リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 初体験 ERTOPアメリカ生活 ≫ 初体験 ER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

初体験 ER

 マーティン・ルーサー・キング牧師の記念日で、学校や郵便局、政府機関は休日の今日。

 アメリカ生活はじめての、ER体験記だが、なんとも後味が悪い。
これまで付き添いとか、義理母を連れて行くという経験はあるのだが、自分がお世話になったのは、初めてである。

ちなみに、受付から会計まで1時間足らず。

 理由は。。。恥ずかしくって言えたもんじゃないが。。。「ミシンのハリが、ツメ側からささった」

 はっきり言って、指も、財布も、気分も!痛い!

 バケーションハウスの新しいクッションを縫っていたら...オットが何か話しかけてきた拍子に、全然注意してなかったわけだが、オットはまた自分が悪いと思って(その通り!)、おろおろするばかり。

 ミシンの針をペンチのようなもので切って、近くの「アージェント ケア(Urgent Care)」へ向かうが、休診。仕方がないので、病院のER(エマージェンシールーム;救急センター)」へ向かった。

 指に「麻酔の注射」をして、ペンチで針を抜いたら、あとは化膿止めをぬってバンドエイドを貼るだけ。一応、抗生剤はでるのだが、それだけ。

 だいたい、麻酔注射の針の穴がこんなにでかいって、どういうことよ。。。人差し指なのに、親指の太さになった。
 snap_resortstylehhi_201111155133.jpg

 ドクターいわく、「針は骨で止まったから、ちょっと骨に傷がついたと思うけど、どうってことないからね。ちゃんと血もだしたから、ツメと皮膚の間もきれいだし。指の麻酔は6時間くらい効くから、やけどしないように。抗生剤を5日間のめば、大丈夫だから」

  ぱっと見た目、これだけのこと。
DSCF2435_h3.jpg

「はい、会計しめて$1062です。保険会社は250ドル負担するそうです」

 こういうとき、アメリカの「健康保険制度」のあほらしさにため息が出る。「病院施設使用料」というのが、半端ではない。ベッド、注射器+注射針、バンドエイド代までかかる。

 ちなみに我が家の「医療保険」は、オットが退職した会社の保険を使っている。
年間1000ドルまでは、自己負担。それ以降5000ドルまでは保険会社が80%(自己負担20%)支払うことになる。

 今回の請求金額は。総合計$1330程だったから、1000ドルの自己負担額。のこり$330弱は保険会社が80%、家が20%払うと言う訳である。

 まったく1時間にもみたないER滞在と、バンドエイドで終った傷を見て、「病院なんか、いくもんか!」と思う訳である。

 
 アージェントケアとERと、かかりつけ医師
 Urgent Care アージェントケア;予約無しで急病などに対応するドクター。怪我などにも対応するため、レントゲン施設などもあることが多い。
 ER(イーアール、エマージェンシールーム);救急車を呼ぶと、ここへ連れて行かれる。病院に付属なので、24時間365日営業。ただし、救命センターが付属する場合とない場合がある。
 Primary Physician プライマリーフィジシャン;かかりつけの医師。いわゆる一般内科が多い。アージェントケア、ERともに、「プライマリードクターは誰か」を聞かれる。データは、このドクターに送付される。



関連記事

Comment

編集
KAYさ~ん
指先って痛いっすよね~。
でも、神経も大丈夫そうですし、つめも大丈夫だったのですね。
よかった~。

アメリカの医療保険制度って高いですね~。
NZはACCという制度があり、何の国籍でも
怪我は治療費ただなんですよ~。
例えば、大金持ちのアメリカンがスキーで骨折したら、
ヘリ搬送、レントゲン、治療費(手術も)その後のギプス交換も
全て無料なんですよ。
その代り、裁判は起こせないのですが、、。
ACCにお金が行き過ぎるので、
NZは貧乏なんではないかと、にらんでいるでゅーママです。

