リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 「自分の国」を大切にしない人たちTOP日本へのラブレター ≫ 「自分の国」を大切にしない人たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

「自分の国」を大切にしない人たち

 先日、日本のニュースや新聞をウェッブで読んでいたら。。。。

「日の丸・君が代訴訟 1審判決を取り消し教員側が逆転敗訴 東京高裁」という見出しが目に入った。

なぜ日本に住む日本人が、自分の国を貶めるような行動に出るのだろうか。

 「国歌も、国旗もいらない」ということは、「日本国」にたいして忠誠心がないのだから、どこでも好きな所へ行けばいい。「日本国民としての籍を捨てる権利」は、誰にでもある。

 私がアメリカで安心して暮らしていられるのは、「日本人」で「日本のパスポートをもっているから」に負う所が大きい。
 
*** ここから先は、海外在住と体験に基づいた記述となります。興味のある方のみ、お進み下さい。***


 「国旗」も「国歌」も、「国」の象徴である。
国歌も歌わないし国旗に背をむける、という人たちは「その国の教育者である資格はない」と思う。

 愛国心という言葉を正しく理解できない人が、将来その国を背負ってゆく子どもたちに「世界」に目を向けた教育ができるとは思えない。忠誠心という言葉の本質を曲げて理解する人が、「相手の文化理解をしよう」と声を大にしても、説得力があるとは思えない。
なぜなら、世界の多くの人々は「自分の国」を誇りに思っているのだ。

 オリンピックや他の国際的な行事のとき、「(他国の)国旗掲揚にたいしても礼をとる」のが、礼節をわきまえた人の態度である。基本的に世界共通のルールでもある。だから子どものときから、そのように躾けられる。

 トム・ハンクス主演の「ターミナル」という映画があった。JFK(NYの国際空港)でアメリカの入国審査を受ける時に、自分の国がクーデターで「一時的に国がなくなった」主人公が、アメリカに入国することもできず、国に帰ることもできなくなってさて、どうするか、というコメディーっぽい映画である。

 これをみてなお、「日本なんてロクな国じゃねえ、国歌なんて無視しちまえ」と思う人は、国際社会のルールをまるで分かっていない。

 日本人がパスポートを申請すると、大抵の場合は無条件で発行してくれる。パスポートは「国がこの人物の身元を保証するので、貴国でもよろしく対応されたし」というお墨付きを得たことになる。
 アメリカやフランス、イギリス、どこでもいいが、日本以外の国に「堂々と」入れてもらえるのは、「観光客さん、ウェルカム」だからでは決してない。「日本国が身元を保証する人間だから、信用して入国を許可する」のである。


 愛国心とか忠誠心という言葉について、すぐに「太平洋戦争」を持ち出す人は、論点をはき違えている。言葉の本来の意味そのものについて理解しない限り、「太平洋戦争議論」は、世界の人から笑われるだけである。

 自分が安全に暮らせる国に住んで、その国で享受できる全てのことを当たり前だと思っている人が、国歌と国旗に背を向ける、という態度をとること。大人として恥ずかしくないのだろうか。

 






関連記事

Comment

残念なことですが・・・
編集
こんにちは。
人間、ひとつの国の中だけで生きていると、自分たちのやり方が
世界から理解されなくなる危険性を負っているという事を
認識できなくなるようです。
これから国を支える若者が、世界はどんなところか知らない
国は、この先「変わっているのは、あなたです」と
言われる国になっていくのでしょうね。
否、私はもうそうなっていると思いますけれど。。。
2011年01月30日(Sun) 20:32
自分の国を大切にしない人たち
編集
 よくぞ言ってくださいました。
まさに そのとおり!
貴女のお考えは私と全く同じです。
2011年01月30日(Sun) 21:43
お久しぶりです
編集
Kayさ~ん、ご無沙汰してますe-454
私、まだしぶとく生きてます(笑)

ちょっと来ない間に、またいろんな出来事が…。
ざざーっと読ませていただきました。
優しいダーリンの話、美味しいお料理の数々、
ER事件(もう大丈夫ですか?)etc
また今度ゆっくりお邪魔しますね。今日はとりあえず
I'm still alive! の報告を(笑)

あ、私は国際結婚してから特に「日本人でよかった」と
いう思い、強くなりました。
2011年01月30日(Sun) 23:28
編集
ども、ひでのです(`・ω・´)

