リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ ポットロースト 冬の定番料理TOPごはん&おいしいもの ≫ ポットロースト 冬の定番料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ポットロースト 冬の定番料理

 寒い冬の日、オットは「ポットローストが食べたい~」とのたまう。

 家庭料理の定番、オーブンで3時間くらいローストする肉料理である。まあ、丸ごとのかたまり肉なら、ポークでもチキンでもいいのだが、我が家では「チャックロースト(chuck roast)」と呼ばれる牛の肩肉のかたまりを使う。

 この部位は、日本ではすき焼きとかロースステーキとして使われるんじゃないだろうか。アメリカでは手頃な価格なので、シチューやカレーの「ごろごろ」した肉を味わいたい場合にも使える。

 さてこのかたまりが、3ポンド(1.4kg弱)でスーパーマーケットの精肉コーナーで切ってもらった大きさ。

DSCF2250_roast.jpg


 焦げつき防止に、私はタマネギ1個を4つくらいに切り、さっと炒めた上に日高昆布をおいて、その上に全面塩こしょうしてから焼き付けたかたまり肉を置く。。。。間違いありません。わが家の煮込み料理とスープストックには、日高昆布が入ります!

 タマネギ4個くらい、にんじん4本くらい、赤ピーマン1個、あればセロリ2本くらいを大雑把に切って入れる。家庭料理というのは冷蔵庫の掃除料理だと思っているワタシの場合、実に適当。

DSCF2251_roast2.jpg


 ちなみにこの鍋は、ル・クルーゼの直径28cmの大きさ。ビーフストック+赤ワインをカップ1ほど入れて沸騰したら、できれば灰汁をさっととる。蓋をして325℉(約160℃)のオーブンにいれたら、後は3時間半まつだけ。
 
DSCF2254_roast3.jpg

 これで2時間くらい。一応、焦げていないか確認して、スープに肉が浸かるようにひっくり返しておこう。

DSCF2255_roast4.jpg

 出来上がり。タマネギはとろとろ、お肉もナイフがいらないくらい柔らかくなる。

DSCF2257_roast5.jpg

 鍋に残ったスープには水を少し足して沸騰させ、鍋底の焦げ目もこそげとる。ハンドブレンダーでしっかり混ぜ合わせて、グレービーソースとしてローストと一緒に出す。

 じゃがいもは、最後の1時間くらいにオーブンに入れてほかほかのベイクドポテトをつくる。ポットローストの中に入れる家庭もあるが、私はお皿の脇において、ソースや肉をからめて食べる方が好きだから。

 サラダをつければ、寒い日にぴったりの夕ご飯。使い回しプランも、併せてご紹介しておこう。

残ったローストは、サンドイッチの中身になったりビーフと野菜のスープになったり、最後はシェパードパイ風になって冷凍庫へ。

 シェパードパイ風は全部の材料を適当な大きさに切って、フライパンでさっといためる。冷凍グリーンビーンズも投入して、最後に残ったソースを少し回しかける。冷凍するのが目的なので、キャセロール型にアルミフォイルを敷いて、中身を入れる。

DSCF2258_roast6.jpg

 一緒に作ったベイクドポテトまたは新しいジャガイモでマッシュポテトを作り、肉と野菜の上におく。マッシュポテトは必ず熱々ポテトをマッシュすること。

DSCF2260_roast7.jpg

 キャセロール型に入れたまま、冷凍庫へ入れる。硬くなったらキャセロール型から取り出して、しっかりアルミフォイルで包み、ジップロックバッグに入れて冷凍庫へ。

DSCF2262_roast8.jpg


 シェパードパイ風を供する時の、大事なポイント
凍ったままのパイのアルミフォイルをはがして、もとのキャセロール型にいれる。カバーをかけて冷蔵庫で解凍するか、レンジ解凍する。
 マッシュポテトの上にバターをちょっとのせて、350℉(約180℃)のオーブンで30分程焼き、焼き色のついた熱々を供する。
 これで、誰も「冷凍してあったビーフパイ」だとは、気がつかないはず。

 寒い日の、あったかなオーブン料理。手抜き料理ばんざい!




 


関連記事

Comment

わーい、一番乗りだ~!
編集
Kayさん、コレ、美味しそうですね~!!!
なんてっても鍋に料理させちゃうってのが魅力的!
ビーフストックはどのメーカーのをお使いですか?
以前、スーパーのカウンターで、紙パックに入ったものを
使ったんですけど、全然ストックの味が良くなくて
それ以来挑戦してません。
シェパードパイも小説でしか見たことないや~
カッコいいなあ、日常的に作ってるなんて。
これって、冷凍パイに入れて冷凍してもOKですか?
また少ないレパートリーがKayさんのおかげで増えました!
2010年12月19日(Sun) 20:49
編集
おいしそ~!!
冬はオーブン料理や煮込み料理がいいですよね~。
私も挑戦してみようかな。
(実践するかどうかは別・・)
ルクルーゼのお鍋はオーブンにも入れられて便利ですよね。
私も愛用しています。
2010年12月19日(Sun) 22:48
Kayさんちの
編集
手抜き料理って、全然手抜きに見えないんですもの~e-420
Shepherd's pie、なっつかしい~っe-349
イギリスではcottage pieとも呼んでましたが、美味しいんですよね。
そう言えば、日本で作って食べたことないですe-351
マッシュポテトだけはよく登場するんですけど(笑)
付け合わせとかで、マッシュポテトだけ作るときって、私がやると
「なめらかさ」がでないんですが、何かコツとかあるのかな~と
いつも悩んでます。。。