長くなってすみません。

お大事に~。
2011年01月17日(Mon) 21:33
見ただけで痛いです
編集
大丈夫ですか?
指先は痛みに敏感だからミシンの針なんてささったら
ものすご~く痛そうです。おまけにお財布も痛いなんて、
どうかお大事になさってくださいね。
2011年01月18日(Tue) 00:26
それは痛い!!
編集
あららラー痛いですよねー。
指は勿論、お財布も、、、、、

そうなんですよね、何故だか、こういう事って、
週末やお休みの日に、起こるんですよねー。
それで、更に追加料金、トホホホ、、、お気持ち察します。

でも、大事にならずに済んだのと、
待ち時間がERで、そんなに短いのは、ここら辺では、奇跡です。

どうぞお大事に、
2011年01月18日(Tue) 00:56
編集
もう、想像しただけで鳥肌が立ちます…。
おまけに麻酔注射を指の付け根に…、超痛そう…。

それにしても、診察料がバカ高いですね!
アメリカでは皆そんな高い料金を支払ってるんですか?!
それとも今回のkayさんの治療が特別だったとか…?

お大事に。
2011年01月18日(Tue) 03:16
編集
ひょえ~~~っ(汗)
何もかもビックリしました・・・

でも、一番驚いたのは
Kayさんの指に輝くv-353
ダイヤモンドで~す♪
2011年01月18日(Tue) 06:47
編集
ども、ひでのです(`・ω・´)

めちゃめちゃ痛そうです(/TДT)/あうぅ・・・・
てか、針に釣り針のような反しがなくて良かったですよ^^

でも、指先は麻酔が効き辛い & 
そこの近くに麻酔をすると腫上がっちゃって処置しづらいですからね^^;
ERとしては指ブロックは適切なのかもしれませんねσ(^_^;)アセアセ...

ひでのが数年前に、釣り針を指に貫通させた時には
かなり細めの針でキシロカインを皮線上皮下注入の後に
指ブロックだったので
麻酔ではそこまでの痛みは無かったのですが
先生曰く、あまり一般的な方法ではないようです^^;

とにかく、お大事に^^
2011年01月18日(Tue) 07:30
でゅーママさんへ
編集
えぇ~!!!NZに引っ越したい!そうしたら、でゅーママさんの近くに住んで、おいしいものをごちそうになりにいきますし、病院関係も安心ですし~。あ、ご迷惑?やっぱり。。。

ところで指先、めっちゃ痛かったです。麻酔は、今朝の4時になっても効いていました。
が!今日は、麻酔の針の痕が腫れているので、指が曲がりません。なんてこっちゃい!

2011年01月18日(Tue) 10:24
Sakulanboさんへ
編集
指先って、もう「ジンジン」って感じですね。

これまで、「なんでミシンの針が刺さるわけ~!きゃははっ!」と笑っていたのが、バチが当たったのね。。。と反省ですね。
しかし。。。今は指より財布が痛いです。とほほ
2011年01月18日(Tue) 10:27
salieさんへ
編集
ナースのSalieさんには、「そんなことでERに来るんじゃない!」と叱られるかと思いました。(苦笑)

で、アージェントケアなら、ホスピタル程料金がかからないし、早いし。。。と思ったらお休み。まったく、とほほ。。。でした。

やはり島は人口も少ないせいでしょうか、田舎暮らしのいいところ。
それでもロビーには「風邪ひき」とか「何しにきたの?」と思われる家族連れとか、たむろ(?)していました。多分、医療費無料でかかる人たちですね。

2011年01月18日(Tue) 10:33
leonaさんへ
編集
いまでは、指より財布が痛いです~!!!

