リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 八甲田ホテルTOP日本滞在記 ≫ 八甲田ホテル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

八甲田ホテル

 八甲田ホテルには、楽天やヤフーを使わず、直接予約を入れた。
チェックインしていると、やり取りを担当してくれた女性がフロントデスクまで出てきて、気持のいいご挨拶をいただいた。

 昔からの日本の丁寧なホテル、という印象である。たとえば大手町にあったパレスホテルや、ちょっと昔の帝国ホテル。
チェックインの時に「心地いい緊張感」をもって、上質な時間を予感させるたたずまい。ディナーのためにすこしおしゃれな装いを心がけたい、と思うような雰囲気のある空間。

 日本でも最大級の木造建築だという。コーヒーショップやダイニングルームなど、直径40cmはあろうかという大木で組んだ、ログキャビンのようである。(写真をとるのを忘れた~)

 ツインルーム(らくだ倶楽部サイトからの写真転載)。バルコニーにも出られる。清潔感あふれ、コンパクトにまとまったバスルームも、使いやすかった。
 pic_room_80685_01.jpg

 コースメニューがついたプランを予約。オットとワタシのメニューは、コースの種類を変更してもらったので、その一部をご紹介。

DSCF1992_convert_20101106093518_20101108215248.jpg
フォアグラのパテ、リンゴとオレンジと野菜添え


DSCF1993.jpg
真鯛のカルパッチョ風


DSCF1994_convert_20101106093535.jpg
栗の冷製スープ。氷の入った下のボウルには、バラのはなびら!

DSCF1996_convert_20101106093637.jpg
スズキのマッシュルームソース

DSCF1997_convert_20101106093657.jpg
口直しの赤じそのシャーベットと、リンゴのシャーベット

DSCF1998_convert_20101106093726.jpg
青森産牛肉のステーキ

DSCF2001_convert_20101108221606.jpg
リンゴのコンポートと自家製アイスクリーム

DSCF2002_convert_20101108222439.jpg
ナシのコンポートと自家製アイスクリーム、チョコレートソース

 雪の降る様を楽しみながら、おいしいものをちょうどいい量食べることができるというのは、とっても幸せなことだった。
 
 次の日の朝、青森駅までのバスは11時40分。バターたっぷりの卵料理と有機野菜のサラダやヨーグルト。焼き上がったばかりの自家製トーストと自家製リンゴジャム(お土産にゲット!)と、「あこがれの朝ご飯」
DSCF2005_convert_20101106093747.jpg

DSCF2006_convert_20101106093832.jpg


 さらに、ホテルの温泉は「酸ヶ湯温泉」と同じ源泉ときき、「朝の雪見風呂」。オットも、貸し切りお風呂から雪景色をながめる、という日本人でもなかなかできない、「贅沢体験」を堪能した。

 
 このあと浅虫温泉へ向かう途中でも、「もう一泊したかったねえ」と二人で盛り上がったホテルなのだ。こんな贅沢な旅は、そうそう出来るもんじゃない。

「特別な日」のために、残しておきたいホテルである。


 
関連記事

Comment

素晴らしい!
編集
何も言うことはありませんね(笑)・・・
ちょっとしたことなど何の気にもならないほど、この手のお宿は文句つけようがありません。細かい夫は別ですが(苦笑)・・・

料理もなんてきれいな盛り付け!そしておいしそうなんでしょう・・・。
どうか心ゆくまで満喫してくださいねー!

自分も散々いい思いしてきたくせに、いいな~なんて、更新を楽しみに見させてもらってます。
2010年11月08日(Mon) 09:44
素敵ですね
編集
素晴らしい、極上のホテルですね。
何しろ、美味しそう!!
東北の旅、ちょっと寒そうだけど、きれいな景色に、気の利いたおもてなし、
美味しい物で、うらやましいです。
2010年11月08日(Mon) 11:18
最高ですね~
編集
わあ、美味しそう~!本当に素敵なホテルですね~!その上、雪を
見ながら、ご主人も温泉を堪能したと聞いて、私達も嬉しくなりました。
今回も冬も温泉に行く時間はなさそうなので、Kayさんのブログを
見て、一緒に温泉に行った気分を満喫してます。ありがとう!
2010年11月09日(Tue) 00:37
編集
八甲田ホテル
素晴らしいですね
レストランの料理もすごいです
真鯛のカルパッチョ風
美味しそうです
2010年11月09日(Tue) 01:19
編集
あ~泊まりたい☆溜め息

八甲田ホテルは人気が高いけど
お値段も高いから、なかなか行けません・・・
ホテルもサービスも食事も
そしてブナ林に囲まれた立地条件も
最高ですね~♪
良い思い出になりましたね~

たった今、ぐるままさんがママになったと
連絡がありましたよ~(詳細不明)
2010年11月09日(Tue) 08:05
美佐ママさんへ
編集
ちょっと緊張感のあるホテルって、やっぱりいいと思うんです。レストランで食事をしても、食べている間はオットとリラックスして会話をたのしめる。ウェイターさん達が現れるタイミングも、ちょうどいい。
どこにいても、わいわいした雑音がないんですね。
若い時には、そういう愉しみ方ができなかったなあ。背伸びしていたところはあるのですが、でも「ゆとり」が無かったですね。

このコメント、もうシカゴから入れているんですよ~@!乗継ぎの待ち時間が4時間もあるんです。。。島は、遠いわ~!!!

2010年11月10日(Wed) 10:44
Salieさんへ
編集
おひさしぶりです!
お仕事が一息ついたら、ぜひ日本の温泉をお勧めします!
カラダ全体がこっているって感じが、す~っとひいて行きました。
2010年11月10日(Wed) 10:48
洋子さんへ
編集
>一緒に温泉に行った気分を満喫してます。ありがとう!
↑ いつか、日本で温泉旅行しましょう!

もうシカゴについてしまいました。待ち時間が長いのですよ~。朝の7時50分について、次の便は1時ごろです。こういうときに、島の不便さを感じますね~。
2010年11月10日(Wed) 10:51
ryuji_s1さんへ
編集
八甲田ホテルは、季節を変えて訪れたいホテルですね。
どのお料理も、味の変化が楽しかったです。

これからも、おいしいイタリアンを拝見するのにお邪魔しますね!
2010年11月10日(Wed) 11:04
バニパパさんへ
編集
あ~!泊まって下さい。
これは、自分で稼いだご褒美とか記念日にとっておきの、ホテルだと思うのです。
だから子どもたちは、泊めちゃいけませんよ。「大人になってからの、贅沢じゃ!」と、お留守番です。

このホテルに、セントバーナードがいるんですって。今は3代目で、代々「フジコ」という名前なのだそうです。まだ3ヶ月くらいなので、会えませんでした。(涙)

でも、青森から八甲田、八戸への道を仕事て走ったなんて、贅沢なドライブでしたよね。。。いいなぁ!
2010年11月10日(Wed) 11:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。