リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ JR ワンマン電車TOP日本滞在記 ≫ JR ワンマン電車

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

JR ワンマン電車

 八甲田をあとにして青森経由浅虫温泉へ行った訳だが、おどろいたのなんの。。。

JRのワンマン電車!

 青森駅で「普通(各駅停車)電車」のホームへおりると、人がたくさん乗った2両編成の電車は止まっているが、扉が閉まっている。

 「おいっ!これは違う電車なのか?」と思って、行き先を確認しても、私たちが乗るはずの電車なのだ。

よくよく見ると、ドアの横に「乗車するときは、ボタンを押して扉を開ける」と表示がある。

「ボタンを押して、ドアを開けるのか~?」

 で、乗ったら「ボタンを押して、ドアを閉める!」 


ドアの上には、こんな「使用上の注意」が掲げてある。

DSCF2026.jpg

そして、運転席の後ろには「料金箱」
DSCF2027_convert_20101106093931.jpg

バスと異なるのは、

「電車は必ず駅で停車する」
 無人駅の場合は、「一両目の、運転席の真後ろのドアしか開かない」
「降りる人はお金を払ってから扉を開いて、降りる」

 浅虫温泉駅は、「スーパー津軽」停車駅で、駅員さんも一人いる。

 駅前には、「足湯」があって、駅の構内の観光案内所でタオルも貸してくれる。

DSCF2041_convert_20101111021916.jpg

 そんなのどかな浅虫温泉では、殆どの宿が駅から歩く距離にある。到着した日は雨だったので、宿から迎えが来てくれた。

 DSCF2028_convert_20101106094008.jpg
 昔の風情がのこる、辰巳館。宿泊は新館で、陸奥湾を臨む部屋になる。


DSCF2035_convert_20101106094038.jpg
 典型的温泉宿料理はお膳で供される。名物ホタテ焼き(一人3個!)をつけてもらったが、かなり大きい。お刺身は身がしまっていて口の中でコリッと感じる程の、マグロとぶり。事前に「貝類や高級海鮮はさけてほしい」とお願いしたら、青森牛のしゃぶしゃぶに変更してくれた。

 夜は、大型ホテルで無料の「津軽三味線コンサート」(45分くらい)があったのだが、これは三味線を聞いたことが無いオットも十分楽しめるコンサートだった。
 
DSCF2037_convert_20101106094101.jpg
 次の朝の、部屋からの眺め。国道が海沿いを走っているのが、ちょっと残念だったが。

 この日、10時前のスーパー津軽で八戸までおよそ45分。普通電車でいくと、なんと!1時間半なのだ。

 電車の時間まで、温泉街のすぐ後ろにある公園まで、足を伸ばした。途中「温泉水を飲める」ところや「温泉たまご」をつくる(たまごは持参する)ところを通る。道の脇のところどころで、湯気が出ている。
 日本の典型的な温泉を訪れたのは、私も20年ぶりくらいだ。

 温泉、津軽三味線、ワンマン電車まで楽しめた浅虫温泉。けっして洗練されたサービスではないけれど、古き良き日本、という感じの小さな温泉まちだった。





関連記事

Comment

編集
Kayさん
青森 美味しいものがいっぱい楽しそうです

コメント有り難うございます、
3ヶ所に応援しました、
2010年11月10日(Wed) 17:46
編集
昔ながらの温泉宿の風情、いいですね~!それに、やっぱり食事が美味しそう~
シカゴの待ち時間にお返事ありがとうございました!このコメントを見ている
時は、もうヒルトンヘッドですね!長旅の疲れ、ゆっくり癒してくださいね!
2010年11月11日(Thu) 01:41
編集
無事、自宅に到着されたのですね!
長旅お疲れ様でした~☆
それにしてもブログ更新されるなんて
凄いです。
Kayさんパワフルですね~(笑)

風情のある旅館ですね・・・
いかにも東北をイメージするような感じで
バニパパ好みの旅館ですよ~♪

ゆっくりとお休みください・・・
2010年11月11日(Thu) 06:54
編集
浅虫温泉、昔職場の研修で行ったことありますが、
昔ながらの温泉街という感じで、いいですよね~☆

ボタンを押してドアを開けるシステムは、宮城県のJRでも結構普通だと思っていました~(;´∀`)
でも料金箱はさすがに無いですけどね~

カニにホタテに青森牛!!すご~く豪華ですね~(*´ω`*)
2010年11月11日(Thu) 07:43
きゃほー!!!
編集
アメリカから日本に遊びに来てる日本人視点でレポートしていただいているので、
自分がその場にいるような臨場感があってすっごく楽しんで見ています。
八甲田ホテルもすごかったし、つか、こんな言葉で表現して終わっていいのか、
って感じのProfectionsmで、感動・・・・

朝のオムレットの焼具合にマジで感動しました。
あれは卵漉さないとできないし、アメリカのホテルではおめにかかれないなあ・・・
オリエンタルホテル並。

それにしてもJanさんってKayさんと結婚できてよかったよね。
そうでなきゃこんな含蓄のあるホテルに次から次へと泊まってこんないろんな経験できないもの・・・・・
って、これ、オットにもいってやってね、来年!!(笑)
2010年11月11日(Thu) 20:15
編集
こんにちは~。