アメリカの医療費って、「あほらし~」と思いますよ。日本でも医療費高騰、なんて言ってますけど、かわいいものですね。
アージェントケアに行こうとした理由は、病院より安く済むからなんですけどね。
日本やヨーロッパのように「国民の健康を守る」イコール「国の財産を守る」という発想ではなく、結局「お金を儲ける経済活動」という発想なんでしょうか。

ま、これくらいの小さな事故なので、文句を言っていられるのかもしれません。しかし。。。憮然とします。
2011年01月18日(Tue) 10:39
バニパパさんへ
編集
そんなに驚いて頂いて。。。恐縮です。(苦笑)
バニラ君に舐めてもらったら、それだけで良かったかもしれない。。。

指に輝く。。。のは、写真を大きくしたからですね。(爆)
2011年01月18日(Tue) 10:41
Re: タイトルなし
編集
きゃい~ん!ひでのさんの「釣り針」の話を想像したとたん、のけぞっちゃいました。
ミシンばりでも痛いのに、釣り針なんて、もう考えたくない!!!ですぅ。。。(涙)

え、指先って麻酔が効きにくいんですか。知りませんでした。
確かに注射してから5分くらいで少し痛みはひいたけど、完全に感覚がなくなるのに、20分かかったかも。
ところが、量が半端じゃないのか、今朝は指の付け根はまだ腫れていて(むくんでいて?)、指を曲げるとちょっと痛いですよ。指先なんて、もうどうってことないです。(笑)

今朝の4時ごろも、まだ感覚なかったです。この麻酔って、一体ナニモノ?という感じです。


2011年01月18日(Tue) 10:47
編集
きゃ~怖い!
私もやりそうなことですよ、それ。
痛かったですね~指もお財布も。
確かに、この国で病気にはなれないんです。
貧乏か金持ちか、どちらかとも言われていますが・・。
義母なんか、無料でドクターにかかっていましたよ。
お医者さんが、彼女の年齢に同情しちゃったんです。
私もその手でいこうかなぁ~^^;
2011年01月18日(Tue) 11:11
大丈夫ですか!!
編集
Kayさん、
ミシンの針が指にささったと聞いて、最初、貫通したのだと
思って、すごくショックを受けました。骨まで達していなくて
本当に良かったです。指の写真を見て少し安心しました。
でも、痛そう~!大変な祭日になってしまいましたね。
はれた指で、無理しないでね。お大事に!
2011年01月18日(Tue) 12:02
ER
編集
Kayさま

新年早々、大変でしたねーー
指に針、なんて拷問みたい、読んだだけでも怖いですー
でも、私もよく慌てたり、よそ見をして手に怪我をします。怖い、怖い。

実は私も先日初めてアメリカのER,経験してきました。(腹激痛)
テレビの見すぎで、何時間も待たされたり、お医者さんにはあえなかったりとかかしらといろいろ想像を膨らませたのですが、フツーに(?)検査・治療してもらえました。
私も大事には至らず、手術も無し投薬だけで開放されたのですが、貰った処方箋にびっくり。日本では禁止薬のつよーい痛み止めでした。(マイケル・ジャクソンが飲むような…)
割とすんなりこういう薬が出るのもアメリカならではでしょうか。
まだ請求書は貰っていませんが、保険を使ったとしても、元々の請求額にいつも驚愕させられます。ホント、サービス業ですね。

でも、指先は日々とーっても大切。どうかお大事に。
2011年01月18日(Tue) 14:34
みどりさんへ
編集
はじめまして!

確かに、金持ちが貧乏人しか病気になれない。。。本当ですねえ。
日頃から健康に気を使って生活していても、こういう「あほらしい」事故は起こるんですよね。
これからも、楽しみに立ち寄らせて頂きます!
2011年01月18日(Tue) 14:52
洋子さんへ
編集
いやぁ、見た目がいたそうっていうか、「じんじん」しちゃうんですよね。もう、車に乗っている間も、足をばたばたさせていました。
何かしていないと、「きゃい~ん!」とかいいそうで。(苦笑)

今日は麻酔の薬のせいで、指が腫れているような。。。。恥ずかしっ!
2011年01月18日(Tue) 14:55
くりママさんへ
編集
こんにちは!

