リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 思いがけないプレゼントTOP日本へのラブレター ≫ 思いがけないプレゼント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

思いがけないプレゼント

先週のバケーションハウスのゲストは、65歳前後の女性5人グループ。
テネシー州からやってきたようだ。
7年生(中1くらい)からの仲間だそうである。

オットは毎回ゲストに会って、世間話しながら不自由や問題がないか、と確認している。

「お世話やき」オットにつきあって、私も沢山のゲストに会ってきた。


典型的なテネシーの明るくって楽しいオバちゃん5人組、自称「the Lovies」
しゃべりだすと、とどまる所を知らない。

プールガイ(プールの掃除のお兄ちゃん)の家族構成はもちろんのこと、
ゴミ収集のおじちゃんが文句を言いたいゴミ出し家庭、なんかも教えてくれた。



島にやってくるバケーション客の多くは、とっても楽しくって明るい。

だから、シーズンが来て渋滞やレジで並ぶことになっても、まあ、文句は言うまい。
(「おいっ!ヤンキー!ありがとうって言えよ!」と思うような輩もいるけど。。。)


土曜日の朝早く出立した彼女たちの後には、思いもかけないプレゼントが残してあった。


「Kayの、日本のワンちゃんへのプロジェクトに使ってね。
とっても楽しく過ごすことができました。ありがとう」

最近の災害がー中西部から東部へかけての竜巻とか、ミシシッピ河の氾濫ー
あまりに大きかったので、日本のことなんかかまっちゃいられない、のがアメリカ。

ちょっとした会話のなかから、私の気持ちを汲み取って、
「ポン!」と差し出された、$50。

全然期待していなかった人からの優しさに出会うとき、
人間の心の深さに、感動。


ありがとう、the Lovies!



関連記事

Comment

うるる・・・
編集
うわーんv-356Kayさん、泣けたよー!

でもそれもこれもKayさんっていう人が彼らを動かしたんだよね。
なんかこのLoviesの話を聞いて、速攻でTCさんたちC-Cuppersも
こんな感じじゃないかな、と思ったのは私だけ?

彼ら、Kayさんのじーんとしてる顔を想像しながら
きゃっきゃきゃっきゃ言ってテネシーに帰っていったんでしょうね。
なんかめちゃくちゃうれしいe-263
2011年05月16日(Mon) 20:41
そうなんです!Hanakoさん
編集
ね、あんなににぎやかで楽しいだけのおばちゃん達だと思っていたら。。。なんです!

> なんかこのLoviesの話を聞いて、速攻でTCさんたちC-Cuppersも
> こんな感じじゃないかな、と思ったのは私だけ?
↑ そうそう、おもわず「楽しいことは心底楽しく、世のため人のために、一肌脱いで」って、きっとこんな感じなのね。

今日、グループ全員の住所を教えてもらったから、早速Thank YOUノートを書いてます。でもね、邪魔がいるのよ~。隣りで「なでなでして~」って視線を感じている訳です。。。
2011年05月17日(Tue) 22:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。