リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年12月
ARCHIVE ≫ 2016年12月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2016年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

世界に一つだけの花

 スマップが、今年いっぱいで解散するのですって。。。。

って、今更なんだよっ!と怒号が聞こえてきそうだけれど。

 私は、特別にスマップ大好き〜!というわけではなかったし、だいたいスマップがどんな人たちかも、あまり知らなかったくらいなのだ。。。12−13年前までは。

 スマップというのがナニモノで、どれだけ人気のあるグループかを知ったのは、日本語補習校の卒業式である。いかにそれまで浦島太郎・花子的アメリカ生活だったかがわかろうというものである。
 
 ただ私には、スマップが特別なのではなくて、「世界に一つだけの花」こそが特別な存在なのだけれど。

 その年、私は中学3年生の担任だった。
人数は本当にわずかなクラスだったけれど、とても個性的で毎週土曜日に会うのが楽しみな生徒たちばかりだった。

 日本の行事も大事だったから、入学式もあるし、春には遠足、秋には運動会もあった。

 中学3年生には、当然卒業式もあったわけだ。
 ところが卒業式に歌う曲は、「仰げば尊し」に落ち着くのだろう思っていたら、我が生徒たちは「世界に一つだけの花」を選んだ。
 
 「私は、その歌を知らないんだよ〜!」と言ったら、生徒たちからはナントも冷たい視線が飛んできたものである。
 当時YouTubeはまだなかったし、お友達だった先生たちに聞くわ、でも歌ってくれる人もいないわ。。。

 それでも、生徒たちが恥ずかしそうに元気に歌うのを聞いて、なんとなく幸せな気分になった曲だった。

 私が補習校の教師を卒業した年でもあった。

 今日、YouTubeで見つけました。スマップの、世界に一つだけの花。



**日本語補習校について**
 基本的には日本からの駐在員の子弟のために、土曜日に日本の文部科学省のカリキュラムに則って、授業を行う学校のこと。日本国籍を持つ小学生と中学生は、日本領事館から文科省指定教科書セットを無料でもらうことができる。
 私が教えていた学校は土曜日の半日で、私立のカトリックの学校の一部を借りて授業を行っていた。
 私が教えていた学校は、駐在員でなくても日本国籍の子供たちの入学を認めていた(と思う)。


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
11 ≪│2016/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。