リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年08月
ARCHIVE ≫ 2012年08月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

読書のすすめ(前編)

 アメリカの学校は、8月半ばから9月にかけて新学年が始まる。学校や学年によっては「夏休み中に、課題の本を読んでくること」というのが宿題というところもある。

 随分昔のことだが、ノースキャロライナの補習校で、中学高校の国語を教えていたことがある。

 当時は一応、文部省(現文部科学省)から「授業要項」というのが送られてくるのだが、私がいたころはかなり自由裁量を認められていて、国語の授業中にスピーチやら社会の話をしたこともあった。

 ある週の宿題は、『読書のすすめスピーチ原稿』をつくることだった。

「これまで読んだ本ー英語日本語に関わらず、とにかく『絶対おすすめ、よまなきゃソン!』という内容で、一人一分のピーチを準備して、次の授業で発表する」というものである。

 授業当日、生徒は教壇に立ってスピーチをする。一分のスピーチの後、
「この本を読みたいと思った人、手を挙げて」という投票をした。一等賞は、一番挙手が多かった生徒である。

 挙手が少ないと「もっと手を挙げて、ボクの応援をしてよ!」という積極的なスピーカーもいた。

「読みたいと思う気にさせるスピーチ」というのは、要するに「セールス トーク」である。

 正攻法で「面白い本です」『感動します』と言っても、大抵「ふーん」で終ってしまう。

 中には、英語と日本語の両方で読んだ本について、「翻訳者の、こことここが、今イチへんな感じだった。みなさんも、ぜひそういうところを比べてみて下さい」という個性的なスピーチもあった。

 今でも鮮明に覚えている生徒がいる。彼は、こう言い放ったのである。

「ボクは、いままで本を全部読み通したことがありません。でもこの本だけは、最後まで読みました。ボクが読めたんだから、絶対面白い本です」

 もちろん、全員の手が挙がった。

 読書は、「本を読め〜」といって始められるものではない。
「一気に読みたい程面白い本」に出会うことができるか。そこでかき立てられた想像力や、心に響いた言葉が、次の本へ手を伸ばすきっかけになるかどうか。

 そういう「セールス トーク」ができるような環境が、コンピューターやゲームにハマった子ども達に届くのだろうか?とふと思う今日この頃である。

 あの「本を読み通せないボク」は、あれからどれだけの面白い本に出会えたのだろう。成長した彼に会って、聞いてみたいものだ。 


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2012/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。