リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年09月
ARCHIVE ≫ 2009年09月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2009年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

iPhoneを買う。。10時間のショッピング

 日曜日、オットがかねてから「欲しい、ほっしい、欲しい~!」と連呼していたiPhoneを買いに、チャールストンのアップルストアへ行くことになった。

 都会生活のみなさまには晴天の霹靂だと思うが、サウスキャロライナにアップルストアは1軒しかない。しかも、州都のコロンビアではなく、チャールストンにある。家から2時間15分のドライブである。

japan.gif ちなみにサウスキャロライナ州の広さは、地図のグレーの部分ほど。この広さで、アップルストアが1軒である!(しつこいけど。。)


意気揚々と、1時過ぎに店について着々と話を続けて、
いざ「じゃあAT&Tの電話番号はこのまま残して、手続きしましょう」となったとたん、オンラインで繋がらない。
最初はアップルのサーヴァーが悪いということであった。

「ランチしてから、1時間半くらいで戻って来てもらえますか?」とアップルのお兄ちゃん。
「はいはい!じゃあ、ついでにお買い物もしてきま~す」と、念願のWhole Foods Sotre(ホールフーズストア、オーガニック食品や生鮮食品が充実している)へと向かった。

 結局、ランチから戻ってきて試したり、AT&Tのカスタマーサービスに電話しても、らちがあかない。
「とにかくAT&Tの店で、購入して下さい。こちらではわかりませんが、とにかくアップルストアでは、手続きできません」と、電話のAT&Tが、慇懃無礼にいう。二人のスーパーバイザーと話しても、同じ返答である。

 何の為に2時間以上かけて来たと思っているんだい! AT&Tなら、島にだってある!
アップルストアでは、店長以下黒山の人だかりで(前代未聞の珍事らしい)、解決できなかった。

 チャールストンにあるAT&Tストアについたのは、閉店15分前。入るなり、「すっごく不機嫌なカスタマーなんだから、覚悟してねっ」って断りをいれてから、おもむろに、状況を説明する。

 カスタマーサービスの、お兄サンは「店ですから、大丈夫ですよ!」とにっこり。。。 (ちょっと、かわいい)

PCに向かう顔が、ちょっと曇る。5回くらい試した後、「ちょっとマネージャー呼びます..」(内心「ほれみたことかっ!)

マネージャーは、AT&Tのディーラー専用回線で電話して、「ここじゃ、手続きできないんですが..むにゃむにゃむにゃ」

閉店時間を過ぎてから、無事にiPhoneを手に入れた。

それでも誰も「なぜ、アカウントが普通に使えないのか」説明できないのである。

「これって、年齢による差別ってやつ?シニアレートで、お得割引してるから、とか?」

朝10時に家を出てから、帰り着いたのは夜の8時半である。

月曜日、オットは再度AT&Tのカスタマーサービスに電話をした。「なぜ、私の口座だけがブロックされているのか、その理由が知りたいんですっ!」

しばらく待たされ、結局また二人ほどと会話したのち、結果は

「大変ご迷惑をおかけしました。理由は、わかりません。。。。とりあえず、200ドル分を口座にお返ししておきます」

ったく、お金で何でも解決すると思って!

でも、この200ドルは嬉しかったけど....

オットは、まだ「使い勝手を、勉強中」である。





 


スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
08 ≪│2009/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。