リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ クリスマスディナーTOPごはん&おいしいもの ≫ クリスマスディナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

クリスマスディナー

 久しぶりにディナーらしいディナーを作ってみた。友人にも人気の「スタンディング リブロースト」。いわゆるローストビーフ。

 2日前にグローサリーストアに行ったら、なんだか美味しそうなリブローストがあって、骨2本分で6パウンド(2.7㌔位?)だという。見た目大きいのだが、焼いてみると小さくなるかな。。。とおもったらこうなった!

d2


 ディナーテーブルの上は、なんだかごちゃごちゃと。次回は、テーブルの上ではなくて、バッフェ風にしてみようかな。
d_20111226105557.jpg

メニューは;
 バブル入りのアップルサイダー
 ローストビーフ、ソース、ホースラディッシュと

 スイートポテトロースト
バターとハニーを乱切りのスイートポテトにかけて、200℃のオーブンで焼く。
d8


 芽キャベツとロースト栗のクリームソテー、ゴルゴンゾーラチーズのせ
チキンストックでさっと煮た芽キャベツとローストチェスナッツに生クリームを絡ませて、器にのせた後でゴルゴンゾーラチーズをふる。芽キャベツ苦手な大人に、ピッタリ。
d6


 りんごとクランベリーのゼリーサラダ。
セロリ、くるみ、パイナップル、みかん、好きなものを入れてチェリーとレモンのJelloで作るので、口当たりをあっさりさせるのにお勧め。
d7


 アスパラガスとオーロラソース
オーロラソース(マヨネーズ+ケチャップ)はアメリカ人のため。アスパラをさっと煮ただけ。
d5

 グレープトマトのロースト、バルサミコ酢とスイートオニオンで
d4


 大人のアップルタルトにバニラアイスクリームとコナコーヒー
ベルーベンアップル(デリシャス系は水分が多いのでX)、ドライフルーツいろいろ(レーズン、チェリー、デーツなど)、くるみとマーマレード、はちみつ漬けショウガで、フルーツケーキ味の甘くないアップルパイ。パイ型を使わず、パイシートを使うので、準備から出来上がりまで30分。
d3


 「ディナー」と気張ってみたところで、私が作るのものって「オーブンで焼くだけ」とか「出来上がりまで30分」というお手軽なモノばかり。
 今度はもうちょっとかっこいいディナーを紹介できるといいなあ、と反省した12月の夜に。




関連記事

Comment

編集
こんにちは。
これって何人分ですか(笑)。これだけの品数なら、次回はぜひ
バッフェにしましょう。見栄えしますよ。。。
2011年12月27日(Tue) 01:03
これは多いですね。
編集
今回も楽しそうな食卓ですね。
写真ですが、一つずつ味見をしたい気分です。
グレープトマトはプチトマトの事ですか?
このトマトは大好きです。
または別の種類があるのかなとも思っています。

以前、那須のカゴメの会社で、
見本で色々なトマトを栽培されていたのを、
木から直接食べさせてもらったとき、
こんなに多くのトマトがあるのかとビックリしました。
このカゴメはトマトの種を一番多く所有しているそうです。
2011年12月27日(Tue) 04:57
編集
すごい。おいしそうすぎる。
これで、簡単なものばかりって…やめてぇーKayさんっ
海苔巻並べただけの私のブログ、恥ずかしすぎるe-260
2011年12月27日(Tue) 16:00
LaceyBlueさんへ
編集
おっとっとっ。。。4人分なんですけど、多いですね。
作る量の目安が、いい加減になっています。というか、足りないのは恥ずかしい、だったら作っちゃえ~!みたいな、ノリです。(恥)
本体なら一品の量を減らして、品数を多くした方が良いと思うのですが、いや実際は面倒になってしまうんですね。そのあたり、まだまだ修行が足りません。(苦笑)
2011年12月28日(Wed) 16:03
(井案)さんへ
編集
> 今回も楽しそうな食卓ですね。
> 写真ですが、一つずつ味見をしたい気分です。
↑こんなおおざっぱな料理でも、そこそこ話題で盛り上がります。友人の「これなに、あれなに」という好奇心に感謝です。

> グレープトマトはプチトマトの事ですか?
> このトマトは大好きです。
> または別の種類があるのかなとも思っています。
↑グレープトマトは、大きさはプチトマトくらいですが、形はブドウ型(?)。というか、縦切りにすると楕円形のようになります。
プチトマトよりも、甘味が強いようなきがします。ただ、日本のトマトはどんなトマトも甘いですよね。
アメリカのトマトもいろいろ種類がありますが、やはり品種改良の技では日本にかなわないのか、味の方はちょっと水っぽいかな、と思います。

> 以前、那須のカゴメの会社で、
> 見本で色々なトマトを栽培されていたのを、
> 木から直接食べさせてもらったとき、
> こんなに多くのトマトがあるのかとビックリしました。
> このカゴメはトマトの種を一番多く所有しているそうです。
↑ カゴメさんの「種の保存部屋」は、企業秘密でしょうね。
でも、アメリカのスーパーで売っているトマト、やはり農薬が気になります。そこで、カナダ産トマトと買っているのです。これだと、温室で水栽培なので、農薬の心配もないんですね。
やはり、本来は夏に自宅の庭で栽培したトマト(あるいは野菜)というのが、一番おいしいものだと思います。
2011年12月28日(Wed) 16:10
yamaoさんへ
編集
> すごい。おいしそうすぎる。
> これで、簡単なものばかりって…やめてぇーKayさんっ
> 海苔巻並べただけの私のブログ、恥ずかしすぎるe-260
↑ 誤解していらっしゃいます、yamaoさん!

のり巻きって、やっぱり愛情と手間ひまかかってますから。のり巻きやおにぎりに、それぞれ家庭の味があるのは、お母さんの手が入っているからだと思っているんです。
私の料理、「切った、焼いた」程度では手間かかりません。子どもがいたら、私ならのり巻き作ります!
2011年12月28日(Wed) 16:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。