国旗とか国歌って、自分のアイデンティティーの根っこの象徴ですからね

ひでのの小中時代にもここまでひどくないけど
こんな感じの先生がいました^^;
東宮御所と道路の向かい側にある中学校だったんですが
補助プリントで自虐史&皇族叩き
それゆえに日の丸と君が代は悪って内容
8そんな教師が御所の近くに勤務してても大丈夫な日本って平和です)
てか、「なんで?」の癖が付いてなかったら、
そのまま何も考えずに同意してたかもしれません

産業動物系のときは、色々な国にお仕事でお邪魔させてもらいましたけど
パスポート提示はおろか、日本人を自称するだけで
(てか、本当に日本人ですよw)
期待以上の信用を得たり出来ましたから
ひでのよりも、先に海外に行かれた、日本の先輩方に感謝ですよ(笑)

太平洋戦争も、その前から教科書に載ってない事柄を調べ始めて
時系列で並べると、ウムムって感じです
年号を覚える歴史は楽しくないですけど
感情や現象を追う歴史は楽しいです(笑)
たぶん、仕事をやめてリタイアしたら
歴史の事象をツリー形状にして楽しむかなw

てか、君が代って 時の天皇に宛てた詩じゃなくて
歴史に残ってないかもしれない女性に宛てたラブレターって気がします(笑)
世が世なら、ねこ嫁にこんな詩を読んだかもw
2011年01月31日(Mon) 07:12
私の意見は少し違うのですが。
編集
私は少し違う意見を持っています。

このニュースを何度も見ましたが、
貶めるのが目的ではないように思います。

教員側は、入学、卒業式に日の丸の国旗に敬礼、
国家斎昌に関して、疑問を持ち
強制は自由に反するという提訴をしています。

反対に、入学式、卒業式で国家斉昌、国旗に敬礼したからといって、愛国心があるといえるものではないと、私は思います。
この教員たちは勇気があると思います。
言論の自由も憲法で保障されていますし。

私は、願わくば、このトピックが、それぞれの学校で、
クラスで生徒、教師が一緒になって討議し学級そして、
学年の意見として出されたほうが、さらに民主的では
ないかと思います。
考える力、みんなに納得してもらう意見の述べ方、
そして、国家やそれこそ、日本を誇りに思う点を
考えるいい機会だと思います。

日本を離れ海外で生活する私もパスポートの
重要さはわかっております。
日本を誇りに思う点も沢山あります。

でも、もし私が高校生だったら
入学、卒業式に国家斉昌と国旗に敬礼と言われたら、口パクかも。です。
辛口のコメントでおそれいります。


2011年01月31日(Mon) 07:27
編集
はじめまして
確かに、思想と言論の自由は保障されるべきです。
しかし、職務においてはどうなのでしょう?

トヨタのディーラーに勤めている営業マンが
自分の思想と言論の自由の為、良かれと思い、トヨタ者を買いに来た顧客にホンダ車を薦めた。

これは駄目ですよね?

このトヨタのディーラーに勤めている営業マンは、自分の思想と言論の自由の為に、ホンダディーラーに転職する自由を行使すべきなのです。

しかしこれは民間レベルです。

公務レベルで裁判になるなど、日本では公務が軽んじられてるようです。

あと、国旗に敬礼するように指導してる公立小中高校はないはずです。
2011年01月31日(Mon) 08:20
編集
こんにちは。

小学校・中学校で国歌斉唱は一度もなかったので、それが当たり前だと思っていたことを夫に話したらドン引きされましたよ。
実はそのせいで私、最近まで君が代歌えませんでした。恥。。。
教師が児童・生徒に教えるべきことを教えてなかったのですね。
子供のころ、国歌斉唱のときに起立しない教師、日の丸を引き摺り下ろす教師のニュースを見たのですが、ずっと疑問でした。
(地方)公務員がこのような行動をとることが異常です。
公務員は奉仕者であるのに、権利ばかりを主張するのはいかがなものでしょうか?
自由とは自分の好き勝手に我侭に行動することではないのです。

私、アメリカに住むようになってから日本のことをいろいろ考えるようになりました。
きっと日本にずっと住んでいたら、こういうことあまり考えなかったと思います。
2011年01月31日(Mon) 11:22
編集
いろいろと難しい問題ですね・・・
「君が代」の意味をどうように捉えるかによって
歌詞の持つ意味が変わってきますね。

