リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ お知恵拝借ーコレステロールの話TOPアメリカの医療 ≫ お知恵拝借ーコレステロールの話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

お知恵拝借ーコレステロールの話

 アメリカで「かかりつけのドクター」を探すのは、けっこう厄介なことである。なければないでも過ごせるが、専門医への紹介となると、やはりかかりつけドクターがいた方が便利だし、いいドクターネットワークを持っている人なら、やはり貴重なのである。

 大抵の医院(Doctor's office)は、Urgent care (緊急対応)とか Walk-in welcome(どなたもどうぞ)と掲げていない限り、まずは予約電話をして「新しい患者を受け付けていますか?」と、切り出すことになる。もちろん、受け付けない場合もあるし、「どうしてもこのドクターに診てもらいたい」となると、人のツテを頼ることになる。
 最近は、メディケア(Medicare 65歳以上の為の政府の保険制度)お断り、というドクターもいるくらいだ。

 晴れて患者として登録したとしても、基本的に予約制である。もちろん、高熱が出た場合など優先的に診てもらえるけれど、週末近くだったりすると「ER(病院の救急)に行って」とか「救急車読んだ方がいいわ」とかいわれかねない。(実際そういわれた友人もいる)

 さて先週血液検査をして、今日はドクターのところへいってきた。彼女は内科だが、基本的に「配り屋さん」みたいな人である。
 
 一応定期検診はするし、風邪やインフルエンザなら診て処方箋もだすけど、「ちょっと問題?」となると直ぐに「専門医を紹介」するのである。
 それが「お腹をこわしているの」というようなことでも、「胃腸科へ」。 そういう人だと納得してのお付き合いが、もう8年くらいになる。

 最近は「お肉、きらい」症候群を発症(?)、昨年の腎臓結石以来、体重も普通になった。

と!ところが~!!!
 
「コレステロール値、316」 晴天の霹靂とは、まさにこれ!

 いきなりですが、みなさまのお知恵拝借!お願いします!(ワタシの得意技)
 
コレステロール値を食生活とか日常生活の中で下げる方法をご存知の方、ぜひご連絡下さい!
そのため、ワタシのデータを一挙公開。

 身長 162cm
 体重 52キロ
 年齢 バブル時代を楽しんだ世代、ということで(爆)

 総コレステロール値     316mg/dL(昨年265)
 トリグリセリド(中性脂肪) 63mg/dL (昨年 90)
 HDL(善玉)        107mg/dL (いつも90くらい)
 LDL(悪玉)        196mg/dL (昨年150位)

 血圧 上が100から105、下は55から60くらい。

 運動量;キャメロンと5キロ/50分の散歩を1週間に3-4日。1.5キロ/20分を3-4日。夕方は1キロ。時々ゴルフ。

 これからしばらく、チーズとアイスクリームは控える!と約束させられました~!

 ドクターとは以前から、処方箋のコレステロールを下げる薬を飲むか飲まないか、のバトルを続けているワタシ。次回下がらなかったら、「アタシの暮らしは、健全よっ!」とあげた拳の下ろしどころがなくなりまする。


「ママも、拳のかわりにしっぽ振れば、かわいいのに」
Image+5_convert_20120621042839.jpg
(お友達の洋子さんが撮って下さった、最近のワタシとキャメロンです)


 問題ないじゃん、ポチッ!としていただけると、元気がでます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 
関連記事

Comment

No title
編集
Kay さんの体重は私がバブルをずいぶんと楽しんでいた頃と一緒・・・・
うちの母のコレステロールが上がった時、ご飯に押し麦を混ぜてしばらく食べつづけたら次回の検査でだいぶ下がったことがあります。でも本人は純白米じゃないと嫌だと年寄りにあるまじき食事に戻り 今ではお薬の生活ですわ。
私は雑穀米が好きですがやはりアメリカではご飯自体食べる回数がぐんと減ったので それででしょうか、コレステロールもちょっと上がってしまってます。
やはりにほんしょくが一番なんでしょうねー。
2012年06月20日(Wed) 17:53
一般的には
編集
よく一般的に言われてるのは、オーツが良いっていわれてますから、
これから朝ごはんは、オートミールにするのはいかがでしょう?
それからアーモンド、アボカド、ブルーベリーも良いですよね。
クリントンが心臓を患ってから、牛乳の代わりにアーモンドミルクを飲むようになって、
コレステロール値がぐっと下がったって、記事で読みました。
動物性の物を控えると、ぐっと違うと思いますよ。
2012年06月20日(Wed) 20:21
No title
編集
うちの旦那もコレステロールが正常な人の3倍という、おそろしい数値です(汗)
数値が高いのは体質もあるようで、薬ですぐ下がるようですよ。
でも、旦那はまだ薬飲んでいません。