>>そして、どんなに言葉を尽くしても外国人オットに
説明できない「日本語」にイライラしたとき、「私は日本人だからねっ!
アナタには、風流ってものが分からないのよっ!」と投げやりになる替わりに、
この本を横目で見ては、「ふっふっふっ、君たちには分からないだろうねえ
。。。」と心の中でつぶやくのである


あっぱれ、Kayさんe-420!!!
そうそう、日本語の素晴らしさ、日本人女性の素晴らしさ、
奥ゆかしさ(笑)を理解していないダンナを見ていると、私もそう思います!(笑)
2010年12月21日(Tue) 03:04
編集
Kayさんは料理上手ですね♪
Janさんが羨ましいです。
ナイフがいらないお肉を食べてみたいな・・・e-349
夕ご飯を食べたばかりだけど
お腹が空いてきたよ~グルルルル

今日、受けとりました♪
とっても感激しました!!
バニパパしあわせ者です・・・
2010年12月21日(Tue) 06:04
編集
ども、ひでのです(`・ω・´)

ポットローストはドイツに出張してた時に
向こうで仲良くなった先生宅で何度かご馳走になりました^^

てか、牛じゃなくて豚でしたけど(`∞´)ブヒッ

お返しにね、トンカツを作ってあげたんですけど
ドイツのキャベツって千切りにしても固かった^^;

シェパードパイは
クリスマスが近くなったなぁって感じ(笑)

まぁ、これは実家住まいの頃だけで
今はシェパードパイとは縁遠いですσ(^_^;)アセアセ...
2010年12月21日(Tue) 07:39
Hanakoさんへ
編集
> Kayさん、コレ、美味しそうですね~!!!
> なんてっても鍋に料理させちゃうってのが魅力的!
↑ そう!側で見てなくてもいいって、最高です!(苦笑)

> ビーフストックはどのメーカーのをお使いですか?
↑ ビーフストックは、自分で作ったり買ったりしてます。例えばポットローストのグレービーを小分けにして冷凍しておいて、必要な時に水で薄めてみたり。スタンディングリブローストやチキンのロ-ストした時も、お皿に残ったグレービーと残りの骨で、スープ作っておくとかね。だから、家のグレービーには、小麦粉は入りません。(苦笑)
はい、使い回しのために料理しているようなもんですから!

> シェパードパイも小説でしか見たことないや~
> カッコいいなあ、日常的に作ってるなんて。
> これって、冷凍パイに入れて冷凍してもOKですか?
> また少ないレパートリーがKayさんのおかげで増えました!
↑ シェパードパイって、多分ラムで作るんですよね?とそんなことも知らずに、偉そうに「シェパードパイ風」って言っているんですけどね。

冷凍パイにいれるのは分からないんだけど、soggyになるんじゃないかと、試したことはないんです。
基本的に『作り置きのため』なので、キャセロール型に形を作って冷凍しておけば「重ねて保存」ができるな、と。家では、twice baked potato のキャセロールでも同じことをしてます。

Hanakoさんにレパートリーがない、なんていわれちゃあ、私としてはとっても料理写真はのせられませんって!私はHanakoさんを「師匠」と仰いでおりますからね~!!
2010年12月21日(Tue) 09:57
ラピスままさんへ
編集
オーブン料理、冬には重宝ですね。

ただラピス家でオーブン料理をすると、ラピちゃんとる~たんが、オーブンの前から動かないと思うなあ..
ル・クルーゼ、重宝ですが「重たい!」のが難点ですね。この鍋を持ち上げるために、腕力の強化が必要です!(苦笑)
2010年12月21日(Tue) 09:59
TCさんへ
編集
お久しぶりです~!!!お元気ですか!!!
> Shepherd's pie、なっつかしい~っe-349
> イギリスではcottage pieとも呼んでましたが、美味しいんですよね。
> そう言えば、日本で作って食べたことないですe-351

↑ ねねっ!イギリス料理ですよね?!(と今頃確認してどうする?)cottage pieって、なんだかかわいい感じがしますね。イギリスだと、羊肉ですか?本物には何が入るんだろう?こんど、レシピを教えて下さい!