腹痛でERって、検査とかでますます高くなりそうです。それでも、大病でなくって本当に良かったですね!
確かに、こっちではトンでもない「鎮痛剤」を平気でだしますよね。

請求書を見て、保険会社が契約している金額と彼らがカバーする金額を見比べると、「どっからどうなるのよ?」と思いますね。
なにはともあれ、健康じゃないと生きて行けないなあ、この国では!と、ますます意識した日でした。(苦笑)
2011年01月18日(Tue) 15:00
編集
Kayしゃ~ん 痛いぃ~ 
大丈夫でしょうか? 腫れの具合と写真にはっきり写ってる穴
がもう痛さを物語ってますよぉ~。

それにしても あたしも何度か UGENT CAREにお世話になりました。
そのたびに夜逃げしたくなるような 請求書で
顔が真っ青になりました。まさにこんな感じv-12 アバター顔?
どうぞ お大事にお過ごしくださいねぇe-266


2011年01月18日(Tue) 17:04
編集
最近出遅れているラピスままです(笑)

お話聞くとすご~く痛そうですね。
治療の結果がバンドエイドとは・・。
でも、大事なくて良かったです。
私も包丁でよくざっくりぶった切ることあるので・・。
指先って痛いんですよね。

ERはドラマでしかみたことありません。
貴重な体験されたのでは?
でも、お高いんですね・・・。

お大事にさなってください。


2011年01月18日(Tue) 22:37
編集
ひえ~!!それは痛そうです(涙)
私も以前、車のドアを閉めるときに人差し指を挟んで爪が半分剥がれて
血がドバ~っと出た事がありました。はい、骨折もしておりました。
(酔っ払ってたんです・若気の至りです。笑)
バクバクと、まるで人差し指に心臓があるみたいでした・・・

Kayさん、お大事にして下さいね。

治療代もビックリです。
1000$って?って何回も計算しなおしちゃいました(驚)
2011年01月18日(Tue) 23:30
編集
こんにちは。
休日にERとは、年の初めから災難でしたね。せっかく抗生剤をいただいたので
、大事に使いましょう。私も最近、指の手術をしたのですが、傷口を何針か
縫ったうえに、バンドエイド状のテープを一枚張られました。抜糸後にも、テープ・・・
何だろうと思ったら、このテープ、バンドエイドと同じ色をしていましたが
、実はかなり特殊なテープで、傷口を癒着させるための、形成外科などの手術に
つき物の高価なテープ。。テープひとつも見かけによりません。

医療費、私はアメリカ式の方がいいのかなっと思っています。
日本のは、目に見えないだけで、国民の税金を垂れ流ししているだけの制度です。
おかげで、日本人は自分の国が沈没していることにも気づいていません。
2011年01月18日(Tue) 23:40
痛そう・・・
編集
指も、お財布も、確かに痛いお話ですね・・・。
ERの料金に、のけぞってしまったわたしです。
わたしにはとても行けるところではありません・・・。

こんなに高い医療費のことを考えると、
「将来何があるか分からないから」と貯金に励む夫を
もう「どけち!」と非難できないですね。

それにしても、バンドエイドだけで済んだのは不幸中の幸い!?
その後指の調子はいかがですか?

PS. 3月に夫のフリスビーの大会で、またまたヒルトンヘッドへ行く予定です。
今度はぜひ、ご一緒にお茶でもできたらうれしいです!


2011年01月19日(Wed) 13:19
編集
ERというから驚きました。
読んでるだけで私も痛いです。ヘナヘナ~っと力が抜ける感じですよ。
こちらの医療費は高いですよね。
幸い私はまだアメリカの病院のお世話になったことはないのですが、おちおち病気もしてられませんね。
お大事に。
2011年01月19日(Wed) 14:54
yummyさんへ
編集
そうそう、指に心臓があるかと思うくらい「ばっくん!ばっくん!」って感じるんですよ!

