リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 不法滞在者取り締まり法と現実TOPアメリカ生活 ≫ 不法滞在者取り締まり法と現実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

不法滞在者取り締まり法と現実

 アリゾナ州が不法滞在者に対する新しい法律を制定する件で、合衆国政府は「不法滞在者取り締まりは連邦政府の管轄下だから、州法で取り締まることはできない」と言い出したり、ずいぶんニュースで取り沙汰された。

 島では昨年、「不法滞在者を雇った者は、ビジネスライセンス(営業許可)を取り消す」という条例を出した。
サウスキャロライナ州のある町では、「賃貸アパートは、不法滞在者に部屋を貸すことはできない」という条例を発令しようとしていたところ、「まった」がかかった。

 アメリカは、移民で成り立った国である。
オットの祖父母も、イタリア(当時はオーストリア領)からの移民であるが、ちゃんとニューヨークのエリスアイランド(Ellis Island ヨーロッパからの移民は船で到着すると、ここの移民管理局に入った)の博物館に残る「移民記録」に名前が載っている。

 イリーガル(illegal immigrant イリーガル・イミグラント 不法滞在者)だから、悪人と言う訳ではない。
まじめに働いている人のほうが、圧倒的に多いと思う。それでも、島では次のような問題があるのだ。

 イリーガルだと普通の個人医療機関で治療を受けることができない(保険がない、身分を保障できる書類がない)ので、病院のER(救急)へ行く。(病院は、医療拒否できない)

 ERの待合室は、「かぜ」など「救急」ではない人で混雑している。医療費については最終的には支払うことが殆どないらしい。

 公立小学校の特に低学年では、英語を話せないヒスパニック(南アメリカ人の総称)の児童が増えている

 25人のクラスの18人が、英語を話せない(=書けない)ヒスパニックの児童で、通常の授業を行うことができない。友人の子どもは、私立の学校へ転校した。単に「普通の授業をうけるため」である。

 南アメリカスペイン語を話す通訳を、学校区が雇わなければならない。(財政を圧迫)
 アメリカ人の生徒への教育が遅れる

 不法滞在者は運転免許をとれないが、飲酒運転をする人が多い。島で大きな交通事故の加害者は、泥酔したヒスパニックが多い。(5件のうち4件程)

 最近バーでの喧嘩が多いのだが、これもヒスパニックが関わることがおおい。

 最近3件程麻薬密売事件が発覚した。いずれも6人から8人のメンバーだが、どのグループも4-5人はヒスパニックであった。

 両親が不法滞在者でも、子どもがアメリカ国内で生まれれば、子どもは「合衆国国籍保持者」になる。
そこで、サウスキャロライナの上院議員が「不法滞在者の子どもには、国籍を与えるべきではない」という発言をしたところ、これまた物議をかもしている。
新聞は、新生児の12人に一人が不法滞在者の子どもである、と報道した。

 不法滞在者のデモでは、「自分たちは、税金もはらっているし、まじめに仕事をしている」と叫んでいる人が大勢いる。事実である。かれらは、「消費税」を払っているし、まじめに仕事をしている。
 だが、「所得税」を払っていないし、「所得」の多くを「国元」へ送金するので、アメリカ国内からお金が流出してしまう。

 大きなギャンググループが形成されていない小さな島でも、これだけの問題がある。
アリゾナ州が、「市民の生活環境を守るために」「麻薬取り締まりやギャング取り締まり」強化のために、不法移民取り締まり法を制定することが、なぜ問題なのだろうか。

 ちなみに、アリゾナ州、ニューメキシコ州には連邦政府から「臨時の国境警備のために」、 National Guard (州兵。国防省の管轄下)が動員された。

関連記事

Comment

あまりの多さに驚きます
編集
私も、今現在、南部テキサスに住んでるんで、メキシカンの多さには、ほんとに驚きます。
(不法滞在なのか??どうでないのかは、分かりませんが、)
病院で働き始めて、スパニッシュしか話せない人の、多さにも、再度驚いています。

不法移民でも、何かあればERには、駆け込んで来ますし、どんな人でも、ERでは、助けます。
保険が無いから、医療費なんて払えないし、誰がこれを負担してるの?って考えると、
アリゾナの法律が何で問題なのか??私もジレンマを感じます。
2010年08月14日(Sat) 08:59
そうそう!
編集
実際Legalな移民が怒ってるじゃないですか、
俺達は正規な手続きで入ってきたのに、
こいつらは税金払ってないじゃねーかって。

まあ、それにしてもこれでアリゾナは
当初の目的をExcuteできたわけですもんね、
皆アリゾナから脱出してったわけだし(笑)。
他の州さん、アリゾナに反対するならあんたたちが
面倒みなよ、よろしくね、っていう展開は面白かったです。

第一ラウンドはオバマの勝ちでしょうが、
このあと、じゃあ連邦政府がすべき任務を放棄していたことへの
大義名分はどうなるんでしょうね。

政治を知らない人間を大統領にすると、とんでもないことが
起こるというレッスン料は高くつきました。
それにしても不法移民や福祉にたかるレイジーな国民のせいで
まじめに働く我々の高額医療費や年々上がる税金のトリックには
怒りの持って行き場がありませんよねv-359
2010年08月15日(Sun) 15:30
salieさんへ
編集
テキサスは、さぞかしヒスパニックが多いと思います。
そうなんですよね、ERは医療拒否ができないとは知っていましたが、アリゾナに住むオットのいとこの話では、イリーガルで来て、ERで子どもを生めばアメリカ市民となって支払う必要もないって、堂々と宣言する人までいるのだとか。

多分議会も、「不法移民は困る」と思っていても、票を集めるためには「触りたくない」部分なのかもしれません。そのわりに、「リーガル」なグリーンカードを持つ人への締め付けは、どんどん厳しくなっていますよね。
ソーシャルセキュリティの替わりにタックスIDとか。

なんだか。。。どれだけの税金を使っているんだ?と思っちゃいます。
2010年08月15日(Sun) 17:35
Hanakoさんへ
編集
不法移民を取り締まるのは、当たり前のことだと思っているのだけど。。。不思議な国ですよねえ。。。

リーガルな人は、もちろんそれなりの手続きもしているわけですよね。正当な理由があって、滞在しているし、所得税もはらっているのにね。

イリーガルだから悪い人、ではないけど、「いいとこどり」だけはないだろう!と思う訳です。
学校の「フリーミール」(貧困家庭の子どもに、朝食とランチをフリーで与える制度)の申し込み用紙が配られたとき、表は英語で裏がスペイン語。しかも親のSocial Security Numberを記入する欄が、消えたそうです。

それって、プライバシー保護の観点からと言われていますが、イリーガルの人はソーシャルセキュリティを持っていないから、というのが本当の理由らしいです。

そういう話を聴く程に、なんかちょっとね。。。
2010年08月15日(Sun) 17:43
編集
オレゴンでもいつもメキシカン(イリーガルの)には、
不平や不満がいつも飛び交ってます。
確かに 私たちだってものすごい高いお金+面接(キビシー審査)などなど
ストレスを抱えて 今に至るんですもんねぇー

ちょっと前に イリーガルの人たちを全員リーガルにして
住まわすという案が出てましたが どうなったのだろう???
そのほうが、強制送還の費用や他の面で 今より損がないという
らしいんですが。。。。 犯罪も減るという考えらしいです。
ということは、税金を違う方向へ(正当な使い道?)
向けられるってことなのでしょうか

毎回少ない給料から 税金はたっぷり持ってかれてますe-350 


2010年08月16日(Mon) 12:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。