リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ レンタルトラック TOPアメリカ生活 ≫ レンタルトラック 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

レンタルトラック 

 基本的に、何でもレンタルできる国柄である。車はもとより家財道具一式借りることもできるし、引っ越し等の為のトラックもレンタルできる。

 2週間前にノースキャロライナのハイポイントとレキシントン(High Point, Lexington)で買った家具を引き取りに行くのに、トラックを借りた。じゃじゃーん!
ぺんすけ


U-Haul, Penske, Budgetなどが、トラックレンタルでは一般的だろうか。
以前は「価格が安い」ということで、もっぱらU-Haulを使っていたが、「安いんだから文句を言うな」のような印象が拭いきれず、結局今回はPenske。

  途中、オフィスでの一問一答などがあります。お急ぎの方は、一気に下までお進み下さい。ハイウェイを走って、話の結末まで行くことができます。  


 Penskeは全国規模の会社ではあるが、個々の経営はフランチャイズ式なので、High Pointのような小さな町だと所有するトラックの台数が少なかったり、地元の企業に「時間貸し」するらしい。

 前日には借りに行く店(ガソリンスタンドと併設)に電話をして午前9時のレンタル確認をしたら、黒人のおじいちゃんが、日本語にするとこんな感じの、独特の訛りで対応してくれた。

「朝は、いーつからでもええよ~。6時でも、7時でも、8時でも開いとるし~。」

返事も思わず、南部訛り風になる。
「じゃあ~、9時少し前に行きますね~。責任者の方に、再確認の電話をお願いできますかあ?電話番号はぁ、843-290ーxxxxですぅ」

 土曜朝9時15分前に行ったところ、担当者らしき男が「予約は12時になっているから、トラックは無い。今日は、フェデックス(Fedex;日本の宅急便のような配送会社)が使う日なんだ。インターネットでも、12時ってなっているだろう」

 そこで、予約した私としては、「ここで引き下がっちゃオンナがすたる!」とばかり、にっこり笑って説明した。

 「昨日電話して確認したんです。おじちゃんが、6時でも7時でもいいとおっしゃいましたが。あと、ジョンさん(オーナー)に、再確認の電話をしてくれるように依頼しましたが、頂けませんでしたね。」


 「コンピューターの予約表が全てだとおっしゃる気持ちもわかります。予約を入れた係の手違いかもしれません。12時まで用意できないなら、本社サポートに電話して、他を探してもらいます。家具を積み込んでから、さらに車で6時間のドライブなので、暗くなる前にむこうに着くには12時には町を出たいんです」

 で、その場は立ち去り、車の中からサポートに電話を入れた。事情を説明して、担当者が他を探すことになったが、結局「そこから車で45分のところにいるわ。トラックは10時までに用意できる」ということになった。

 やればできるんじゃないか!

 時間があったので家具屋までひとっ走りして、また店内を見ているうちに、「トラックが用意できた」と10時前にオットの携帯に電話が入った。

 慌てて戻り、全て手続きを終えて、オットがトラックを手にしたのは10時だった。

 High Pointの店では、かなり大きなオトコの人二人で次々と荷台に運び入れ、トラックとともに借りた「家具用毛布」でくるんで、荷造りひもで固定した。
Lexingtonも同様だったが、最後のダイニングテーブルは長さも2m近く、荷台がいっぱいになった。

 レキシントンの家具屋の隣にあるレストランが以前から気になっていた。コカコーラの昔の製造所(工場、というほど広くない)を改造して、ピザとかサブサンドイッチがメインらしい。

ぺんすけ4

ぺんすけ5


サラダをとりあえず食べたら、とにかく先を急ぐドライブになった。

 トラックは2008年のフォード製で新しいのだが、なにせトラック。下り坂は調子よく走るが、上り坂はアクセルを踏んでもどんどんスピードが落ちる(?)感じらしい。

 ぺんすけ1

 途中、激しい雨にあったり渋滞に巻き込まれたりしながら、ひたすらトラックの後ろについて走ると、だんだん飽きてくる。

「まるで、不細工な豚のお尻を眺めているみたいだ!」 というのが正直な感想である。

 途中で1回ガソリンを入れる為に止まったが、ひたすら休憩も無く走り、島には陽のあるうちについた。
パートナーのマークはすでに3時ごろから来ていて、デッキの修理とかガレージの掃除をしていたらしい。

 チャーリー(よくお泊まりにくるゴールデンリトリバー)のパパ、デイビッド(David)にも家具を下ろすのを手伝ってもらい、全てガレージに運び入れた。

 トラックは最低2日のレンタルになるので、日曜日にゆっくり島の業者のところに持って行けばいい。

ながーい一日であった。。。

関連記事

Comment

編集
長旅ご苦労さまでしたe-125

それにしても、ルーズなレンタカー屋さんですね。
外国は、どこも似たような感じなのでしょうか?
日本のように時間に几帳面な国は無いのかも
しれませんね・・・

Kayさんは、流石です。
交渉上手なのですね~
そして、長距離ドライブしたのに
なんと!ブログ更新してる~(*´∇`*)
2010年03月15日(Mon) 08:04
バニパパさんへ
編集
いやあ、長いドライブでした。一人で運転していると、CD(iPodじゃなくって、CDです!)を取り替えることもできないし、本当に飽きちゃいます。

日本だと、横浜から名古屋まで3時間くらい(夜の9時に横浜インターを出ると、実家に12時についていましたから)。で、3時間というと神戸より先まで行けると思うんです。昼間多少時間がかかったとしても、風景はどんどんかわって行くからまだ楽しみがあるような気がするんです。6時間、多少町の横を通ることがあっても、ぜーんぜん代わり映えしません。
長距離トラックの運転手さんって、偉い!と思います。
2010年03月15日(Mon) 20:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。