↓八甲田ホテルもとても素敵だけど、こういう温泉旅館もいいですね。
お料理も豪華。おいしそう~。
浅虫温泉、行ってみたいです。

ラピス地方の冬の電車もボタンを押して開けるんですよ。
料金箱はありませんが・・。
2010年11月12日(Fri) 09:15
京都にもありますよ。
編集
京都でも、嵐電は、ワンマン電車なんで、こんな感じですね。

それと、JRでも、嵐山嵯峨野線は、冬になると、冷えた空気が中に入らないように、
自分でドアは開けてました。
降りる人が居ない時は、ドアを開けないんで、暖かいし、
降りる人が居る時も、ボタンを押して、すぐに閉められるんで、
省エネでもありますよね。
2010年11月12日(Fri) 12:23
ryuji_s1さんへ
編集
お忙しいところ、ありがとうございます!

青森をはじめ、東北はおいしいものが沢山ありますよね。久しぶりに、いろいろな食を堪能しました。新鮮でおいしいもの、地のものでおいしいもの、手をしっかり入れておいしいもの。。。
あぁ~、幸せだ!と、何回も思いましたもの。
また、お邪魔いたしますね!
2010年11月12日(Fri) 19:46
洋子さんへ
編集
今回は、「これでもか!」っていうくらい、いろいろな日本の表情を見ることができました。まだまだ東京編もありますので、お楽しみに!
2010年11月12日(Fri) 19:59
バニパパさんへ
編集
> 無事、自宅に到着されたのですね!
> 長旅お疲れ様でした~☆

↑ いや、シカゴ空港で5時間待ちだったのですよ~。あまりの暇を持て余して、ブログ更新です。返事しなきゃいけないメールもあったけど。。。

> Kayさんパワフルですね~(笑)
↑ なので、お休みしていました。。。ははっ!全然パワフルじゃないですね。水曜日の夜、家に着いたのですが、今日は一日眠かったです!

「辰巳館」さんは、地方の旅館って感じです。お風呂も小さめでしたが、夜は一人で露天風呂占領です!海風が冷たかったので、そのあとまたお風呂に浸かっていたら、ぽっかぽかになりました。

> ゆっくりとお休みください・・・
↑ありがとうございま~す!
2010年11月12日(Fri) 20:05
ルナ姉さんへ
編集
えぇっ!会社の研修で、温泉なんですか?東北って、そういう土地柄?いいな~

ボタンでドア開けるって、普通にあることなんですね。。。日本って広いな~って思いますよ。実は、JRの各駅停車に乗るのって、ほとんど経験してないんです。でも、何となく楽しかったですよ、この電車。
あたふたした感じがまるっきり無いですもの。

2010年11月12日(Fri) 20:09
いやぁ~、Hanakoさん!
編集
褒め過ぎですって。。。。ありがとうございます!

八甲田ホテルのオムレット、感動です。思いっきり真ん中を切ると(どこでもいいけど)、トロ~っとしたスクランブルドエッグ状のたまごがプルプルって震えるんです。このへん、グルメ雑誌の記者だったらどう表現するんだろう?
ケチャップ出してくれたけど、そんなものいりませんって。たまごを濾して作っているのですね。。。感動だわ。自分じゃ絶対作れない、オムレットです!(オリエンタルホテルにいってみたい!)
オットのスクランブルドエッグも、下に薄切りトーストを敷いた、ぷっくりポテッとした、バターたっぷりエッグでした。おっと、卵料理の話で、一人で盛り上がってしまいました。

> それにしてもJanさんってKayさんと結婚できてよかったよね。
> そうでなきゃこんな含蓄のあるホテルに次から次へと泊まってこんないろんな経験できないもの・・・・・
↑ これ、今度遊びにいらした時に、「絶対に」言ってやって。本人かるーく「楽しかったね~」とか「良かったね~」とか言ってるだけですから。

> って、これ、オットにもいってやってね、来年!!(笑)
↑ 協力しますから!(爆)
2010年11月12日(Fri) 20:18
ラピスままさんへ
編集
こんばんは!

友人のお勧めは、乳頭温泉でしたが、「あし」が無ければいけないところですよね。で、浅虫温泉になりました。
津軽三味線を見に行ったのは、歩いて2分くらいの処にある大型ホテル、最上階(だとおもう)から海を見渡す大浴場付きってところでした。
夜は海は見えないしね。団体客も多そうだったので、この宿でよかったです。夜は一人で露天風呂!です。

> ラピス地方の冬の電車もボタンを押して開けるんですよ。
> 料金箱はありませんが・・。
↑ ラピス地方、雪がおおいとか?寒いから?でも、ボタンでドアを開閉って、珍しくないんですね。
感動したのにな~
2010年11月12日(Fri) 20:22
Salieさんへ
編集
> 京都でも、嵐電は、ワンマン電車なんで、こんな感じですね。
↑ 嵐電、忘れてました~。乗ったのは、もう20年くらい前だけど。。。

でも、確かに寒い地方では「ボタンで開閉ドア」って、正解ですよね。
都会の電車の「乗り換え/乗継ぎ」のために、真夏や真冬にドアを全開にして3分停車、なんて腹立ちますもの。。。


2010年11月12日(Fri) 20:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。