リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ ちょっと韓国の味TOPごはん&おいしいもの ≫ ちょっと韓国の味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ちょっと韓国の味

 先日のオットからのプレゼントについて、みなさまから「優しいだんなさまですね~!」と盛んに褒められてしまって、「これって、プレゼントか~??!」と呆れた私はかなり反省したのだ。

 で、早速おいしいごはんを炊いてみなくっちゃ!とばかり、冷凍庫に入っているごはんを使い切るメニューになった、ごはんが主役の2日間。

 初日は、作ったことないけど挑戦してみた「ビビンバ」。韓国料理をあまり食べたことがないので、「こんな感じ?」と、何ともいい加減ではあったわけだが。。。

 ホットプレートで石焼ビビンバ風!

DSCF2454_co.jpg

 

 とりひき肉の肉味噌風は、「アタシ流アメリカ暮らし」Hanako嬢手作りの「激辛焼き肉ソース」に味噌と砂糖を追加して、大成功(と自画自賛)!

 キュウリは、これまたHanako嬢が置いていってくれた「キムチの素」であえる。

 にんじんの千切りは、酢+砂糖+みりんなど、適当な甘酢でつけておく。

 ほうれん草は湯がいて水切りした後、ごま油+醤油(少し)であえる。

 ホットプレートを低温であたため、ごま油を少しひいた上にチンして暖めたごはんを広げて、具をどんどんのせる。

 生卵をのせてたらホットプレートの蓋をして、ごはんがすこし焦げ始めたところで混ぜ合わせて、「いっただきま~す!」

 サラダとかわかめスープを適当に並べたら、見た目に感動したオットが「写真を撮って、ブログにのせて!」と、カメラを持ち出してきた訳だ。こういう時に、はずかしげもなくアップする度胸がついたのは、オットのおかげである。

 冷凍ごはんは全部片付いたので、今度は「プレゼントの炊飯器」の活躍となるはず。
新しい炊飯器、適当なカリフォルニア米でも美味しく炊いてくれるのだろうか?期待に胸は膨らむばかり。




関連記事

Comment

おいしそー!!
編集
なんておいしそうなビビンバ!

時々無性に食べたくなるのですが、韓国料理屋さんで
オーダーすると、けっこう高いんですよねぇ。
今度ぜひ、わたしも作ってみます!
せっかくだから、お友達を誘ってみんなで食べよう。

旦那様からの炊飯器、きっとカリフォルニア米でも
おいしく炊いてくれるハズ。
やっぱり日本の炊飯器は偉大です!
2011年01月28日(Fri) 09:40
編集
こんにちは。
ホットプレートですか。これは気がつきませんでした。
石焼ビビンバが、まがいなりにも、食べられる環境にいると
、思いつかない事もありますね。脱帽。。。
これに、コチュジャンをのせて、ぐりぐりかき回せば完璧ですね。
韓国の人が作っているのを見ると、キューリの代わりにズッキーニを
シュレッドして塩もみしたものとか、椎茸をシュレッドして甘辛く
煮付けたものを入れていました。
ベビーベロやマッシュルームもいいかもしれませんね。
美味しそう。。。
2011年01月28日(Fri) 19:19
mayさんへ
編集
そんなに感動して頂いて、嬉しいです!

が!!韓国料理を良く知らない私としては、「ちょっとおこげのある、野菜がたくさん食べられる」というのが一番の魅力ですね。
でも、お友達とわいわいいいながら食べることができる、ホットプレートって便利ですよね!

韓国料理の味をご存知の方なら、とってもうまくできると思います!楽しんで下さいね~!
2011年01月28日(Fri) 20:39
LaceyBlueさんへ
編集
そうそう、必要は発明の母(?)なんですよね。
なにせ田舎の島くらしですから、やっぱり「食べたい~!」と思うと、こうなります。石焼ができれば、絶対美味しいと思いますが、クックトップも電気ですから。

> 韓国の人が作っているのを見ると、キューリの代わりにズッキーニを
> シュレッドして塩もみしたものとか、椎茸をシュレッドして甘辛く
> 煮付けたものを入れていました。
↑ あ、ズッキーニはいい考えです。キュウリに火を通すと、どうなるんだろう?と思いながらやってみたんです。もやしとか白菜のキムチなどもいいと思うんですよ。でも、無いものはない...(苦笑)

多分コツは、味つけがちょっと違う物をのせた方が美味しいんじゃないかな、って思うんですけど、本物はどうなっているんでしょうね。と、これくらいの知識なんですよ、所詮。。。

2011年01月28日(Fri) 20:43
編集
美味しそ~う!!
適当と書かれてますが、具材の一品一品の味付けが違うからヤッパリ手が込んでますよぉ~。

カリフォルニア米って、日本米みたいに美味しいんですよね?
2011年01月29日(Sat) 07:08
編集
おいしそうですね~!!

