リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 雪の八甲田TOP日本滞在記 ≫ 雪の八甲田

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

雪の八甲田

 小雨と強風の奥入瀬から十和田湖をあきらめて、この際とばかり八甲田へ行くことにした。奥入瀬の新緑もそれは鮮やかだけれど、やはり島では見ることのない紅葉には、四季の奥深さを思い知らされる。

DSCF1975_convert_20101105234944.jpg

 移りゆく四季があるゆえに、食や暮らしに「しつらい」という奥ゆかしい文化が生まれた日本をちょっと誇らしく思うのは、久しぶりに目にする自然の営みの中でこそ。。。。
DSCF1984_convert_20101105235114.jpg


 ところが奥入瀬から15分もJRバスで山を登ると、紅葉はすでにない。葉を落とした冬を待つばかりの木々が、霧雨の中、心もとない様子でたたずむばかりである。


 酸ヶ湯(すかゆ)温泉で、JRバスを降りて八甲田ホテルからのお迎えバスに乗り換える。このバス、多い時は15分ごとに往復しているんじゃないか、とおもうほどの働き者だと、あとから知った。

 威風堂々の酸ヶ湯温泉

DSCF1987_convert_20101105235218.jpg

 さて、八甲田ホテルはあまりに感動したので、別途書くことにして。。。

 部屋からの眺めは、もう冬の景色だった、この日
DSCF1990_convert_20101105235024.jpg

 午後3時ごろ、「やっぱり、酸ヶ湯温泉に行く!」と意を決して、オットに宣言。

 渋るオットには「一応、男性用と女性用に分かれたお風呂もあるけど、一回は体験すべきじゃない?歴史ある温泉だからさ!」と、「歴史」で釣ってみたのだが。。。

 結局私は、女性用の脱衣室で中の様子を聞いてみた。「今はついたてがあるから、安心しなさい!気持いいよ。大丈夫、湯気で何も見えないしね」(津軽弁だ~)と、オットにも説明したのだが、彼は決心がつかず、私だけがお風呂に入ることになった。

 まったく、こういう時にアメリカ人って面倒!とは思いつつ。。。湯船の中では「下北半島から来た」というおばちゃん(同じくらいの年かもしれないなあ...)の話に聞き入ることにあいなった。

 出てきた時には、NHKのラジオ体操なんて訳の分からないテレビの前に座って、(お風呂を堪能しているツマを待つオットの気持は測りかねるが)、汗の止まらないツマのためにそそくさと「冷たいお茶」を自動販売機で買って来る夫は、たいしたものだ!と、ヘンな所に感心してしまった。

 そして、夕食の時には雪も降り始めた。。。。

 一夜が明けると、部屋からの眺めは雪景色。。。
DSCF2011_convert_20101105235252.jpg

 11時40分のバス(JRバスは運休で、ホテルのバスで青森駅へ)まで時間があったので、ホテルから歩いて10分ほどの「まんじゅうふかし」まで、散歩することにした。

 雪が懐かしくて、そろそろ北部のコネティカットとかメイン州まで「雪見」ドライブをしたいと思っていた私たちには、絶妙のタイミング!とばかり、足どりは軽い。

 地熱で道のところどころは、雪も溶けている。
DSCF2021_convert_20101105235405.jpg

  「まんじゅうふかし」は、下から蒸気が上がっているところにベンチを置いてある。座っていると、お尻がぽかぽか。

DSCF2023_convert_20101105235425.jpg


 この日、八甲田ホテル周辺もロープウェイのあたりも、5mはあろうかと思われる長い竹を道路の脇に3mおきくらいに立てていた。これで、「道路幅はここまで」という標識になるらしい。

 青森駅までの山道を「ガンガン」走るドライバーのおにいさん(彼、イケメンでした!)の後ろに座って、「東北の人って、すご~い」と、あらためて感じ入った雪の日。


関連記事

Comment

温泉いいなぁー
編集
Kayさん あーぁ 温泉の湯気や 日本の風情が
たまりませ~ん。v-10 もう雪たくさんですねぇ
酸ヶ湯温泉貫禄ありますねぇー
スキーの後に 温泉よくよってたなぁー
雪景色の温泉は最高ですよねぇ。。。  
 
八甲田ホテルもまたまた楽しみにしてます。e-266



2010年11月05日(Fri) 14:42
きゃー!
編集
Kayさん、すごいすごいー!
紅葉と雪景色をいっぺんの旅行で見ることが出来るなんて、
やっぱりKayさんとJanさんの人徳なのよね!
私は秋田と福島のハーフなので、東北は結構足を運んでるんですけど、写真がキレイ!
十和田は高校生の時、十和田ホテルでバイトしたことがあります。
だから(強風で穏やかな湖面が見れなかったのは残念だけれど)
十和田湖の写真が見れてすっごくうれしかったです。
八甲田にも行かれた上、温泉にも入れたんですね!
うちのも温泉は躊躇するかもなー。でもJanさんもったいないことしましたね~!
(ってHanakoが言ってたって言っといてください)
Hilton Headのみんなに自慢できたのにー!!(笑)

