リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ アマゾン warehouse dealTOPアメリカ生活 ≫ アマゾン warehouse deal

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

アマゾン warehouse deal

 既にお気づきの通り、ワタシはアマゾンのファンである。商品の値段も、「プライム・サービス」も、カスタマーサービスも含めて、気に入っているのである。

「すれ違い事件」の主役は、この腕時計だった。ワタシは$79.34払ったのだが、昨日からなんと!$64くらい。


 残りも少ないようなので、似たデザインの同じ会社のものでは、これとか。。。


 ちょっと高いけど、根強い人気のブランドではこちらとか。


 ところで昨日の腕時計事件は無事に収集が着いたのだけれど、商品をチェックして「えっ?」と思ったことがある。
あ2

 表はこのとおり、結構おしゃれな感じ。
t_20120308025446.jpg

 ところが、裏を見てみると。。。
t2_20120308025445.jpg

 フタが中心からずれていて、赤の線がびしっ!
これじゃいわゆる「イレギュラー商品」(正規店舗では売らない、生産時のキズもの)ではないですか!!

 プレゼントにする訳ではないので基本的にOKなのだが、一応カスタマーサービズに電話してみた。

 「同じ商品が昨日から$64になっているけど、プライスマッチ(商品価格を下げる)は、やってくれない?」

(カスタマーサービスの発音は、どうみてもこんなかんじ)
「オーダーした時の最低価格が反映されるので、受け取り後のプライスマッチはできないんです」

 「ところでこの商品の裏のフタの部分がずれていて、赤の線が入っているの。いわゆるイレギュラー商品だと思うのよ。でも、サイトではそれについての表示がなかったわよね。ワタシは正規品のディープディスカウントだとおもったのだけど」

 「それでは、返品にしますか?イレギュラー品が届いたということで。」

 「後学のために知りたいのだけど、こういうディープディスカウント商品が「ディフェクト」とか「イレギュラー」(どちらも傷もの)というのは、商品説明に明示しないの?」

 「理由があっての値引きや、返品されて再点検済(refurbished)の商品は理由を明記します。この商品は通常の商品のはずなので、ディフェクトという理由で30日以内なら無料で返品できます。あるいは、10%のディスカウントで、クレジットカードに差額を戻しますけど」

 「20%ディスカウントに出来る?」(言ってみただけ)

 「20%ディスカウントできますが、返品は受け付けられませんよ。」

 「じゃあ、20%ディスカウントでお願いします。外見は問題ないの」


 という問答を経て、79ドルの腕時計は15ドル87セントのディスカウントをしてもらった。

 ワタシのように「傷ものでも、使用上問題なければ大丈夫」という、いいかげんな消費者なら、ディスカウント商品の宝庫、Today's Deal (今日限りのお買い得品)の Gold Box (時間ごとに商品がかわる)とか、Warehouse deal (返品された商品で点検済みのものなど) や Outlet(50%から75%オフ) はチェックする価値があるとおもう。

 そんなわけで、このブログにもアマゾンディールをのせてみた。
興味のある方、ぜひチェックしてみて下さいね。

 それにしても、商品のキズもの具合を確認せずにディスカウントしちゃうって、いいんだろうか?


関連記事

Comment

心配
編集
アメリカ流お買い物必修!
でも、イレギュラーって事でおばちゃま
心配があります。
深水100メートルオッケーなのでしょう?
線がずれているって、防水に問題はないのかしら?
ほら、メーカー品のおズボンもイレギュラーで
購入して洗ったら、あららら?が
あったおばちゃま。
ちょっと心配になってコメントしちゃいました!
2012年03月07日(Wed) 22:23
おばちゃまへ
編集
「きゃぁ~」と思ってはみたのだけど、よくよく考えてみたら「100m防水」といっても、ベルトはレザー(かフェイクかわからないけど)。どう考えても、「水の心配」には皿洗いの水くらいしか思い浮かばなかったワタシです。
というわけで、一応保証書もついているので、心配しないことにしました!と、めでたいほど「いいかげん」な性格の消費者。
もし水漏れしたら、悪態ついてメーカーに相談します。あ、近いうちにボウルかなにかに腕つこんでみようかな?
でも、おばちゃまくらいしっかり考えると、お買い物も奥が深くなりそうですね。うん、これからはオーダーする前に相談させて下さい(?!)

2012年03月08日(Thu) 21:10












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。