リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 記事の削除についてTOP日本へのラブレター ≫ 記事の削除について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

記事の削除について

数日前に、「仙台からのメール」という記事を掲載しました。

その記事と関連するコメント全てを削除させていただきます。


残念ながら、家族を捜す友人の所へ、心が痛くなるような詐欺まがいの電話やメールが
入るようになりました。

このブログには詳細を掲載していませんが、人の心に悪意が頭をもたげる
きっかけになるのは、不本意です。



沢山の人が、被災された方々のために、家族を捜す方々のために、
毎日、心からの祈りを捧げていらっしゃると存じます。


このような時に、さらに心を痛めつける行為に及ぶ人間がいることはとても残念です。


私たちは人生で出会う全ての人々から、生きることの意味を学ぶのだとおもいます。
生きていく上での「人間の品格」を、「こころのありよう」を。

あらゆる災難と幸福、出会いと別れを通して、
人生そのものを得ているのだと思います。

ブログに来て下さる暖かな心をもつ全ての方々に、心から感謝いたします。

家族を捜す方々は、一日でもはやく会うことができますように。

余震がおさまり、被災地の方々がゆっくり眠れる夜が来ますように。

自衛隊、消防関連、警察、医療関係者、発電所働く方々に、深い感謝を。

日々の暮らしの中で援助の手を差し伸べている全ての人が、お互いの暖かさを感じ、
励まし合えますように。

日本が、世界から「さすが日本」と言われる日が近い事を祈って。

関連記事

Comment

・・・・
編集
信じられません・・・・
こんな時に、ブログから他人の不幸に付け入ろうとする人間がいるなんて。

お金持ちからお金を盗もうとする悪人が、困っている人から
モノを盗む悪人よりマシだなど考えることがあろうとは、今の今まで
思ってもみませんでした。

その連中は人間のクズですね・・・この怒りと悲しみの持って行き場がありません。

Kayさん、どうかご自分を責めないでくださいね。
Kayさんのことだからものすごく心を痛めてらっしゃると思います。
このことを知ることができて、我々も互いに誰かを守ることができるはずなんです。

情報を発信するって本当に難しい・・・・・
2011年03月24日(Thu) 15:49
編集
こんにちは。
Kayさま、どうか、ご自分を責めることのないように。

今は日本全体で愛他精神が広がっていますが、事態が落ち着くにつれて、
この事態を利用しようとする人たちが出てくるでしょう。
悲しいことですが、これもまた人間の所業だと思っています。
全ての人々が人の人たる弱さを克服できることを願ってやみません。
2011年03月24日(Thu) 20:41
編集
こんにちは。

連絡のメールいただいたときに、
とっても悲しくなりました。
腹立たしいのもあるけど・・・。

災害でつらい思いされている方たちを
これ以上傷つけるようなことはやめてほしいです。

2011年03月24日(Thu) 22:40
編集
Kayさん、

大丈夫ですか? 

人の優しさ、懐の深さに感動する話がある一方で、人の不幸に付け入るような話があるのはとても悲しく残念です。
すでに義援金詐欺という問題も発生しています。こんな時期に信じられない話ですが・・・

昼と夜があるように、善と悪、光と闇、プラスとマイナス、一対だらけのこの世の中。私の中にも善と悪は存在しますが、いかにくバランスを取っていくか、ということだと思います。

善意の人がいれば悪意の人もいる・・・ということを、しぶしぶ認めつつ、悪意の行為をしてしまった人が、早く自らの過ちに気づき、善意の行動を取ってくれるよう、祈ります。

善意と癒しの祈りが被災した方々に、復興への意欲と希望が芽生えつつあるように思います。少しずつではありますが、一部の人たちから、「なんとかなる、なんとかする」という言葉が出てくるようになっています。
さらにみんなで祈りましょう!応援しましょう!

