リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 丸ごと一軒改装 ー大騒動TOP家丸ごと一軒 改装過程 ≫ 丸ごと一軒改装 ー大騒動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

丸ごと一軒改装 ー大騒動

 いきなりではあるが、この写真が現在の「改装中の家」の外の模様である。
dump.jpg

 ダンプトラック2台分はあろうかという「ゴミ捨て場」が前庭に陣取り、木には「ジェネラルコントラクター」の看板と、黄色の紙は改装の中身を書いた「市の認可証」が貼付けてある。地上に立っている黄色の看板は、「プール追加工事についてのおしらせ」

 12月は「家の改装」を巡って、大揺れに揺れた我が家だった。オットと彼のビジネスパートナーは必死になって、春までになんとかしようと素人ながらがんばった。が、素人の力には限界がある。
 今回は大掛かりなことこの上ない。

 キッチンやバスルームの改装に伴う、上下水道の家の中での変更や追加。
 設置済みの水道管が現在の「市の基準」に合わないことがわかり、総入れ替えの必要がある
 エアコンシステムが家の面積に対して弱すぎることが判明。システム丸ごと入れ替えすることに。つまり、エアコンのユニットを新しいもの2個にして、天井裏のダクトを全部取り替える。
 以上の工事に付いては、各段階で「市の検査を受ける」ことが必要になる。

そんなことが判明した11月ごろ、体力的にも精神的にも参ってしまった訳だ。

そこで、プロに仕事を依頼することになった。

 オットの「ここまでがんばったのに」という気持ちと、「市の監査が入ったらちょっと嫌だな」というのと、「安く仕上げたいのに」という、感情のうねりはハリケーン並みであった。

 その上、彼はこれまで同年齢の誰より体力もあり、大工仕事に対する情熱もあり、バランス感覚も優れていたのだ。
 それが、この11月頃から一気に「加齢による変化」が顕著に現れだした。多分それは、疲労によって倍増されたのだろうと思う。

 かくして私は彼への対処の仕方がわからず、といってこのまま放置する訳にもいかず、なだめすかし、励まし、怒りまくり(これは得意)、持ち上げ、と日本で仕事をしていた時代の知恵を全部持ち出して、夫婦の危機とビジネスの危機を乗り切ることに没頭した12月だった。

 「ジェネラルコントラクター(General Contractor 工事一般請負業者?)」数人とインタビューをし、融通が利きそうで、しっかり仕事をしてくれそうで、コスト削減に協力的な人と正式に契約したのが12月末日である。

 それからは、ことが一気に進んでいる。というか、家の中はものすごい状態になっている。

 結局12月に我が家を襲ったハリケーンは、現実を直視するのに必要な嵐だった。
手抜きした鍋物のような味気ない夫婦の間に、ぴりっと七味唐辛子を投げ入れたような感じだろうか。

  そんなわけで、とても話題にはできなかった工事の話も、これからぼちぼち復活できそうな今日この頃。。。
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年01月23日(Sat) 23:19
編集
こんばんわ!
うーん、大問題ですね(>_<)

自分達で何とかしようと思い立つところからしてすごいですよ!
無理で当然なのに、旦那様とパートナーさんは立派です。
「ここまで頑張ったのに・・」って気持ちも当然だと思いますが
現実を見ることも大事でしょうか・・
偉そうなこと言ってスイマセン・・

ハリケーンに襲われた旦那様を支えるKayさんのご苦労も大変だと思いますが、Kayさんの力が今とっても必要だと思うので、これからも頑張ってくださいね。
工事順調に進むといいですね(^-^)/
2010年01月24日(Sun) 05:32
大変なんですね
編集
Kayさん、こないだは、コメントありがとうございました。
AustinのSalieです。
ネティポット、優れものですよね。

リゾート地での夢のような暮らし、私たちも将来は、ゆったりとそんな暮らしが出来たらなーと、うらやましさでいっぱいでしたが、
やっぱり、ご自分で改装、工事となると、いろいろ大変なんですね。
でも、あせらずに頑張って下さいね。

もしよろしければ、リンクお願いしたいんですが、いかがでしょう?
よろしくお願いします。
2010年01月24日(Sun) 11:38
Right Decision!
編集
Kayさん、お疲れ様ですぅ。

家って本当に大変ですよね。
新築だって大変なのに、改装や増築、改善や修理が全て
関わってくるなんて、Kayさんとダンナ様の心中お察しします。

だいたい男性ってもともとストレスに強く出来ていないんですよね。
でもプロにゆだねるというのも大変頭の良い決断です。
それができるかできないかで大失敗した友人がいます。
彼は1年で改装して売る予定だった家がいまだに完成せず、今年5年目。
今やプロにゆだねることも出来ず(プライドがジャマしてもうできないんですよね)、
家のローンを2つ抱え、その中で去年2人目のベイビーが誕生しました。

だからKayさんのダンナ様の賢い決断に拍手!&Kayさんの叱咤激励の日々に大拍手です!
2010年01月24日(Sun) 14:08
Salieさん、 Hanakoさん ありがとうございます!
編集
 励ましのお言葉、ありがとうございます。
 これまで、オットは「自分たちの家」の改装は、本当によくやったんです。今のうちだって、クローゼットだったところをバスルーム(バスタブ付き)に改造したりして。今回は大掛かりすぎでしたね。

 でも、大丈夫!週に1回は、朝の散歩も一緒にいくようになったし、ちゃーんと手もつないだりしてますから。(笑)
 
2010年01月25日(Mon) 18:03
ちゃみさん、ありがとうございます
編集
 またまた遊びに来ていただいて、ありがとうございます。
今は、家の中もホコリだらけ、至る所に断熱材やダクトが転がっていますが、「出来上がったら、こうしたい」とデザインを描いているところ。
 楽しみにしていて下さいね!
2010年01月25日(Mon) 18:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。