リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年04月
ARCHIVE ≫ 2010年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ニュース ケーブルが切れた事件

 アメリカに住んでいると、ときどき信じられない事故があったりする。
大げさな事故ではないが、それでも普通の日常生活をまったくもって不便にする事故。

 今朝の朝刊の2段目くらいの見出しは、これ!

Cut cable leaves Hilton Head Time Warner customers with blank screens

ケーブル切断で、タイムワーナーケーブル契約者は、テレビ/インターネット/電話が不通

 しかも、その理由がふるっている;

All Time Warner Cable customers on Hilton Head Island lost TV, Internet and digital phone services Wednesday evening after another provider digging a hole for a utility pole severed a transmission line, a spokeswoman said.

Time Warner officials did not know how long the outage, which began about 6 p.m. and affected at least 10,000 customers, would last.

続きはこちらへどうぞ

 「水曜日の夕方から、島でタイムワーナーケーブルの契約者は、テレビ、インターネット、デジタル電話回線のサービスが寸断された。理由は、他のケーブルプロバイダーが新しい電柱を立てるための穴を掘っている時に、メインのトランスミッションケーブルを切断したため。」

 本土から続くメインケーブルを断ち切られては、島では何も見ることができないのだ!
午後11時になっても、テレビの画面は5時台の番組の一部が「凍って」表示されるだけだった。

 「ケーブルプロバイダー」は、島にはタイムワーナーケーブル(Time Warner Cable;ケーブルテレビ)と、ハーグレイ(Hargray; 電話会社)しかない。
あとは、サテライトのディッシュネットワークだが、これはケーブルはない。

 島で暮らすということは、全ての物が、つまりサービス+品物+ついでに島で働く人たちが「本土から送られてくる」と、しっかりと実感した事件だった。

 しかし。。。これが新聞の第一面になってしまうような、「大事件」ってところが、’いかにも平和な島の暮らしを象徴している。

 怒るべきか、呆れるべきか、笑い飛ばすしかないような事件の上、苦情電話は「携帯電話」使用のため、これまた携帯電話が繋がりにくくなるという、呆れた春の一夜であった。

 



スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。