リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ できることからTOP日本へのラブレター ≫ できることから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

できることから


悲惨な映像が、それぞれが「自分の幸せをかみしめる」機会を、強い衝撃とともに与えてくれた。

「自分にできること」を少しずつだが確実に考える機会を、与えてくれた。

多くの方々が寒くて食糧供給も限られた避難所で過ごされる今日だが、日本の各地から、そして世界中から善意の祈りがおくられている。

一日でも早く、暖かな日が届いてほしい。きれいな水と、ごはんが届きますように。

大阪道頓堀の看板から、「グリコ」の看板が消灯した。「東京電力の節電呼びかけ」に、「関西でもできること」を実践した経営陣に、拍手。
1299942225_photo.jpg
(ヤフーニュースより転載)

そして、昨日お知らせした「がんばれ、日本!」(←クリックで、オリジナルページへ)に寄せられたメッセージを、いくつか抜粋してみた。青い文字をクリックすると、tweeterのページにリンク。

 スーパーでの出来事
「スーパーで無事買物出来ましたヽ(´o`; でもお客さんのほとんどが他の人の事を考えて必要最低限しか買わない感じだったのが感動しました(涙) 

 まいちゃん
『お前今日なんで髪ストレートなん? 俺巻き髪の方が好きって言ったべ』 『そーだけどー、まいに出来る節電ってこれ位しか思いうかばなかったしいー』 電車の中でのギャルカップルの会話。 日本全体が自分にできることを考えてんだな。って実感して、なんかうるうるしてしまた。まいちゃんイイネ!

 子どもの背中
子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。

 侍魂
母親より。 今朝の横浜市営地下鉄…。 乗り込んだ車内でアナウンス。 「混み合っている中、誠に申し訳御座いませんが○号車は女性専用車両となります。」 女性達も動揺したが、あれだけ混雑している中、文句一つ言わずに男性達は外に出て次の電車を待ったらしい。 侍魂。これが日本の男性です。

 安全な場所
娘三歳がぬいぐるみ達をうんしょ、うんしょとどこかに運んでいた。「じしんがくるから、みんなひなんしたの」と言う。しばらくして、さて寝るかとパパの掛け布団を開いたらぬいぐるみが全員寝てた。思わず吹き出した。そして、いつもパパと寝てる娘三歳が「ここが安全」と思ってくれていて嬉しかった。

少し心がほっとする、人の優しさに触れた時。


関連記事

Comment

ホッと一息♪
編集
22:50頃、また地震がありました。震源地は静岡県の東部で、マグニチュードはM6.6 横浜のうちの地区は震度3でしたが、マンションの6Fなので結構揺れました。思わず机の下に隠れました。(しっかりお尻は出てたけど・・・) 夜の地震は昼間よりドキドキです・・・

KayさんのBlogを読んでまた元気と勇気をもらいました。ありがとうございます♪♪
2011年03月15日(Tue) 09:16
そう!
編集
渇水なのに、日照り続きで給水制限されてるっつのに
芝にじゃんじゃん水遣りしてる近所のオヤジに頭来てる
私としては、Kayさんの記事、英訳して投函してやりたい感じです。

それにしてもこの倫理感の高さ、我々のDNAに流れてるんですよね。
血流鈍い人も何人か知ってますが・・・苦笑

私もKayさん見習って元気なブログ書かなきゃあ、と思っているんですが、
ニュース先に見ちゃうとダメですね・・・ハニワになっちゃう。
いえ、胴回りじゃなくて、目が・・・・
2011年03月15日(Tue) 20:59
編集
Kayさん、ブログにコメントありがとうございました。
今日までネットが繋がらず、周りの皆さんがどれだけ心配してくれていたのかも気付かず、のんきなティーママでした。
我が家は家族全員無事でした。
電気は2,3日前に、水道、ネットは今日復活しました。
ご心配お掛けしました。
こちらには、全国、全世界から応援の手が差し伸べられています。
本当に心からありがとう、と思います。

周りはとても悲惨な現実ですが、私も少しずつ歩き始めようと思います。
2011年03月16日(Wed) 09:05
angelharmonyさんへ
編集
余震が続くし、寒いうえ、原発の不安は日々大きくなる、東北地方では雪までふるって、いい加減にしてくれ!と、海外に住む私たちも自然の驚異に腹が立ちます。

被災地ではないだけに、東京横浜など他県に住む方々は「自分は普通の状態なのに強いられる節電や日用品の不足」は、頭で分かっても気持がついていけない、という心理的な葛藤もあるかと思います。

悲惨な映像は「全国民のみなさん、もう少し我慢して下さい、まだ被災地は何もかもたりません」という、頭と心のギャップを再認識してもらうための、最後の手段なのだと思います。

そして、世界の人へは「これだけ準備した日本でもどうしようもない自然の災害がある。それぞれの国のありようを、もう一度考え直せ!」という警鐘ではないでしょうか。

人類への警鐘を日本が担う理由は、たぶん「前代未聞の災害をうけても、凛とした心で立ち続ける日本人の理性」が、「人間のモラルの原点」の規範になるほど、強い衝撃を与える力になるからだと思います。(世界は、それだけ「弱肉強食」の理論がまかり通る、とも言えます。)

日本でも、一部には強奪や強盗もあると思います。
それでも、大多数の人が思いやりをもって生きていこうとする姿は、やはり世界の人に「人間の尊厳」を再度確認させる、力強いメッセージなんですね。

悲しい映像をみて気持が沈んだときは、祈るのをやめるんです。私は、元気になって!という明るいエネルギーを送り続けたいから。
原子力発電所で命をかけて働く人たちの努力が報われるように、応援のエネルギーを送りたいと思います。

2011年03月17日(Thu) 08:49
Hanakoさんの元気がいるのよね、
編集
今日の日本には!

こんなときだから、元気なエネルギーだけを送りたいです。
日本人の凛とした心が、世界の人に「人間の尊厳」を教えていると思うんですよね。
なのに、雪まで降っちゃって、これってあんまりだろう、と思う訳です。

だから、悲しい気持になったときは、祈るのも考えるのも止めます。
一時中断して、元気がでたときに、またポシティブウェーブが届くように、心の中で繰り返すんですよね。

「春になれ!福島原発の作業をしている人たちの努力が報われますように、電気の供給ができますように、道路が復旧できますように、食糧が届きますように」

これ以上、がんばれない人もいるとおもうんです。

でも、寝ずに復旧作業を続ける自衛隊とか救助を続ける消防隊員とか、心が折れそうになりながらも、被災者のかたに希望の光を灯し続けているひとには、少しでもエネルギーを感じてもらいたいですね。
世界中からの、祈りですから。

2011年03月17日(Thu) 10:05
わぁ!ティーままさん!!!
編集
この大変な時に、コメントいただいて、ありがとうございます!!
ティアラ家、ご無事なようすをブログで見て、ほっとしました!!

モノを送ることもできない今ですが、いつか元気な顔を見に行きますから。
そのときはセルフィちゃんも、もっと大きくなっているのかな。。。
体、大事にして下さい。雪の中、風邪引かないように。。。
がんばって、なんて聞き飽きたでしょう、春が来るように、一日も早く来るように、祈ってます!!
2011年03月17日(Thu) 10:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。