私もたま~~に、ホットプレートでビビンバ作ります。
手軽でご飯たくさん食べれていいですよね。
私はホットプレートの蓋をして蒸らし焼きにするせいか
色合いはあまりよくないのですが・・・

Kayさんのは彩りもよくおいしそうです!
2011年01月29日(Sat) 09:54
スーパーおいしそ~う♪♪
編集
なんておいしそうなビビンバ!彩りもとっても綺麗!
ホットプレートでっていうのが私にとっては新鮮です。
正直、韓国料理は得意ではありませんが、Kayさんのビビンバはぜひとも食べてみた~い!この写真を拝見したとたん、お腹がグ~グ~と合唱をはじめました!
冷蔵庫にある材料で、これだけ工夫して作れるなんて素晴らしいですね!見習いたいです。
それにしても、ほんとにKayさんてお料理上手ね♪♪
2011年01月30日(Sun) 01:36
わあ、美味しそう~!
編集
Kayさん、
もうすぐ会えますね!!ぜひ一緒にKayさんのビビンバ作りましょう!
それから、色々あちこち行きましょうね!!!!!!
こちら、ハワイでは、材料は何でも揃いますから、必要なのはKayさんの
料理の腕前とセンスです。先日、パーティーをして、寿司太郎
を使って、アボガド、エビで飾った、チラシ寿司、作りました。
私が作ったのでKayさんのに比べて、見た目は雑でした(!)が、結構、
好評でした。では、会えるのを楽しみに待ってます!
2011年01月30日(Sun) 06:21
編集
ども、ひでのです(`・ω・´)

アメリカでビビンバが大ヒットすれば
石焼ビビンバ用電気グリル鍋とか、
韓国企業なら出すんだろうなぁとか(笑)

ひでのも韓国料理はあまり知識が無くて^^;
(曾婆さんが台湾系なのに、中華料理も疎いっす)

うむむ、その発想力、見習わなければ(`・ω・´)


2011年01月30日(Sun) 09:59
leonaさんへ
編集
ありがとうございます~!
きっちり量を量ったりしないし、調味料の種類が正しいかどうかも分からないのですよ。本当のところ。甘酢=酢+砂糖だとおもっているくらいですから。

でも、料理は結局「自分が食べたいか、食べたくないか」を基準にしてしまう、わがまま~!な私なので、こんなふうになっちゃいました。
でも、こういう料理を見た方には、「あ、私のほうがずーっと凝っていて、おいしそう!」と自信をもって頂けるんじゃないでしょうか。
2011年01月30日(Sun) 14:02
ラピスままさんへ
編集
きっと、ラピスままさんのビビンバはおいしいです。
それに、ラピス地方はごはんそのものが美味しそうですから、おかずも美味しく作れるようになると思うんです。

「日本」とか「アジア」にこだわると、何かと不便な島暮らしなんですよね~。ほんと、邪道の限りをつくしてますね(苦笑)
2011年01月30日(Sun) 14:04
angelharmonyさんへ
編集
「ない」とか「不便」は、発想を豊かにしますよ~!
でも、こんなもので『発想がゆたか』っているのも、随分恥ずかしいですね(苦笑)

日本にいたら、お惣菜でも他国の料理やスパイスがスーパーやデパートで、かなり本格的な物が手に入りますよね。いいなあ。「こんな感じじゃなかったかな~」なんて思いながら作る訳です。失敗も多々あり。。。ですよ。(爆)
2011年01月30日(Sun) 14:08
洋子さんへ
編集
さっそくちらし寿司だったんですね!
基本的に、見た目きれいな色合いの物だから、ぜったい受けます!よかったですね!!

あとxx時間で飛行機~!と思いながら、わくわくです。一緒に遊べるのを楽しみにしていますね。おっと、お仕事の邪魔をしないようにしなくっちゃ。。。。
2011年01月30日(Sun) 14:11
ひでのさんへ
編集
島ではアジア系はなんともなりませんが、カリフォルニアにいくと、韓国系中国系ベトナム系、すべて充実していますよ!ほんと、多国籍がひしめいているので、白人オットは肩身が狭いくらい(?)でした。

びっくりしたのは、カレー屋さん(日本にあるカレー屋さんのような店)で、「ビビンバ風カレー」があったこと。石焼のうつわですもの。

ところでひでのさん、台湾料理はめちゃくちゃ美味しいらしいです。もったいない~!!今からでも、レシピにチャレンジしてくださいっ!(と、私がリキんでどうする。。。でしたね、失礼しました)
2011年01月30日(Sun) 14:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。