また、1990年に文部省が学校の式典で
日の丸・君が代を義務づけ、したがわない教師に
罰則をもうけたことも民主主義の時代に反しているのかも
しれません。

賛成にしろ、反対にしろ相手に強制するのではなく
国民が親しめるような国歌になれば嬉しく思います。
2011年01月31日(Mon) 17:15
愛国心
編集
愛国心って何なのでしょうね?
日本を愛するという単純な問題ではなさそうですね。
逆に言えば、アメリカ人はどうしてこうも愛国心が強いと感じる人物なのでしょう・・・。単純に国旗を愛する態度からそう感じてるだけなのでしょうか。人の真相なんて私にはわかりません。

でも、少なくとも自分の国のことを知らなきゃ話にならないですよね。意外と知らないんですよね。日本人は日本のことを。形から入ることも大事かもしれません。でも、本質を知らなければただのそれは儀式、行事的なもので終わってしまい意味がありません。今までやってきたことはただ言われるがままにやらされていただけに過ぎず、いったいどういう意味があるのか考えたことも考えようとしたこともなかったのです。

問題なのは日本人として自国のことをどれだけ理解しているか、そして誇りを持っているかということです。快適さ、利便さを追求することに一生懸命で、物質的なものに囚われ過ぎて平和ボケした状態が長く尾を引いているような気がしてなりません。
2011年01月31日(Mon) 17:28
編集
君が代の「君」が「天皇」なのか、
それとも「国民」を指しているか
はっきりしていません・・・・

念のため≪追記≫です。
2011年01月31日(Mon) 17:42
LaceyBlueさんへ
編集
> こんにちは。
> 人間、ひとつの国の中だけで生きていると、自分たちのやり方が
> 世界から理解されなくなる危険性を負っているという事を
> 認識できなくなるようです。

↑ 同感です。「海外旅行に出かける回数」とか、そういうことではないんですよね。
「世界の常識」ばかりが優れている訳ではないけれど、文化背景の違う人と対峙する時には、文化背景や宗教だって考えなければならないのですから。

いろいろなコメントをいただいて、うーん、と考えるところもたくさんありますが、私自身は、やはり国旗国歌に対する礼儀をわきまえるのが大人だ、いう点は譲れないです。
2011年01月31日(Mon) 19:11
名無しさんへ
編集
同意いただいて、ありがとうございます。

日本を離れてこそ、見えてくるもの、考えさせられること、が増えてきました。
2011年01月31日(Mon) 19:12
TCさんっ!生きていらしたのね!
編集
っていうか、お元気だったんですね~!
風邪でもひいて、鬼の霍乱(?)じゃないかとか、温泉で溺れちゃったのか、とかおもいましたけど。

ヘタにコメントを送ったら、「ダンナとまったり、冬を過ごしておる!喝っ!」とか言われるんじゃないかと、ちょっと様子見をしてました。

久しぶりの更新も、また笑わせてもらいましたよ~!TC地方も寒そうですが、あったかくしてお過ごし下さいね!
2011年01月31日(Mon) 19:15
ひでのさんへ
編集
↓この一言、言って下さってありがとうございます!その通りなんです。
>
> 国旗とか国歌って、自分のアイデンティティーの根っこの象徴ですからね
>
> ひでのの小中時代にもここまでひどくないけど
「国」というのは、実態のないものですよね。
国民も国土もあるけど、国がなかったらタダの土地であり、タダの人。だから、国旗と国歌は国の象徴だと思う訳です。

日本人の先達たちは、海外で仕事をしてきたときに、多分必死だったんですね。差別に負けないように、信頼を勝ち取るために。そういう人たちの「置き土産」が、今でもいい方に残っていることが沢山ありますよね。


私もアメリカに住むようになって、日本史も世界史も、 いろいろな角度から見るようになりました。正しいか正しくないか、というよりも、ひでのさんご指摘のように、感情と政治の駆け引き、という立場からみると、また教科書とは違う地図や相関図ができます。

君が代も、こんな平和な国歌って、めずらしいですよね。

2011年01月31日(Mon) 19:25
でゅーママさんへ
編集
それぞれの立場によって、様々な考え方はありますね。
確かに「強制」は人間はイヤかもしれない。
でも、アメリカの多くの学校では毎朝国旗に向かって忠誠を誓う、というセレモニーをしています。スポーツでもなんでも、チャンスさえあれば国歌を歌う。一般家庭の前庭にも、国旗が掲揚されているのは、めずらしくありません。
小さいときから、「アメリカ人としての誇り」を「外堀から埋めて育てる」って感じでしょうか。
(それでも、テロに走るアメリカ人はいます)

が、実体がない「国」というものを、様々な価値観を持つ人たちの寄り集まった国家として発展させて行くには、「私はアメリカ人だ」という確固たるアイデンティティーを持った人たちに育てなければならない、という事情もあるでしょう。