ものすごーい偏見なんですけど、イギリス人=ラム、というイメージなんです。で、私はラムに関して全く料理を知らないので、こういう「めちゃくちゃいい加減」な「余り物なんとかしなくちゃ料理」ができてしまう。(苦笑)

> マッシュポテトだけはよく登場するんですけど(笑)
> 付け合わせとかで、マッシュポテトだけ作るときって、私がやると
> 「なめらかさ」がでないんですが、何かコツとかあるのかな~と
> いつも悩んでます。。。

↑ マッシュポテト、アメリカ人は「ハンドミキサー」で「ガ~ッ!」ってやってます。私が言うのもなんですが、「熱々ポテトをマッシュする」というのが第一だと思うんです。個人的にはハンドミキサーを使うと、starchyになっちゃうと思うので、手でかき回してます。(ハンドミキサーを使う時間が短ければいいかもしれませんね)
あと我が家のマッシュポテトは、水の替わりに2%ミルクで煮て、バター、クリームチーズかサワークリーム入りになります。バターもチーズクリームも、お芋の温度を下げないように室温です。
え?コレステロール?それが何か?ってくらい、高カロリーでございますよ~!!

> そうそう、日本語の素晴らしさ、日本人女性の素晴らしさ、
> 奥ゆかしさ(笑)を理解していないダンナを見ていると、私もそう思います!(笑)

↑同感!!まあ、「奥ゆかしさ」って日本語を考えると、お尻の座り心地が悪くなっちゃいますね(爆)
2010年12月21日(Tue) 17:49
バニパパさんへ
編集
> Kayさんは料理上手ですね♪
> Janさんが羨ましいです。
↑ これ、大きい声で怒鳴ってやって下さい~!!!上手かどうかは置いといて、ですが。(苦笑)

日本でおいしいものを沢山食べたのに、残念なことに私の舌が「美味しいおだし」とか自信がないんです。なので、お味噌汁をつくっても、「なんだか薄い」とか「コクがない」と、不満が募ってしまいます(泣)

今年一年、本当にバニパパさんにはお世話になって、ありがとうございました!!
これからも、よろしくお願いします!

2010年12月21日(Tue) 18:16
ひでのさんへ
編集
ひでのさん、こんばんは!

ドイツは豚になるんですね!やっぱり、ところ変われば。。。ドイツだと、多分付け合わせにおいしいジャガイモがつくんだろうなあ。。。

でも、ひでのさんが「お返しにトンカツ」ってところが、またまたいいですよねえ。。。なんか、かっこいいです。でも、キャベツが硬いって、わかります!アメリカの(というか、島の)キャベツも硬いんですよ。
切り方を変えてみても、やっぱり葉っぱが硬いんですね。

しかも、千切りにできるツールが「千切り」っていうより「10本切り」って感じの厚さなので、包丁で切っている私です。苦手なんですけど、背に腹はかえられない。せめて「700本切り」くらいの繊細さを出そうとがんばっているんです。

> シェパードパイは
> クリスマスが近くなったなぁって感じ(笑)
↑ これも、お家によってクリスマス時期の料理に思い出がありますよね。私の母は、チキンの丸焼きでした。
今実家にはオーブンすらないですから、ちょっと寂しいかな。

ひでのさん、お母様がお越しの時にシェパードパイを作って頂いたら?
2010年12月21日(Tue) 18:24
編集
KAYさん
みなさんにお返事を書かれたあとなのに、
出遅れてすみません、、、。

KAYさんのお料理、マッシュポテトを作るとき、
ミルクを常温にしておく、、とか
とっても勉強になります!

質問させていただいてもいいですか?
オーヴンは何を使ってお掃除されていますか?
KAYさんのお宅、オーブンも綺麗!

KAYさん、なんでもちゃちゃっと手際よく、そして
毎日を楽しまれていらっしゃるんだろうなあ、、、!

2010年12月22日(Wed) 17:00
でゅーママさん!お久しぶり~!!
編集
私こそ、でゅーママさんの「グルメディッシュ」の数々を拝見する度に「お家で、こんなかっこいいお料理を作って食べられたら、ものすごく幸せだろうなぁぁぁぁ」と、よだれ流しています。

> 質問させていただいてもいいですか?
> オーヴンは何を使ってお掃除されていますか?
> KAYさんのお宅、オーブンも綺麗!

↑ オーブンに、「self cleaning」っていう機能がついているんです。オーブンのドアをロックして、高温で4時間ぐらい「焦げ目など、全部焼き切る」って、実にアメリカ的な機能なんですけど、これを年に1回か2回やります。基本的に、キッチンが暖かくなる程の高温なので、冬にやります。
で、オーブンの中の温度が下がるとロックも解除できるので、焼かれて底に落ちた「灰」を拭き取るだけです。
全然、参考になりませんよね、すみません。ここまで手抜きです。。。(恥!)


いやぁ、ぜんぜん手際よくないです。一皿料理ばっかりだ~と、反省することしきりです。(爆)
2010年12月22日(Wed) 19:48
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010年12月22日(Wed) 19:50
カギ付きコメントさんへ
編集
いつもお忙しいところを立ち寄って下さって、ありがとうございます!

メリークリスマス!


2010年12月24日(Fri) 17:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。