それにしてもバケーション中なのに、こんなにブログをアップして
くださるなんて、感動!
余裕を持って旅行なさっているのが見えてうらやましいです。
また続きとリアルPictureは帰られてからゆっくり見せてくださいね!!
2010年11月05日(Fri) 15:51
編集
見事な景色ですね~♪
転職する前は、毎月のように
青森→酸ヶ湯→奥入瀬→八戸のコースを
車で走ってました!
私の東北で一番お気に入りのコースです。

ここ5年ぐらい行ってないので
とても懐かしく写真を拝見しました。
きれいに撮れてますね~
雪景色も最高です・・・
2010年11月05日(Fri) 20:58
紅葉&雪景色~
編集
わあ、紅葉も雪景色も、本当に奇麗~! 私達も昔、青森から
バスで八甲田山を通って、奥入瀬に行ったけど、酸ヶ湯温泉は
通り過ぎただけで、もったいなかったです。Kayさんのブログを
見て、今、主人と二人、すごく温泉に行きたくなっています!!!

ジャンさん、温泉、入らなくてもったいないなあと主人が言っていますが、
実は、カレ、最初の時、私がどんなに説明しても、決心がつかないで、
『マナーが分からない」とか『外人だから入っている人達に迷惑」とか
言って、深夜、誰もいなくなってから、こっそり入ったのでした。

それにしても、紅葉と雪、両方、楽しめて、お友達とも交流を深めて、
盛り沢山の最高の東北旅行ですね!
2010年11月06日(Sat) 01:25
yummyさんへ
編集
いいでしょっ!「日本てんこもり」って感じです。

紅葉と雪見を一気に、なんて贅沢でした~。

でも、スキーの後の温泉って、やっぱり日本人で良かったなー!と思いますよね。
2010年11月07日(Sun) 06:36
Hanakoさんへ
編集
Hanakoさんに喜んでいただけると、とーっても嬉しいです!!
いや、紅葉は狙ったけど、雪は驚き!でしたね~。

でも、十和田ホテルでアルバイトって、めちゃくちゃおしゃれじゃありませんか?すごーい!
十和田ホテルに泊まりたかったけど、十和田湖まで行っちゃうのもなんだし。。。と迷ったあげくの奥入瀬でしたが、ちょっと歩いたのはとっても良かったですよ~!

余裕をもって旅をするっていうか、日本人だったら「もったいない」って思う旅の仕方ですね。もっと詰め込んだら、たくさんまわれるのにって。

東京編では、「絶対行って、このレストラン!」というのをアップしますよ~

2010年11月07日(Sun) 06:56
バニパパさんへ
編集
> 青森→酸ヶ湯→奥入瀬→八戸のコースを
> 車で走ってました!
↑ これ、雪のためJRバスは運航中止だったんですよ~。でも、ホテルバスはすごい。ぶっ飛ばしますから。

酸ヶ湯温泉も、「絶対に、行って下さいね!」というバニパパさんの力強い言葉にのせられて。。行きました~

「すぃもきた半島の、むつから来たんだ~」というおばちゃんに、「酸ヶ湯温泉 今昔物語」をきいているのは楽しかったです。
今の「混浴」は、ついたてでしっかり仕切られてますよ~

2010年11月07日(Sun) 07:00
洋子さんへ
編集
12月に日本へ行かれたら、ぜひ温泉を楽しんで下さいね!伊豆半島にも、たくさん素敵な温泉宿があるじゃないですか!

酸ヶ湯温泉はだめだったオットですが、八甲田ホテルの温泉は堪能していました!!!
独り占めのうえ、雪見風呂でしたから。。。ものすっごくラッキーでした。

2010年11月07日(Sun) 07:04
編集
こんにちは~。

紅葉に、雪に、温泉に、日本の情緒タップリ
味わえましたね~。
酸ヶ湯温泉、よいところですよね。
オットさん、もったいなかった?

まんじゅうふかし。
私も行きたいです~!
(よく聞くけど、いったことがない)
2010年11月07日(Sun) 07:39
ラピスままさん!
編集
こんばんは!

東北は、どこに行っても温泉があるって感じですよね~。まんじゅうふかし、かなり楽しいです。流れている小川(?)の「熱さ」を知りたいと言って、手を突っ込んだオットは、すぐに「雪の中」に手を突っ込んでいました~(苦笑)


2010年11月07日(Sun) 08:20
ご無沙汰してます
編集
Kayさんの日本滞在記、楽しみに読ませてもらっています。
紅葉と雪景色が両方楽しめちゃうなんていいですね。
お天気はちょっと残念でしたけれど。
ホテルの記事、楽しみにしています。
2010年11月07日(Sun) 21:57
Sakulanboさんへ
編集
ありがとうございます!

紅葉と雪見が出来たのは、とってもラッキーでした!日本のおいしいものも沢山食べてきたし。
東京編では、「面白レストラン」もアップしてみますね!
後少しですが、楽しんで頂けたらうれしいです。
2010年11月10日(Wed) 10:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。