「国」を象徴する国旗と国歌に対しての態度が、教育者として、問題があると思う訳です。

私は、公務員として教員になることを選んだのなら、当然「式典」のときに、国歌斉唱や国旗掲揚に対しての理解はあるべきだとおもいます。

例えば卒業式の日、巣立って行く生徒のために、なぜ粛々とした態度がとれないのか。

例えば授業の一環として、教師が「公正な立場にたって」「調べさせる」「討論する」というなら、わかります。が、なぜ「式典」の日に、他の人がイヤな思いをするような行動に出るのか。

やはり私は、将来の日本を背負って行く子どもたちには、自分の国を誇りを持ってもらいたいと思います。
日本人であること、日本の国の保護の下で生きているという現実を謙虚に受け止めて、より良い暮らしができるように生きていく指標を指し示すのが、教育者の立場ではないか、と思う次第です。


2011年01月31日(Mon) 19:50
まいこさんへ
編集
はじめまして!ご訪問&コメントありがとうございます。

私の場合、日本で暮らしている方とは、また味方が違うかもしれません。
実際に、そういうニュース画像を近くに感じることがないからですが。。。

公務員なら、君が代とか国旗に対する礼節をもってほしい、と思うのです。それがいやなら、他の仕事でもえらべるじゃないか。。。と。

「給料と、恩給と、夏休みはほしいけど、式典はいや」って、それはないだろう。。。

穿った見方をすると、そうなっちゃいます。

2011年01月31日(Mon) 19:54
ぺあとらさんへ
編集
ぺあとらさん、君が代歌わなかったんですね。。。

実は私も、中学高校は私立だったので、君が代歌ってません。大学も。。。歌わなかったと思う。

↓分かりやすく言って下さってありがとうございます。 
> (地方)公務員がこのような行動をとることが異常です。
> 公務員は奉仕者であるのに、権利ばかりを主張するのはいかがなものでしょうか?
> 自由とは自分の好き勝手に我侭に行動することではないのです。

教師に卒業式を台無しにされた生徒って、かわいそうですよね。
大人の都合の主義とか主張で、旅立つ子供たちの日を台無しにする大人は、赦せません。
2011年01月31日(Mon) 19:58
バニパパさんへ(2つまとめて)
編集
私が、「それってあんまりでしょう」と思った理由は、いくつかあるんですね。

1。国を象徴する国歌と国旗に対する礼をとらない、でも日本の利便性は失いたくないって、わがままじゃないか?
2。公務員として教員をするなら、君が代も国旗掲揚も、受け止めるべき。

そして、卒業式を「教師によって」大なしにされる子どもたちに対する、同情。

君が代、私はすばらしい内容だと思います。多くの国の国歌が、「血」だの「戦争でかちとった」だと謳歌するのにたいして、なんとも平和で、永年の存続をことほぐ、という内容はなかなか見つからないです。

「国をまもる」といったとき、人は政府だとかソニーやトヨタを思う訳ではなく、多分「家族」や「愛するもの」をまもる、という気持になるのではないかと思うのです。

その「国」を象徴する国旗を引きずり下ろして、何をいいたいのだろう?と思ってしまったんですね。

2011年01月31日(Mon) 20:07
美佐ままさんへ
編集
自分の国を守る、テロリストから守る、といって、アメリカ人の若い兵士はアフガンでもどこでも行きますよね。彼らにとって、「国を守る」というのは、「家族を含めた同国人」なんでしょうね。

価値観の違う人たちの集団であるアメリカと言う国歌をまとめるためには、「アメリカ人であることの誇り」を植え付けること、その有効な手段が「Pledge of Allegiance (to American Flag)」だと思うんです。
でも、この幼いときからの躾が、やはり「ボクは/私は、アメリカ人」として、一つの揺るぎないアイデンティティとして基本になるとおもうのです。

アメリカに住んで学んだことの一つは、日本の国の歴史でした。日本人であることを誇りに思うこと、を失わずにアメリカ社会で受け入れられるように生きて行く、というのは、自分を見直すきっかけにもなりました。


2011年01月31日(Mon) 20:15
日本人であることが信用の根幹
編集
初めまして

昨夜、エジプトの空港で立ち往生していた日本人観光客が、一部ですが帰国できました。よかった、よかった。

実は私も10年前に、南アフリカで似たような目に遭って、まる2日遅れて帰国したことがあります。
これはクーデターでも内乱でもなく、単なる南ア航空の手配ミスなのですが、乗り継ぎ便に間に合わず、
ヨハネスブルク空港のトランジットエリア(学校の体育館くらいの広さ)で、スタックしてしまいました。

