リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ ANAさん、それって。。。あんまりです!TOP日本滞在記 ≫ ANAさん、それって。。。あんまりです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ANAさん、それって。。。あんまりです!

 アメリカの木曜日の早朝から始まった旅は、セントレアに金曜日の午後6時頃の到着まで、およそ25時間。

 成田についたころには「へろっ」としていて、日本に着いた安心感からか、日本企業の「お客様を大切にする」姿勢を期待してか、航空会社カウンターでもあまり「びしっ!」と気合いが入ることはない。

 さて、今回はシカゴからとても快適な旅をしてきた。マイルを使ってビジネスクラスでの旅は、とーっても『得した』気分になる。懐具合と相談しながら旅をする私たちには、アメリカの航空会社に電話をした時点で「我が社の飛行機は満席なので、ANAでとります」と言われた時など、「ラッキー!」と小躍りしたくらいだ。

 ところが、成田空港で乗り継ぎの国内線カウンターでの会話は、いつもとちょっと違う感じで始まった。


 「セントレアまでの飛行機が70人乗りのプロペラ機なので、お客様のなかで荷物を宅急便で配送することに同意して頂ける方をお探ししておりますが、ご協力いただけませんでしょうか?送料はこちらのほうで、もちろん負担させて頂きます」

 「?。。。大きい方は、宅急便でも今週中に配達して頂ければ、大丈夫ですが..小さい方のスーツケースは、今日のせて下さい。」(でも、荷物をのせられないって?国際線からの乗り継ぎ客ばかりじゃないの!)

 「ご協力ありがとうございます。配達日など、ただ今確認いたします」

.....

 「あ、このキャリーオン(carry-on luggage 手荷物)は、ゲートで預けることになりますか?」

(注)アメリカ国内の場合、路線の飛行機が小さく、規定内の手荷物でも機内に持ち込めない場合がある。その場合は、ゲートで機内に入る前に係員が手荷物として預かり、飛行機の荷物入れに乗せる。乗客は飛行機を降りてから、ゲートを入る前に手荷物を受け取る。殆どの航空会社は、手荷物1個(とコンピューターバッグやハンドバッグ)は無料。

 「お客様の手荷物はこの飛行機には大きすぎますので、預けることになります。で、この場合、3つ目のお預かりと言うことで、料金がかかります」

 「えっ?!3つ目って?これは、手荷物ですけど。」

 「はい。でも、お預かりするのは2個まで無料なんです。申し訳ありません。当社の場合、100人のり以下の飛行機の場合、手荷物の大きさは○cmx○cmx○cmとなっております。」

「申し訳ありません」の役立たずの実例がこれだ!と思った私。ちょっと、「しれっ!」としている場合じゃない!と、思わず背中が伸びてしまった。。。。

 「あの、これはユナイテッドでも全日空さんでも、持ち込み手荷物の大きさの規定に入っています。機体の大きさは御社の問題で、乗客の私に機種によって規定が違うと言われても、こまります。スーパーバイザーの方と、お話をさせて下さい」
と、とっても丁寧にお願いしたのだ。

ちなみに、「慇懃無礼」ではなくて「かなりスジを通した、お願い」だと思う。

 「はい、あの、事前にこちらの方からご連絡申し上げるべきでしたが、大変失礼いたしました」

 「いえ、これはアナタが対処できない、というのは分かりますが、御社の国際線で来た乗客に、国内線は事情が違うと言う規定を当てはめるのは、フェアではないです。ちなみに、私は御社のカスタマーサポートとの電話で座席指定をしてもらいましたが、そのときにも荷物の制限の説明はいっさいありませんでしたから。」

彼女は困った顔をして、奥のオフィスに入って行った。

結局手荷物は、「1個は宅配便扱いなので、この手荷物は2個目としてみることにするので、無料で預かり」となった。

でも。。。やはり「ヘンな規則」だとおもう。


 国際線は手荷物で通すけど、乗り継ぎの国内線では「機体が小さきので、預け入れとして数える」って、どう考えてもフェアじゃない!


 ちなみに、ここで私が「フェアじゃない」と力説する理由は、外国人ならそう考えるはずだと思うから。

 全日空が、国内線も国際線もまとめて「手荷物の大きさ」を規定しているなら、たとえ1cmしか大きくなくても、会社としては「手荷物としては認めない」という権利がある。たかが1cmだろうが、「規則は規則」とつっぱねても、仕方がないとは思う。

 だが、「100人のり以下の飛行機で持ち込める手荷物の大きさはxxxxの大きさ、他の飛行機はYYYYの大きさ」。乗客に対して、飛行機の大きさをチェックしてから荷造りをしろ、というのは、あまりじゃないですか?



