リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ ドライクリーニングは、家でするTOPいいものみつけた! ≫ ドライクリーニングは、家でする

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ドライクリーニングは、家でする

 この冬は寒さが続いているので、いつになくウール製品の出番が多い。これまでの島の気候なら、ウールのセーターをクリーニングに出すなんて、せいぜい一冬に2回位だった。

 さて、クリーニング代も馬鹿にならない今日この頃、我が家のつよーい見方は、こちら!
ドライクリーナーズ シークレット!



アマゾン(US)で、セール中。24枚入り、$23.24を、$17.01で提供している。

 ウール製品用洗剤で定評のある「ウーライト(Woolite)」から出ている、ドライヤー(乾燥機)でつかうドライクリーニングシート。

 随分前に、ドライエル(Dryel)が出た。これは大きなバッグにシートとウール製品を入れて、乾燥機に入れるタイプだったが、この袋を数回使うと小さな穴があいたりするので、結局あまり好きにはなれなかった。

 「ドライクリーナーズ シークレット」では;

 同じような生地の種類、色の製品を2枚から4枚くらいにシート1枚を目安に使う。
 汚れた部分は、後ろに当て布をして、シートでたたいて汚れをうかせる。
 ボタンがついていたり、刺繍などがあるものは、裏表にしてドライヤーに入れる。
 ドライヤーの温度を「ミディアム」に設定して、20分。
 終わったらすぐに取り出して、ハンガーにかけて乾かす。

 これで、本当に汚れが取れているのか?と最初は半信半疑であったが、確かにえりや袖口の黒ずんだ部分はきれいになっている。

 だいたい、アメリカのクリーニング屋のいい加減なこと(島のクリーニング屋の場合だが)を考えれば、これはわが家でははずせない一品になった。

 この2ー3年、我が家からクリーニングに出す物は、ベッドカバーや毛布といった、乾燥機に入らないものばかりだ。

 まずは、スーパーマーケットで小さい箱からお試し下さいね~!また、都会に暮らしていて、優秀なドライクリーニング屋さんが近くにある方には、必要ないかもしれません。


 
関連記事

Comment

編集
こんにちは!

>リーニング屋のいい加減なこと(島のクリーニング屋の場合だが)を考えれば、これはわが家でははずせない一品になった。

↑やはり、海外だと日本のサービスとは違うのですね!

手間隙考えると大変なこともあるでしょうが、
こちらのグッズは大活躍アイテムなのでしょうね!

2010年03月02日(Tue) 02:12
編集
あたしもよく使ってます。お手軽にできるし
匂いがとってもいいですよね!! 

優秀ではないんですが(普通にOK!)
ドライクリーニング店を見つけて以来 そっちも利用してます。
布団やカバーなどは $9ドルで あと他は 全部$2ドル(厚めのコートなども)。
貧乏主婦の味方です。
2010年03月02日(Tue) 13:26
編集
おはようございます!!

そっかぁ。そちらのクリーニングはいい加減なんですね~
うちは、実家がクリーニング屋だったから、
嫁に来てから、クリーニング屋探しに苦労しちゃって。。。

いまだに、冬物は実家に送っている駄目な娘です~~笑
2010年03月02日(Tue) 18:33
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年03月02日(Tue) 20:49
Yummyさんへ
編集
 大型のカバーやふとん(コンフォーター?)$9って、お買い得です!それ、セーターの値段ですよ!1年分の会費$16を払ってメンバーになると、シャツの洗い+アイロンが$1.95です。
 会費を払う時に、「1回分に限り合計金額から50%オフ」になるので、この時とばかりまとめて、コンフォーターとか毛布をだすんですよ。ダウンコンフォーターだと、$50!!!ねっ、許せないと思いません?と熱が入ってしまいました。(恥!)
 そんなわけで、小物はこのシートにお任せになっております。
2010年03月02日(Tue) 21:52
三十路オンナさんへ
編集
 日本のクリーニング屋さんは、優秀ですよ~。だいたい、普通のコットンシャツを洗濯+アイロンに出すだけでも、「アイロンしわ」が背中に斜めに付いて戻ってきたりするんです。信じられないでしょ?
 
 日常生活で、やはり「きちんと」「ふつうに」ことが進むって、本当にいいことなんですよ~!
 
2010年03月02日(Tue) 22:00
BiBiさんへ
編集
こんばんわ!
いやいや、島のクリーニング屋さんがいい加減なんだと思います。競争も殆どないし。日本のクリーニング屋さんは、本当にいいですよね。
東京の住まいのちかくに、個人営業の店があったのですが、丁寧な仕事に感動してました。いつも、お忙しそうでした。

でも、ご両親は送られてくる洋服を楽しみに待っていらっしゃるんでしょうね。それも、親孝行ですよね~。
2010年03月02日(Tue) 22:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。