リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 一難去って、また一難TOPアメリカ生活 ≫ 一難去って、また一難

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

一難去って、また一難

 厄年っていうのは、いつなんだろう?私もオットも、ぜったい厄年は終わっているはずなのだ。アメリカに住んで、厄があるとも、思えないし。。。?

 昨日、オットは改装中の家で、ガラス屋が入れて行った「ピクチャーウィンドウ Picture Window (ガラスのはめ込み窓で、開かない仕様)」の周りの、モールディング molding(家具や窓・扉周りにつける、木製の飾り板のようなもの)を取り付ける為に、大工仕事をしていた。

 「テーブルソー Table Saw 」という電動ノコギリを使っていた時に、事故は起こった。
saw2.jpg

 このノコギリは、長い板などの「幅」を調整するのに便利なのだ。使う時は、こうなる
saw3.jpg
 
 真ん中に見える「のこぎりの歯」(高さを調節できる)と、「フェンス fence」と呼ばれる「板が動かないように壁の役目をするガードのようなもの」(板の幅に合わせて左右に動かせる)の間に、板を入れて「幅」に併せて切るわけだ。

 オットは昨日何を考えていたのか、このテーブルソーを「床において、膝を立てて」使っていた。

「突然、のこぎりの歯が凍ったか、おさえていた力具合が悪くて、板が飛んできて膝を直撃した」(オット談)

 私は自宅にいて、「けがしたから、来て」という電話でとんで言ったのだが、彼はジーンズをたくし上げて、膝からは血を流して、壁にもたれてぼーっとしていた。

 友人の皮膚科医が見に来てくれて、「やっぱり救急に行った方がいいな」の一言。

金曜日の午後4時半頃、「だれでも予約無しで受け付ける個人医院」へ駆け込んだ。

 日本の多くの個人医院は、誰でも予約無しでいくのが普通だが、アメリカの個人医院は、患者として登録した上に、予約が無いと診察を受けることはまずできない。

 いった先は、「整形外科が専門だった」ドクター。X線写真で、膝のお皿は問題ないこと、筋に傷はついていないことが確認された。

 結局、しっかり麻酔を打ってもらい、傷口をきれいに洗って、7はリ縫ってもらった。
私は、ドクターに、「板が直撃した割には、きれいな傷口なんですね」とか「ジーンズの上からでも、そんなに深く切れるもんなんですか?」なんて、質問の嵐だったのだが、患者本人は随分処置の様子が見えないように、イスを半分倒してもらったのだった。

 ついでに破傷風予防注射をし、抗生物質の処方箋を出してもらって家に帰って来た時には、まるで丸一日手術室にいたような「大けが」の風体であった。

 それでも、痛み止めをのみ、足をあげて一晩ねたら、ちょっと元気になったらしい。

 今日は、テーブルソーを「台座」において使っていた。

「今日は、足をあげて休むべきだと思うけどっ!」

「でも、少しなら動いていいって、ドクターもいったじゃないか」
 
「彼は少しなら、といったのよ!。半日も立って歩いていい、と言ってない!!そういう自己勝手な解釈して、痛いとかかわいそうだろう、とか言わないでよねっ!」

ったく、アメリカ人オトコの「I am fine」は、単なる「「からげんき」にしか聞こえない、今日この頃である。


関連記事

Comment

編集
電動ノコギリは、怖いですね~
旦那さん、7針も縫ったなんて大丈夫ですか?
患者登録した上に、予約が無いと診察が受けられないなんて、
今回のような突然の事故の時は困りますね。
手遅れになったら、v-39になっちゃう・・・
2010年03月07日(Sun) 01:16
災難でしたね・・・
編集
7針も縫ったって・・・聞いただけで卒倒しそうです。
でも、お皿も筋も無事でよかったですよね。
アメリカ人の体力と日本人の体力って違いがあると思いませんか?アメリカ人強いなーって思うこと多いです。
くれぐれも無理はなさらず、一日も早い回復をお祈りいたしております。
2010年03月07日(Sun) 01:19
編集
オットさん大丈夫ですか?
心配をよそに懲りもせず動いちゃうのは、アメリカ人も日本人も『男』は共通ですねe-263
『男』はいつまでも子供だと諦めて、長い目でみてやって下さい!?
オットさんの怪我が早く良くなる様に、またこちらの海からパワー送らせてもらいます!
2010年03月07日(Sun) 06:18
編集
七針も縫うとは、十分に大怪我です!!
でも、予約しないと病院に行けないシステムとは、
やっぱりいろんな面で日本とは違うんですね~。
でもご主人を思いやる気持ちは日本もアメリカも同じ。
kayさんの心配するのはもっともです。
ご主人の回復をまた日本からお祈りしてますね!
2010年03月07日(Sun) 07:04
編集
こんばんは~

事故って突然おきますよね
本当にびっくりします
それにしても、旦那さま大丈夫ですか?
どうして、ちょっと動けると大丈夫とか思ってしまうんでしょうね
でも、結局それで悪化しちゃったりしますよね~
とりあえず、けが治さなきゃですね
お大事に・・・

2010年03月07日(Sun) 07:49
編集
七針も縫うとは・・・v-12
でも、お皿も筋も問題ないとのことで、少しほっとしました。
旦那さまの怪我が早く良くなりますように!!
2010年03月07日(Sun) 10:39
電動のこ、と聞いただけで・・
編集
映画「Saw」思い出してびびりました。
7針、それも板が飛んできて切れたというのも
大変ですが、バランスを崩してのこの刃でどこかを
切った、というのでなくて、冷や汗をかきつつ安心しました。
アメリカではパワーツールの事故が多いですからね。
だんな様が翌日には動ける動かしてもいいかな、動きたい
レベルまで回復なさったようで本当になによりです。
Kayさんのモニタリングがしばらく必要のようですから
またダンナ様がムリをしないように、見張り、頑張ってください。

HANAKO

Kayさん、これは厄年ではないですよー
これはこの程度の負傷ですんで「ラッキー」です!
ダンナ様(あるいはKayさんだけかもしれませんが(笑))
の普段の行いがいいからにちがいありませんっ!!!

2010年03月07日(Sun) 13:55
お大事に
編集
はじめまして。
ちゃーすけと申します。

他の方も書いてらっしゃいますが、7針は大変な怪我ですが、もっとひどい怪我にならず、本当に良かったです。
もう、ゾッとします。
なんて失礼ですね。

お大事になさってください。
痛いと思います、早くよくなりますように。
2010年03月08日(Mon) 20:09
ちゃーすけさん、
編集
ご訪問&コメントありがとうございます。
本人、既にけろっとしております。びっこをひいて歩いていたら、友達から「どうしたの?」と聞かれ、恥ずかしくてこたえられず。。。で、一生けんめい「普通歩き」してます。
2010年03月10日(Wed) 22:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。