リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年04月
ARCHIVE ≫ 2014年04月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Horseshoe Crab Mating -カブトガニの産卵

 We went to Mitchelville Beach Park to watch the horseshoe crab mating. From March to June (Spring time), there are hundreds of horseshoe crabs come to the beach at high tide on full and new moon nights.

IMG_1506_convert_20140501103345.jpg

 夕べ、生きる化石といわれるカブトガニの産卵を見に行ってきた。島の北にあるミッチェルヴィルビーチに3月頃から6月頃まで、満月から新月までの3晩、夜の満潮時にカブトガニが産卵に来る。この日の満潮は夜9時。私たちがついたのは8時を回る頃である。

 ミュージアム(Coastal Discovery Museum クリックでサイトへ飛びます)では、カブトガニとはなんぞや?というお話の後に、産卵を見に行くツアーも実施してる。私たちは、そのレクチャーを聴いた友だちに連れて行ってもらった。

 カブトガニ、およそ400ミリオン年前(カンブリア紀)から地球に存在するらしい。最初の写真はブレてしまったけれど、どんな感じで浜辺にわさわさとやってくるのか、わかってもらえるだろうか?
IMG_1509_convert_20140501103956.jpg

 メス(大きい方)に、オスが一匹ロックオン!
snap_resortstylehhi_201443215636.jpg

 そうするとメスは、足で砂浜に穴を掘る。だいたい体(殻)の半分くらいが埋まるようだ。多分産卵なのだろう。一度に産みつける卵は、針の穴程の大きさで4000個!まわりにオスが5−6匹わさわさと寄って来て、精子をかけて産卵は終る。
snap_resortstylehhi_201443215915.jpg

 ちなみにカブトガニの血液は、ヘモグロビンではなくてヘモサイアニンという物質が酸素を血液中で運ぶため、青色。アメリカ東海岸の種類の他は、日本やフィリピン、インドネシアで見ることができて、4種類が確認されているらしい。

 10年以上も島に住んでいるのに、産卵を見たのは初めてだった。手の届くところに未知の世界は沢山あることにちょっと感動した、4月の終わり。 

 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。