しかし!請求書を見たとたん、財布が痛かったですよ~。Urgent Careも、普通よりは高いかもしれませんが、ホスピタルのERは、半端じゃありません。これからは、「意地でも」アージェントケアに行こう!と誓っております。

2011年01月20日(Thu) 19:20
ラピスままさんへ
編集
お忙しそうなのにマメにコメントいただいて恐縮です。

いや、包丁ですっぱり。。。いた~い!!オレンジなどをむいたとき、「すっ」と切ることあります。
で、「あ、包丁研がなきゃ!」とかいい加減なことを思いつく訳ですね。

ERは、テレビドラマのような「ドラマティック」なところじゃないんですよ。というか、都会の病院は「ドラマ」が繰り広げられるのかもしれませんが、島の場合は平和なもんでした。
それでも、料金だけはいっちょまえ。噂では、「これだけしか払えない」ってゴネると、「じゃあ、これだけでいいです」「いやいや、あとxxxドル安くしてほしい」という駆け引きができるとか。

わが家のように、会計時に「医療保険会社が。。」と言われるような場合、こういう「駆け引き」は無理なようですが、なんていう国だ?と、思うことが多々あります。(苦笑)

2011年01月20日(Thu) 19:26
レックスママさんへ
編集
その、「ドアに指はさんで、骨折」って普通じゃないです。
いや、かるーく「若気の至り」とはおっしゃいますが、この「ミシンばり」で大騒ぎした私としては、「気絶もの」だと思いますよ~!!!

「お大事に」と言われると、気恥ずかしいですね~。だって。。。バンドエイドですもの。(苦笑)
ただ、会計の金額だけは「たかがバンドエイドの怪我だろう!」と、キレそうになりました。(爆)

2011年01月20日(Thu) 19:29
LaceyBlueさんへ
編集
指の手術。。。いやこれは、きっとちゃんと麻酔をしているから大丈夫ですね。

そうそう、その「バンドエイド型の傷口を塞ぐテープ」は、優秀ですね。私ももう10年以上前に腹腔ファイバーの検査の痕を見て、「え、縫わなくっていいんだ!」と驚きました。

今回のようにアージェントケアで済むような傷の場合、やはりERの料金には不満を覚えます。
日本の場合は医療保険点数制度なので、料金はやはりかなり安いと思います。つまり、同じ治療なら病院だろうが医院だろうが、点数は同じですから。

それが、どのように支払われるか、という点はまた別の議論ですね。医療にどれくらい税金をかけるか、というのは、現在アメリカで議論されている「メディカル見直し」をみると、面白いですね。
現在のアメリカのドクターの料金(コスト)の制度を認めたままで、オバマ大統領の推奨する「改革」を行うとなると、この国の税金の赤字はどうなっちゃうのでしょうか。

とりあえず、支払いに腹を立てながらもなんとか払えるというのは、喜んでいいのか怒っていいのか、よくわからなくなりますね。(苦笑)





税金でまかなわれる部分も大きいですが、
2011年01月20日(Thu) 19:48
mayさんへ
編集
そうなんですよ。なんにしても病院と名のつく所は、めちゃ高いです。

外科系のドクターも、手術や検査で病院施設使用料金や契約料があるらしくて、「Out patient center」とか日帰り手術の施設と契約する人も多いですよね。もちろん、それだけじゃないとはおもうのですが。

ほんと、バンドエイドごときの怪我でみなさんに心配して頂いて、嬉しいやらはずかしいやら。。です。(苦笑)
怪我はもう、全然平気ですよ~!麻酔の針のあたりは、まだ青あざになってますけど。そっちのほうが、「どうしたの?」っていうくらい。

> PS. 3月に夫のフリスビーの大会で、またまたヒルトンヘッドへ行く予定です。
> 今度はぜひ、ご一緒にお茶でもできたらうれしいです!
↑ ぜひぜひ、連絡をくださいね。3月はずっと島にいる予定ですから!!!楽しみにしていますね~!
2011年01月20日(Thu) 19:53
ぺあとらさんへ
編集
ERと書いて、みなさんに心配して頂いてしまって恐縮しております。

かかりつけのドクターに行くなら、それでもいいと思うんです。あるいはアージェントケアでも、病院の半額以下だと思いますよ。家の係ツs家のドクターは、島の外なので、家からだと30分以上かかるんですね。

この国では、やはり一家に一人、ドクターと弁護士と歯医者がほしいですね。(苦笑)
2011年01月20日(Thu) 19:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。