そしてどうか原発事故が1日も早く収拾され、放射性物質の漏れがとまりますように・・・これ以上農作物や水が汚染されませんように・・・ 

2011年03月24日(Thu) 22:59
編集
こんばんは。
はじめまして。
リトルくんのブログからよく遊びに来ていました。
私も記事を載せていたのですが・・・
全て削除いたしました。

こんな事がおこるなんて本当に残念です・・・。
こんな時にこんな事するなんて・・・。

少しでも多くの方が助かりますように・・・。
2011年03月25日(Fri) 11:02
Hanakoさん!
編集
> お金持ちからお金を盗もうとする悪人が、困っている人から
> モノを盗む悪人よりマシだなど考えることがあろうとは、今の今まで
> 思ってもみませんでした。
↑そうそう!でも、世の中はなぜか「金を持っている盗人」は、罰せられないのですよ。たとえば、リーマンショックで大変な騒ぎを起こしたのに、CEO達は誰も牢屋に入ってないとか。あ、ちょっと話がずれたけど。

> その連中は人間のクズですね・・・この怒りと悲しみの持って行き場がありません。
↑ この未曾有の災難の中で、人の心を傷つけるヤツは、最低だと思います。が、そういう人もいて、世の中なんですね。
私は被害者ではないので、なんとでも言えるのですが、実際に電話を受けたご家族の方の気持を思うと、「そういうヤツには、いつか天誅が降りるぞ!」って思ってしまったり。。。人の不幸をダシにするような輩は、どうしようもないですね。

ただ、人間のできたかの友人は、情報公開を取り消してほしいと連絡してくれたところで、「みなさんの思いに、本当に感謝で一杯です」とおっしゃっているのです。
彼女の器の大きさが、私にもあったら。。。と思います。

2011年03月25日(Fri) 20:33
LaceyBlueさんへ
編集
思いやりのあるメッセージをありがとうございます。

善意の気持で、沢山の方がブログで情報を交換したり、メッセージを出していたんですね。そういうところから、ご家族の電話番号などを探し出した人もいるのでしょうね。
様々な人がいて、世の中ですよね。ある意味で、こういうときこそ「詐欺まがい」が暗躍する時ですね。

思いやりの心が深くて、すばらしい心をもった人たちに囲まれている幸せを感謝せずにはいられないです。
2011年03月25日(Fri) 20:40
ラピスままさんへ
編集
こんばんは。コメントありがとうございます。

もう十分つらい思いをしている人に、追い打ちかけてどうするのか!と思います。

こんな時に詐欺まがいの行為をする人も、いつか気がつくと思います。そのときに、しっかり自分の心を見極めてほしいものです。



2011年03月25日(Fri) 20:46
angelharmonyさんへ
編集
大丈夫です、私は。

被害を受けた方が、「みなさんの思いやりに、深く感謝します」とおっしゃるんですね。その器の大きさに、また心を打たれます。

> 昼と夜があるように、善と悪、光と闇、プラスとマイナス、一対だらけのこの世の中。私の中にも善と悪は存在しますが、いかにくバランスを取っていくか、ということだと思います。
↑本当に、世の中はいつもいろいろな人がいます。自分の心の中だって、善意と悪意(小さいにしろ)が闘う事ってありますし。さらに、自分の価値観の善と悪で物事をみるのが、必ずしも正しいとも限らない。

でも、詐欺行為をするひとが「幸せだ~!」と言った所で、赦せる訳じゃないけど。おっしゃる通り、悪意に満ちた人も、ある時突然気がつく時が来ると思うのです。そのときに、自分のしてきたことを見る勇気がある、その程度の人ではあってほしいですね。

自分はどんなときでも、自分のできる事を少しずつ、一歩ずつできる人間でありたいですね。小心者ですから。(苦笑)

2011年03月25日(Fri) 20:57
ポンママさんへ
編集
はじめまして!コメントありがとうございます!!

家族探しを記事にされた方はみなさん、心から心配してなにか手助けがしたかったんですよね。
義援金詐欺とか、悪意の電話を被災者の家族にしている人たちは、自分の行為がどれほど多くの人を傷つけているのか、分からなくなっているんでしょうね。残念という一言で片付けるには、あんまりだろう!と思ってしまいます。

それでも、家族を捜している多くの方々が、どこかの避難所で会える事を祈っています。
そうして、また新しい一日を踏み出す元気になるように、ずっと祈り続ける人が、沢山いると思うのです。
私も、その一人として、みなさんの後ろをくっついていくんですけど。。。
2011年03月25日(Fri) 21:02
編集
kayさん
心ない事をする物ですね
情けなくなります
でも負けないでがんばって下さい
2012年03月08日(Thu) 02:21
ryuji_s1 さんへ
編集
過去記事まで読んで下さったんですね。ありがとうございます。
このお友達、昨年の4月にご家族のご遺体もみつかりました。
もうすぐ3月11日ですね。
まだ気持がおさまらない方々も多いと思います。すべての方々が、いつのひか心の折り合いを見つけて、幸せに暮らせる日がきますように、と再び世界が祈ってくれると思います。
2012年03月08日(Thu) 21:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。