リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ ホノルル便り ラナイ島へTOPホノルル滞在日記 ≫ ホノルル便り ラナイ島へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ホノルル便り ラナイ島へ

 ホノルル空港からラナイ島まで、短かければ20分長くて40分のフライトである。

えっ?その差は何か?

飛行機の大きさ+風の方向

 これが、「格安エアライン Go Air」の提携航空会社、Mokulele Air の飛行機。9人乗り
DSCF2592_L1



どれくらい小さいかというと、
 チケットカウンターで「体重はどれだけ?」と聞かれる。(なぜ予約時に聞かない?
 チケットの座席はオープン。ただし、乗る前に待合室でエージェントに「バックリー二人は3列目」「ヤング二人は、2列目」と指定される。(重さのバランス?)
 乗客が8人の場合は「手荷物の重さを量る」(帰りの飛行機がそうだった)

 オットが乗り込もうとしているのだが、カラダと飛行機が同じくらいに見えるって?
DSCF2593_L2

パイロットが後ろを振り向いて、「シートベルトを締めたら、肩のベルトをシートベルトの留め金にとめて。飛行中はベルトを外さないように。非常出口は二つ、前と後ろにあるからね。」(それだけ?だった。)
DSCF2657_convert_20110223132539.jpg

 離着陸はとても静かで、揺れもなく、まったく快適な20分の飛行であった。機体が小さい分、高度は6500フィート、海を眺めていると「くじら」が潮を噴いているのもみえる。

「ラナイ島へようこそ!」と看板もある飛行場。さらに一日に5便のフェリーが、マウイ島を往復している。
DSCF2599_convert_20110223123859.jpg


 ラナイ島は、ドールプランテーションの所有地であった。
ドールが引き上げてそのままになったパイナップル畑の残骸が、飛行機から見える。
最後のパイナップルの収穫が1992年。島に信号は、ない。

 島の交通機関は自家用車か、フォーシーズンズホテルのシャトルバス。レンタカーは、4輪駆動のジープがあった。

 私たちが二泊した、Lodge at KEOLE (フォーシーズンズ、山側のホテル)のロビー。入ると、ククイナッツのレイと、パイナップルジュース、冷たいタオルで迎えられる。
DSCF2602_L3


 ホテルのロビーから、裏庭の眺め。海岸では晴天の真夏日、ハワイの山の中のロッジでは、曇りときどき小雨で肌寒い。
DSCF2603_L4

 ゴルフコースの美しさに感動して、午後は早速ワンラウンド。「エクスペリエンス@コエレExperience @ Keole」の17番ホール。ティーからフェアウェイまでの高低差が290ヤード。母と叔母、オット。叔母(真ん中)の後ろのほうにグリーンがある。人の後ろの煙は、「雲」!
DSCF2612_L5


 夜にはロビーにある二つの大きな暖炉で、薪がもえる。
DSCF2646_L6

 
 真夏のハワイ、山の中の静かなたたずまいのロッジで、静かなリゾートライフを満喫。



 
 ハワイのおすすめ
 クジラのシーズンは大体12月末から4月頭まで。マウイ島が有名だが、2月から3月くらいならワイキキやハワイカイ(オアフ島)でも見られる。
 飛行機から見下ろして、海が静かなところで波のような泡がみえたら、クジラの可能性も高い。しばらく目で追ってみて。






関連記事

Comment

編集
小さい飛行機は、乗り心地は悪いけど
スリルがあって楽しいですね~♪
私も酸素ボンベがむき出しの小型飛行機に
乗りましたよ~(笑)

ラナイ島って、島全体がドールの工場!?
スケールが大きいですね。。。
暖炉で薪が燃える風景って
癒やされる~☆
2011年02月23日(Wed) 07:45
編集
かわいい飛行機ですね。
昔、どこかの移動で乗った飛行機がこんなカンジでした(笑)

くじらが見られる時期のハワイ、行ってみたいですね~。
2011年02月23日(Wed) 08:26
きゃー
編集
やっぱまた行きたいハワイハワイハワイ♪

久々にJanさんの笑顔が見れてうれしいなー
叔母さん、Kayさんと雰囲気似てますね?!
お母様はレインコートでガードされすぎて何もつかめない・・(笑)

今年こそ、どこでもゴルフに参加できるよう、練習するぞ!
とKayさんたちのゴルフ便りを見るつど、誓うワタシ・・・
今回、マジです!

それにしてもJanさんもKayさんも軽すぎて
飛行機会社の人はバランスとるの大変だったでしょ?!
2011年02月23日(Wed) 19:59
ゴージャス!
編集
ラナイ島ってドールプランテーションがあったところなんですか!初めて知りました。オアフから30分ぐらいとは案外近いのですね。
それにしても可愛らしい飛行機!スリル満点ですね。
機上からクジラウォッチングできるなんて感動的♪♪

さすがフォーシーズンズはロビーもゴージャスですね!本物の薪が燃えてる暖炉ってワクワクしますね。マントルピースも立派そう!

