リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年11月
ARCHIVE ≫ 2010年11月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

キャラメルアップルを作ろう!イベント

 私たちが住んでいる島はアトラクションは何も無いけれど、家族やカップルで、あるいはゴルフ仲間と過ごすリゾートとして定着している。

 サンクスギビングの週末は、私たちの住むエリアの中のファーム(Farm)で、子ども向けの「キャラメルアップルを作ろう!イベント」が開かれた。ファームには大きなバーン(barn、農具ほかを入れる大きな小屋)、ファーム用駐車場などがある。

DSCF2190_caramel.jpg


 このファーム、日頃は住民が月々幾ばくかを支払って「自家農園」を借りるというもの。場所柄、ハロウィーンには「パンプキンカービング(カボチャを彫ってみよう)」とか、クリスマスには「馬車に乗って、クリスマスキャロルを歌おう!」などのイベント会場になる。

  道路を挟んで向かいには馬場もあるので、この日は「ポニーライド」(小型のポニーにのって、ファームの中を少し歩く)というプログラムもあった。
DSCF2191_pony3.jpg



ほんの僅かの距離を回ってきて、家族からは歓声をもって迎えられる。「褒めれば育つ」何事も。



お役交代ポニーの登場。
DSCF2194_pony2.jpg



特設駐車場(歩いたって3分くらい)からファームまで、トラクターに乗って来ることもできる。こんなふうに「ホリディお遊び気分」を盛り上げるのも、アメリカ人の得意技。
DSCF2198_tractor.jpg

並んでいるのを見て、びっくり。えっ、入場料金がいる?2年くらい前は、入るのはタダだったのに。。。

DSCF2195_convert_20101201100103.jpg

クラウン(ピエロ)が、フェイスペインティング(顔にちょっと絵を描いてくれる)や、簡単なクリスマスオーナメントを作るクラフト教室をしていたり。
DSCF2202_clown.jpg



奥の方で「キャラメルアップルを作ろう」コーナー。グラニースミス(青いリンゴ)に、キャラメルソース、好きなトッピングをつける。「子どもが好きなように作れる」というのが、売りなんだけど。。。大人はやっぱり手を出すんだな、これが。




 子どもや孫が歓声を上げるのを見て、目を細める両親やおじいちゃん、おばあちゃんたち。やっぱり、島はファミリー向けリゾートなのだ。。。






 

スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。