関連記事

Comment

編集
こんにちは。
もう、日本に行かれたのですねぇ。
それにしても、成田に到着早々、不意打ちですよね。。
お粗末さま。。
海外にいると日本人の変な行動原理が見につくようになります。
基本的には、日本人は幼稚なんでしょうね。国も個人も・・・
低いつもりで高い気位、厚いつもりで薄い人情、とか。。。
でも、めげずに日本を楽しんでくださいね。
人がいなければ「美しい国日本」ですから。。。
2010年10月17日(Sun) 02:58
編集
そうなんですよね~
融通のきかなさが、また日本でもあるんですよね~
最近、荷物の(日本ではキャリーバックが大流行りです)サイズがとても煩いのです。。
楽しい、懐かしい日本を存分に楽しんで下さいね!
やっと過ごしやすい気候になりましたから(^^)
2010年10月17日(Sun) 08:45
さっすがー!
編集
そこを"that's not my issue, it's your issue"ってそうやって
理路整然と言える人、結構いないんでしょうね。
だからそんなお役所的な規則を提示できる。
相手が悪かったですね、ANAさん・・・・つのは冗談ですが、
Kayさん、相変わらずカッコイー!

私も年末帰る時に、もしもの時用、このブログ印刷して携帯してこっと。
少なくとも飛行機キャンセルの時に、30メートルのラインが続いていようと
勝手にカウンターをクローズしたり、文句を言う客に
「イヤだったら乗らなくてもいいのよ」という態度で接する、
あの態度の悪いアメリカ人のおばちゃん達よりはましかな?

Kayさん、何はともあれ日本楽しんできてくださいねー!!!!
2010年10月17日(Sun) 16:12
編集
Kayさんの取られた対応は正論、正当ですよー。
で、結局無料になったんですよね?さすが日本!アメリカじゃこうはなりませんものっ。

筋の通らぬことは筋の通るように言う!
そう、言えばなんとかなるのさ!!あ~私も思う存分言える日本にやはり帰りたい。Kayさん、羨まし過ぎですよ~。
存分に楽しんできてくださいね!
2010年10月17日(Sun) 18:10
LaceyBlueさんへ
編集
成田について、びっくり!の旅でしたねえ。。。

私の手荷物は無料になったけれど、理由がやっぱりヘンですよね。
プロペラ機も、「飛行機博物館」においてありそうな、古色ゆたかなものでした。ただ、手入れはされていたので、きれいでしたけど。

私の旅は、いつもなにかしらの「ハプニング」があります。でも!まだ夏の名残の暑さはありますが、おいしいものを食べていますよ~!
2010年10月18日(Mon) 06:59
グラナ~ダさんへ
編集
最近、日本に来ると驚くことってありますねえ。。。
まず最初は、「10月なのに暑い!」ことでしたが、このカウンターでの一件で、しゃきっとしました(笑)

それにキャリーバッグというか、小さいサイズのスーツケース(ローラー付き)を、地下鉄などでもよく見かけます。旅行なのか、それとも「買い物」なのか?と興味津々になってしまう私でした。
2010年10月18日(Mon) 07:11
Hanakoさんへ
編集
生意気なヤツ!とおもわれようが、やっぱりヘンですよね?
でも日本の多くの方々は、私たち(勝手にHanakoさんも入れてます)のように、スーツケース2個+キャリーオンなんてことはしないのかもしれません。日本のスーツケースのサイズって、小さいように見えます。

> 「イヤだったら乗らなくてもいいのよ」という態度で接する、
> あの態度の悪いアメリカ人のおばちゃん達よりはましかな?

↑わかります!私の場合、トラブルの宝庫ですから。トラベルエージェントにも、「どうしてKayには、そんなにいろいろハプニングがあるわけ?」と呆れられています。

日本は、しっかり楽しんで帰りますからね~!今度会う時は、お土産話いっぱいですよ~!
2010年10月18日(Mon) 07:18
美佐ママさんへ
編集
日本の中で通じることなんでしょうけど、外から来ると「違った取り方になる」こともありますよね。

インターナショナルにビジネスをする場合は、マニュアルレベルのことを、国内と国外で変えてはいけないのだとおもいます。まさか、「飛行機の大きさ」をもちだされるとは思いませんでしたからね~。

宅急便のスーツケースも予定通り到着し、姪っ子たちはお土産をとりに来て、ご機嫌でしたね。あとは予定通り、楽しくおいしい日本を堪能して参ります!
2010年10月18日(Mon) 07:29
編集
旅行中にも関わらずブログアップするなんて凄いですね♪
Kayさんの言われていることは、筋が通っているので
ガンガン言うべきです!
誰かが言わないと改善されませんからね~
(同じことを言われたお客様も過去に絶対いる筈です)

季節の変わり目ですので、体調管理にはご注意ください・・・
2010年10月18日(Mon) 17:51
バニパパさんへ
編集
> 旅行中にも関わらずブログアップするなんて凄いですね♪
↑ いやいや、日本でつかえるデーター通信カードを借りたんですよ!
今のところサボっていますが、写真をとったらのせたいものね!という、「見栄っ張り」です。(笑)

名古屋は暑いですよ~!ちょっと歩いては、汗かいています。仙台は、もうすっかり秋の気配でしょうか?
た~のしみ~な東北まで、あと。。。10日もある。。。
2010年10月18日(Mon) 23:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。