クジラウォッチングってマウイだけでなく、オアフでもできるんですね。貴重な情報ありがとうございます。あ~見てみたいなあ~♪ 
2011年02月24日(Thu) 05:50
編集
ども、ひでのです(`・ω・´)

もっともっと小さいプロペラ機に乗ったことあります^^;

調布飛行場から、お取引先の先生操縦のセスナなんですけど

離陸はよくても着陸の時、微妙に死の予感(笑)
なんか、大きな乗り物の方が安心できるんですよね^^;
ただ、大きな乗り物でも、操縦者がこの先生だとやっぱり恐いかな(笑)

船長とか機長とか知事とか総理とか大統領とか書記長とか
ソフトに離陸、ソフトに着陸でお願いしたいですよね

なんとなく世界がきな臭いので、ちょっとそんな事思いました(笑)
2011年02月24日(Thu) 05:55
バニパパさんへ
編集
酸素ボンベがむき出しの飛行機って。。。。それはすごいですね。

ただ、同乗したアメリカ人の大きさをかんがえると、やっぱりこの飛行機じゃ小さすぎる~!
ラナイ島、パイナップル畑だったんですね。住んでいる人も、その畑で仕事をしていた人たちです。

ただ、畑仕事からホテルでの仕事(シャトルの運転手とか、掃除や庭仕事)に変わった訳ですね。
シャトルで山のロッジから海のホテルへ向かう途中、20分走っても、すれ違う車はほとんどないです。。。
2011年02月24日(Thu) 12:52
ラピスままさんへ
編集
> くじらが見られる時期のハワイ、行ってみたいですね~。

やはりマウイ島がいいようですよ。他の島は「運がいいと」見えるのかな。
ぶるぶる寒い日本の冬から、ちょっと逃げるのには最適な場所かもしれません。
2011年02月24日(Thu) 12:53
Hanakoさんへ
編集
いいでしょ、ハワイ!
マウイもハワイ島もカウアイ島も、それぞれに味がありますね。ラナイ島は、Hanakoご夫妻のまったりしっとり滞在にお勧めです。

しかし母は、まるで日本のキャディさんのようでした!(爆)「そこまで、カバーする?」みたいな。

私もジャンも日本に行って以来食べ過ぎなので、やっぱり大変だ~って。実感しましたよ。体重を聞かれた時に。(ぶーっ!)
2011年02月24日(Thu) 13:01
angelharmonyさんへ
編集
私はマウイのホテルからクジラをみたこともありますが、今回この飛行機から潮を噴いているのや、5-6頭が固まっているのを見て、その光景の方が感動しました。

確かに一頭のクジラの全体とか見にくいのですが、海で自由に泳いでいる姿、というのかな。ナショナルジオグラフィックのテレビで見る感じとも、ひと味違うんですね。

久しぶりのハワイで、人工的なところと自然を満喫しています。
2011年02月24日(Thu) 13:05
ひでのさんへ
編集
最近、飛行機のライセンスを取る方も多いようですね。

私は、「自由な感じ」に憧れてダイビングのライセンスをとりましたが、そこまでです。飛行機まで飛ばしたい、とは思いませんでした。

確かに、世の中キナ臭い。指導者の資質は、それを選ぶ側の資質によるのだろうか?それとも「単に」個人の資質なのか。。。と、考えてしまいます。

歴史はいつも目の前にある訳ですが、「世のために」という考えをもって始めた政治や宗教が、広がって多くの人の手にかかると暴動だとか差別、さらに独裁政治になってしまう世の中をながめると、人間のもろさに切なくなります。
2011年02月24日(Thu) 13:29
編集
こんにちは。
サンディエゴの隣の住人もハワイ大好きで、毎年バケーションでした。タイムシェアしているようです。
写真を拝見していると・・・寒いのかしらね。
それなりに「冬」なのでしょうか?
2011年02月24日(Thu) 22:21
LaceyBlueさんへ
編集
タイムシェアは沢山ありますね。新しい開発もあるし、またワイキキでもヒルトンやウィンダムが新しいのを建てているので、それはもう選択肢が沢山あると思います。

ラナイ島の山は寒いくらいです。この時期、マウイでもオアフでも、山は少し肌寒いかもしれません。
海の近くは、暑いです!真夏です!ところが、日本人は、「日焼けを防ぐ」のに、長袖を着ているんですよね。日傘付きですよ。ゴルフ場でこそ完全防備の、「色白いのち」の日本人です。
なかなか真似できない私は、母に「後悔するわよっ!」と叱られてます。

2011年02月26日(Sat) 04:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。