jpg

 こちらが、そのバック・スプラッシュ。この上に、換気扇(Exhaust Fan)を取り付けます。
IMG_4106_convert_20160312122042.jpg

 ちょっと暗めですが、全体はこんな感じ。壁も塗ってないし、窓も取り替えていないので、いまいちイメージがつかみにくい。。。
IMG_4099_convert_20160312121533.jpg

 冷蔵庫の横に、電子レンジ+オーブンも入りました。上が電子レンジ。
ところがこのウォールユニット、賢すぎる。。オーブンでパンの発酵ができるし、電子レンジで「蒸し(steam)機能、専用蒸し器付き」とか「クリスプ(crisp)機能、野菜炒めなどの専用パン付き」。説明書を熟読しないと使えません。
IMG_4093_convert_20160312123020.jpg

 シンクは入ったけれど、まだ水回りは全然つながってないし、ガスのクックトップも置いてあるだけ。でも、なんとなく形が出来てきて、ますます気に入ってきたワタシです。

 見た目重視のキッチン、見るだけでニンマリしている3月もうすぐ半ば。


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

家丸ごと一軒 改装過程 我が家ーミニ改装 | Comments (4) | Trackbacks (0)
△ TOP

キッチンの改装は続くよ。。。

 まずは訂正のお知らせです。
 先回の記事で、老人医療制度はメディケア(Medicare)です。メディケイド(Medicaid)は、簡単に言えば、低所得者に対して州政府が医療費を負担する制度です。これも、オバマケアが絡んでいるので、またの機会にお話しできれば。。。

 さて、キッチンの改装は肺炎だろうがなんだろうが、続いておりまして。。。

 12月にオーダーしたキャビネットですが、工場のクリスマス休暇などで我が家に配達されたのは2月の頭でした。リビングルーム半分は、箱の山です。
IMG_4016.jpg


 6年前の改装で入れたキッチンのキャビネット、Craig's Listに出して、売りました。シンク周りとアイランドのカウンンタートップ、シンクも含めて超お値打ちでだしたら、2日で商談成立。引き取りを2週間待ってもらい、そのかわりにストーブと電子レンジをつけてお引き渡ししました。
IMG_4047.jpg

 キャビネットがなくなったら、次のキッチンの壁はペイント仕様になるので綺麗な壁に仕上げたいと、壁材(dry wallと言います)を夫婦で取り払って。ガスのストーブの壁には新しいフッド(換気扇)も取り付けるので、補強用木材を入れるオット。
IMG_4058.jpg

 手前のアイランドにあった石材のカウンター(300cmx90cm)も、リサイクルして使うためファブリケーター(fabricator 石材をカウンターの大きさやデザインに合わせて切り取ったり、設置する人)の倉庫へ一時預かり。新しいカウンターと黒いカウンターを併せて入れてもらいます。
IMG_4053.jpg

 新しい壁材の仕上げは、プロにお願いしましたよ。今週の火曜日からはキャビネットを設置する大工さんが活躍中です。壁やアイランドは入りました。クローゼットも、始まりましたが。。。
IMG_4069.jpg

 実はクローゼットのドアを作り替えたり(2枚のドアを繋げるとか)、電子レンジとオーブンキャビネットの天井に変更があったり、と2日予定の仕事は来週の月曜日まで続きそうな模様です。

 ちなみに、シンクの上の窓は発注しているのですが、古い家なのでお取り寄せ。来週には届く予定です。カウンターの石は、昨日サヴァンナ港に到着した模様で、これから業者のチェックが入る段階だそう。

 いや〜、なかなか進まないものですねえ。
こんな大変なキャビネットのインストールは予定外だったらしくて、大工さんもちょっと呆れているようです。

 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

家丸ごと一軒 改装過程 我が家ーミニ改装 | Comments (0) | Trackbacks (0)
△ TOP
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。