リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年06月
ARCHIVE ≫ 2010年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

自転車で自然公園へ

 日曜日の午前中、久しぶりに自転車で私たちが住んでいる住宅地「シーパインズ Sea Pines Plantation」にある自然公園にいってきた。

 この住宅地(島では、プランテーションと呼ぶ。アメリカでは一般的にサブデヴィジョン(Subdivision)と言う)には、観光客用ビーチ、ヨットハーバーに馬場、ショッピングセンターなどの施設が充実しているのだが、自然公園は東京ディズニーランドとディズニーシー丸ごと2個分くらいの広さがある。

 自然公園の中には、インディアン シェル リングと呼ばれる古墳や、いくつかの池、バーベキュー施設などがある。この広い中を全部まわる訳にもいかないので、あっちにすこし、という「なまけ者自転車ツアー」である。

 この日の最高気温は34℃近いが、それでも日陰はそれほど苦痛でもない。午前中なら31℃くらいである。それでも、水とカメラを用意して、しゅっぱーつ!

 bike1.jpg

  自転車道兼歩道も充実、左の先の方に見える赤いのはトロリーバス。ビーチや、ショッピングセンター、観光客用駐車場などを無料で巡回している。この話は、またの機会に。

 DSCF1521.jpg

  自然公園入り口(2-3カ所ある)の看板。

  道路は舗装していない。駐車場までは、車に硬く踏みならされた道を走る。ウォールマートで買った99ドル自転車で走るのは、ちょっときつかった!

bike3.jpg

 いくつか池があるのだが、この池のほとりにはバーベキューの施設(グリルや、屋根付きのピクニックテーブルエリア)がある。他の池では、カヤックもできる。

bike4.jpg

が!池の主登場。
bike5.jpg

 この池の奥には、「インディアン シェル リング」とよばれる古墳がある。およそ4000年前のインディアン(原住民)の集落跡である。

 話はとぶが、馬場ではおよそ1時間の「ホースバック ライディング」(乗馬体験コース)もあり、自然公園のこのあたりをめぐってくるらしい。下の写真は、数年前甥っ子たちが挑戦した時の「おっかなびっくりの図」である。
bike7.jpg

 自転車で走るのも、こんな景色を見ながらだから、やっぱり止められない。
bike6.jpg


 ちなみに、この「シーパインズ プランテーション」は、島で最初の住宅開発地である。開発者に先見の明があったので、「自然との共生」が生かされている。家の外壁の色や、屋根の色も自然にとけ込むのが条件だから、塗り替えの際は「居住者組合」の様なところに行って、「許可された色」から選ぶことになる。

 いまどきの「邸宅」つまり「明るい」「豪華」という家屋からはちょっと外れているが、だからこそ年間数万人という観光客が訪れるのかもしれない。

 この夏、また観光客の車の渋滞に文句をいいつつ、呪文のように「3ヶ月の辛抱」と唱え続ける「住民」たちなのである。


 

 
スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。