リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年09月
ARCHIVE ≫ 2011年09月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Honeyと Ma'am

  アメリカに来て1年程たったころの話である。
ノースキャロライナに住み始めたワタシは、南部訛りにヘキエキしていた。

 日本で学んだ英語の発音とは、全く異なる世界なのである。
たとえば;
ノースキャロライナ  ノースキャロら~いナ
ハニー(honey はちみつ) ハぁ~にィ

いや、当時のワタシには、そう聞こえたのだ。

 45分も隣りのオバちゃんと庭で立ち話をしていて、相づちもちゃんと打っていたのだ。家に入ったとたんオットに聞いたのは、「で、彼女は、なんの話をしていたわけ?」(オット、爆笑)

 グローサリー(スーパーマーケット)に行くと、当時は黒人のおばちゃんたちがレジ係ということが多かった。

「How you do'in Honey?」 「ハウユー どゥイン、はあ~にィ?」 = How are you doing, Honey?

「Doing fine, thank you」というこちらも、こころなしか「ドぅイン ふぁ~ぃん さ~ンきゅ」って感じである。

 そして、最後にはいつも、「Thank you, Honey! See ya soon!」(Thank you, see you soon.ありがとう、又きてね)という具合である。

 で、このHoneyがくせ者。

 つまり、わかいコや子どもに向かってつかうのである。当時の自分の年齢は「Honey」の域をとっくに越えている。

 黒人の、特に60代以降の黒人の年齢は、不詳である。つまり、60才くらいに見える場合は、実は70才とか80才ということが多々ある。
 こういうオバちゃんたちに、「Honey」といわれると、思わずこちらは「Thank you, Ma'am」と返す癖がついてしまった。

 そう、南部の子どもたちが真っ先に教えられる、「Yes, Ma'am」「No, Ma'am」「Yes, Sir」「No, Sir」である。
2才くらいの、やっとしゃべれるようになった子どもが、自分の母親や父親に、したったらずな口で「ノーマァ~む」「イエッサー」といっている様は、本当にかわいらしい。


 ところが!いつのころからが、グローサリーストアの「若いコ」に、「Thank you, Ma'am」(ありがとうございました)と、いわれることに気がついた。。。。

 「Thank you, Honey」と、まるで条件反射のように、応える自分自身に「??」。

 年相応に見られるようになったと判断するか、あるいは。。。

「どっぷりと、南部の暮らしにハマってしまった」と、思うことにしよう!


 さて、久しぶりのごはんの話。

アップルチーズケーキパイを食べてしまった日は、「せめて野菜てんこ盛り」にしようという贖罪ごはん。
手っ取り早いのは、中華風の炒めもの~!
ところが、冷凍ごはんをきらしている。そこで。。。

「スパゲティを中華そばにする方法」(←クリックでクックパッドのレシピーページへとびます)

 「うっそ~」と半信半疑ながら、作ってみた。そうしたら、本当に!匂いもラーメンである。

 細めのスパゲティをゆでた後、フライパンで両面をカリッとなるまで焼いて。
ら


 野菜やまもりの「中華あんかけ風 堅やきそばもどき」 ちなみに、かりかりベーコンが豚バラ肉のかわり。boc choy(ボクチョイ、パクチョイ、チャイニーズキャベッジ)一束を白菜のかわりに。マッシュルームが椎茸のかわりで、ネギとショウガ、赤いピーマン。味は中華スープのもと(塩味)
ら2


 ちなみに、アップルチーズケーキパイは。。。グローサリーの「レディクラスト」(グラハムクラッカー地のパイ皿。冷たいパイに使うことが多い)。冷凍パイシートをきらしていたので。
ら3
 リンゴはGalaアップル(形が崩れない)、レーズンは家でラム酒に浸けてあるラムレーズン。チーズケーキというより、チーズカスタード。これもレンジで作ると、簡単!

 いつでも見よう見まね、あるいは「いい加減で適当な、肩が凝らない」我が家のごはん。いつの日か、「これがサザンの豪華版!」というごはんを作る日が、くるのだろうか。。。





スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
08 ≪│2011/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。