リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年08月
ARCHIVE ≫ 2009年08月
      

≪ 前月 |  2009年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

平均寿命300年

 町の条例に、やたらに木を切り倒すな、というのがある。
DSCN0071.jpg

 私たちが住むエリアは、Sea Pinesと呼ばれる地域だが、「直径15cm以上の木を倒す時は、管理委員会の承認を得ること」「ライブオーク(常緑の樫の木)は、枯れ木か病気以外切り倒していはいけない」という決まりがある。

 ライブオークは100年かかって成長し、100年元気に生きて、100年かかって死んでいく、と聞いた。樹齢300年が、平均寿命という事らしい。本当かどうかはわからないし、日本の植木のように美しく姿を整えているわけではない
自然にまかせて、弱った枝は折れ、春ごろ新芽が出るときに硬く茶色い枯れ葉がおちる。

 家の前で威容を誇るライブオークは、2-3年前の大雨強風の夜に3mほどの枝が折れて、夫のトラックを直撃した。トラックの屋根は未だに凹んだままだが、私たちはこのライブオークを切る、という発想にはならない。

 隣の木の枝が庭にかかるどころか、屋根の上まで張り出したりする。そういう木々のおかげで、海まで続く道には真夏の昼間でも、日陰がある。

 この島の木々は、私たちが生きるよりずっと長い間、ここにいる。島を襲った最後のハリケーンは、125年前だそうだ。それをものともせずに佇むオークを守るために、ヨットハーバーを小さくして、形がいびつになったりする。道路の真ん中にオークの木が残っている。人間が「おじゃまします」という気持ちで、自然と共存する環境を整える人たちがつくった、と感じられる町である。
 だから、私はこの島が好きなのだ。


 
スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。