リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 家具を買うなら、ここに行け!TOPアメリカ生活 ≫ 家具を買うなら、ここに行け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

家具を買うなら、ここに行け!

 アメリカの家具の一大生産地、と言えばノースキャロライナである。いや、今でこそ大手は殆ど中国に生産拠点が移ってしまったが、家具メーカーの名前にその名残がみえる。

 Tommy Bahama(トミー・バハマ)やトランプシリーズで有名なレキシントン(Lexington Furniture)、カジュアルなコッテッジスタイルから重厚なアーネストヘミングウェイシリーズをもつトーマスヴィル(Thomasville)、伝統的なヨーロッパ風とエレガントかつコンテンポラリーな作品に定評のあるベーカー(Baker)など、みなノースキャロライナの「トライアードエリア(Triad)」が発祥の地で、実際に地名でもある。

 当然、6時間のドライブはレキシントン(Lexington)とハイポイント(High Point)を目指す。
レキシントンのダウンタウン。大きな町ではない。
lex1.jpg

 ハイポイントは家具の国際見本市も開かれる町で、各社のショールームが集まった巨大な家具モールがある。入り口で、必ず地図をもらって、中をまわることをすすめる。
 
 さて、私たちの目当ては「インテリアデザイナーとまわる有名どころ」ではない。「ディスカウント」でも満足しない。

 サルベージファニチャーとか、トランジットダメージファニチャーと呼ばれる、要するに「生産中止」「傷もの」「返品された」「輸送中に問題があった」という類いの家具ばかりを扱う店に、直行する。
外見は、こんな感じ
lex3.jpg レキシントンの店


lex11.jpg ハイポイントの店


 だから、「ダイニングセット」があることもあるし、テーブルだけ、イスだけという事もある。まるで倉庫

lex5.jpg

lex4.jpg

 この中から、宝探しのごとく「傷が無い、目立たない、直してある」「ブランド」「シリーズ」「大きさ」「色」を、自分で探す。

さすが昔は家具の町なので、こういう場所にも「ちゃんと直せる職人」がいるのである。傷を見つけて、「これを直せるか?」と聞くことも大事なポイント。大抵のことは、無料で直してくれる。ただし「製造元保証」はない。

レキシントンで1軒、ハイポイントに1軒、私たちがNC在住時から行きつけの店がある。
アウトレットも数件見た上で、結局いつもの「2軒」に落ち着いた、今回の成果:

 バースツール(カウンター用イス) 5こ
 ダイニングテーブル 8人用。
 キングサイズベッドのヘッドボードとドレッサー
 直径1m20cmくらいの鏡
 クイーンサイズベッド一式とドレッサー、サイドテーブル

以上で$2000。どれも有名メーカーのものである。

 例えばキングサイズベッドのヘッドボードの為にマットレス用のレール(スティールのわく)は別に買わなければいけない。私たちは、もともとフットボードがいらないと思っているので、これで問題ない訳だ。ちなみに、このキングサイズベッドを一式正価で購入すると、$2000である。

 2週間後、トラックを借りて家具を引き取りに行かねばならない。。。それまでに、家の中がもう少し出来上がっていることを祈るばかり。と同時に、今回買えなかったものをどこで探すか、と頭がいたい。

 ちなみに、バーゲンショッパーと異名をとるのも、こういう店での買い物に慣れてしまったせいなのだ。


関連記事

Comment

編集
ノースキャロライナに無事到着したようですね。
流石、アメリカの家具の街!!
サルベージファニチャーのお店に職人さんがいるのも
ありがたいですね。
宝探しも楽しそう・・・
帰りは、事故のないようにゆっくり帰ってくださいねv-448
2010年02月28日(Sun) 09:32
編集
おぉ~!!
なんだか異国の雰囲気たっぷりで素敵ですe-420
家具とか決めるの、大変だけど楽しいですよね^^
どんな風になるのか、楽しみにしておきます♪

ワン子ちゃんも、元気で本当によかった~!
大好きなお散歩、おやつもしっかり食べてね~e-265
2010年02月28日(Sun) 11:17
バニパパさんへ
編集
ありがとうございます~!しっかり買って、いや、足りないものもあるけれど、島にもどってきました。2日で家具を買う、というのは何とも無謀である、というのが結論です。でも、2週間後にまた、繰り返しそうです。
2010年02月28日(Sun) 18:08
ロビヒナさんへ
編集
異国情緒、というか、無謀な買い物...かもしれない。
でも、ワン子は本当に元気になりました。今日(日曜日)の散歩は、走ってましたもの!手術以来初めて元気に、走っていました!
2010年02月28日(Sun) 18:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。