リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 貸家;ゴージャスなプール付き一軒家!の実情3TOPアメリカ生活 ≫ 貸家;ゴージャスなプール付き一軒家!の実情3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

貸家;ゴージャスなプール付き一軒家!の実情3

 家の中のペンキ塗りが終わって、玄関から一歩入ると、「これって、本当に同じ家?」というほどの違いでした。

DSCN0046.jpg  DSCN0084.jpg

 広い部屋で高い天井となると「インパクトのある色にしよう!」とか、「ボールド(力強い、とか大胆という感じ)カラーで個性をみせよう」と雑誌にはあるけど、やはり「クリムゾンレッド」(ロシア国旗のような、真っ赤な色)は、あんまりだったよね、と思わずにはいらませんね。

 ちなみにこのリビングルームの大きさは、天井の一番高いところが3m60㌢です。一般的な家屋では天井の高さは2.4mです。
床面積は4.5mx9mくらいで、40.5㎡、24畳くらいでしょうか。

 まんなかに「でん!」と存在感があるのはれんが造りの暖炉と、両脇に本棚。このあたりで「サヴァンナブリック」とよばれるレンガです。ブリック(brick、レンガのこと)は、粘土を固めて乾燥させて焼く、というのが基本なので、産地の土で色が変わってきます。
このサヴァンナブリック、島から1時間ほどのジョージア州最古の町サヴァンナへいくと、サヴァンナ河沿いに続く昔の倉庫街のレンガ道やビルの壁に使われています。


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。