このとき南ア航空の係員が言った言葉を、いまでも忘れません。

『あんたたちは日本人か?』
『そうだ』
『日本のパスポートを持っている日本人か?』
『ややこしい言い方をしなくてもいい。我々は日本のパスポートを持っている。』
『・・・ならば、話は別だ』

彼は我々11名を、職員専用の出入り口から、空港内のロビーへ誘導してくれました。
その後南ア航空と交渉して、翌日の便で、日本へつなぐまで、ホテル、食事を確保したのですが、
『日本人であること』がこれほど目の前に、プラスとして具現化しようとは、まったく夢想だにしませんでした。

他の国の人々は、あの狭い、トイレもないトランジットルームに閉じ込められたまま、一夜を明かしたかも
しれません。

今回のエジプトの騒動を見て、思い出しました。






2011年02月01日(Tue) 00:03
編集
先週のオバマ大統領の一般教書演説で、
アメリカの若者に対して、祖国の将来や子どもの人生に
寄与したいなら教師になってほしいというの聞いて、
思わず他国のことながら感動してしまいました。 笑
教師を nation builder とも言っていたと思います。 

はたして、自分をnation builderだと思ってる教師は、
今の日本にはどのくらいるんでしょうか・・・
日本の将来が心配になりました。
2011年02月01日(Tue) 00:04
古狸さんへ
編集
はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます!

古狸さんの経験も、なかなかのものでしたね。
私も、飛行機トラブルに関してはトラベルエージェントから褒められる(?)くらい、普通じゃないことも経験していますが、古狸さんの南アフリカトラブルにはかなわないようです。

たしかに、東ヨーロッパなどでも、日本のパスポートの威力はかなりあるようですね。
「日本のパスポートをもつ、日本人か?」には、笑ってしまいましたが、そういうコメントが出る程、パスポートのトラブルも世界では沢山ある、ということなんですね。

先達が拓いてくれた道を、胸を張って堂々と次の世代にもわたしたいものです。


2011年02月01日(Tue) 11:30
SeaQueenさんへ
編集
アメリカは格差の国ですから、公立学校区で優秀な教育を受けられる人たちうと、どうしようもない学校区が存在しますね。
この格差が、将来の労働力と生活保護などに繋がり、しいては「国」の力に繋がると考えると、真剣にならざるを得ないのでしょうね。

そういう危機感を持って教育に向き合う姿勢が、日本の人たちにあるのでしょうか。今の小学生から高校生の年代が大人になった時、日本がどんな国であってほしいのか。。。そういう視野に立って考える人がいてほしいですね。
一人の教育者の小さな思いは、生徒にとっては百万の教えにも勝る力にもなり、またどうしようもない落胆のタネにもなる、というのが本当のところなんですけど。。。
2011年02月01日(Tue) 11:44
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年02月01日(Tue) 14:52
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年02月01日(Tue) 14:55
日本人であることの証明
編集
もう25年も昔の話になりますが、NY観光に行った際、そばにおいていたハンドバッグを置き引きされました。中にはパスポート、財布、カード等の貴重品がすべて入っていて、見事に一文無し!パスポートがなければ帰国もできないので、一時帰国渡航書を発行してもらう必要があるのですが、私が日本人であるという証明をしなければなりません。幸い同行していた日本人の友人がいたからよかったものの、もしいなかったらどうなっていたんだろう。身分証明になるようなものは全てバッグの中でしたから。。それ以来パスポートだけは肌身離さず持つようになりました。
日本人であること、それを証明するには?ということを、真剣に考える良いチャンスだったと思います。

日本の文化は精神文化も含めて、素晴らしいものがたくさんありますよね。君が代の歌詞だってとても美しいとは思いませんか?それをもっと大切にしていきたいものですね。
2011年02月02日(Wed) 08:32
カギ付きコメントさんへ
編集
はじめまして、コメントありがとうございます。

考えもまとまらず、突っ走って書いてしまいました。
私は、日本の国はすばらしい国だと思います。教職は、尊い職業だと思います。
営業成績のかわりに「進学率」とか「進学先」ではかられる、先生方のご苦労は、私ごときにはわからない重さがあるとも思います。

でも、教職にあるかたの「一言」「一挙一動」が、子供たちの心に種をまき、将来に花を咲かせる礎となるという自覚をもって、接していただきたいと思います。
2011年02月03日(Thu) 21:31












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。