医者、栄養士に言われたことは、動物性脂肪分をなるべく摂らない。
パン食のときは、バターもマーガリンもダメ。牛乳も低脂肪飲んでます。
とにかく繊維質を多く摂る。野菜、きのこ、海藻類を多く食べています。
その他、えのき茸の出汁や、酒粕ジュースなどいろいろ工夫しているようです。
あと、運動も適当に。
2012年06月20日(Wed) 22:43
サプリ
編集
私の主人は サプリのRed Yeast Rice を毎日飲んでコレステロールが下がりました。今でも飲んでいます。主人の主治医もその効果を認めるサプリです。
2012年06月21日(Thu) 09:22
Nopal
編集
こんにちわ&初めまして。いつも楽しく読ませていただいています。コレステロール抑制効果があるもの、ということで、ついついしゃしゃり出て来てしまいました。自身のコレステロール値の推移計測はしていないので、科学的実証性は薄いのですが、コレステロールには、ノパール(食用ウチワサボテン)が良いそうです。以下のサイトに情報とレシピがあります。http://www.universalfoods.jp/product-3.html

私はフィールドワークでメキシコに行った際に、ノパール入りグレープフルーツジュースとノパール入りオムレツ(huevos rancheros)に出会って、この食材すんごい美味しい♪と個人的に大ヒットして以来のお付き合いですが、コレステロール以外にも体に良い成分がたくさん含まれているそうなので、機会があれば是非試してみて下さいませ。
2012年06月21日(Thu) 11:40
KEIKOさんへ
編集
> Kay さんの体重は私がバブルをずいぶんと楽しんでいた頃と一緒・・・・
↑バブルの頃のワタシは、もっと重かったんですよ~。キャメロンに感謝!です(爆)

そうそう、オートミールのコマーシャルでも、コレステロールが下がったって言ってますよね。
半信半疑だったんですが、ごはんに混ぜても効果があるなんて、おどろきです。

雑穀米がお好きなんて、体に良さそう!家も、白米をやめて「すこやか玄米」ってのにしています。玄米の外側を一枚はいだ、って感じで、歯ごたえがあって気に入っているのです。でも確かに、食べる回数が少ないですね。

昔はごはんもお味噌汁もいらない、って思っていたんです。オットが「ごはん食べたい」って言ったくらい。やはりコレステロールの為に、ごはん生活に戻らなくっちゃ!
2012年06月21日(Thu) 21:17
Salie さんへ
編集
> よく一般的に言われてるのは、オーツが良いっていわれてますから、
> これから朝ごはんは、オートミールにするのはいかがでしょう?
↑ そうなんです!ところが。。。やっぱりオートミールって冬の食べ物って感じがしませんか?(ワタシだけ?)市販のグラノーラは脂肪や糖分が多いので、自家製にしてオーツを食べていたんですけど、やっぱりだめでしょうねえ。。。

> それからアーモンド、アボカド、ブルーベリーも良いですよね。
> クリントンが心臓を患ってから、牛乳の代わりにアーモンドミルクを飲むようになって、
> コレステロール値がぐっと下がったって、記事で読みました。
↑アーモンドミルク。。。おいしいのかしら?実は今日、グローサリーのミルクセクションの前で、ソイミルクとアーモンドミルク、低脂肪ミルク(いつもの)、比べていました。でも、アーモンドミルクを買う有機が、今一歩でなかったわたしです。

> 動物性の物を控えると、ぐっと違うと思いますよ。
↑ そうなんですよね。でも~、お肉もチキンくらいか食べないし。バターもあまり使わないし。やっぱり、ごはんと納豆に焼き魚、というのがいいのかしらん。
2012年06月21日(Thu) 21:22
ラピスままさんへ
編集
> うちの旦那もコレステロールが正常な人の3倍という、おそろしい数値です(汗)
↑ ああっ!お友達見つけた~!!ってかんじ。3倍は、ちょっと怖いかもしれないけど。

> 数値が高いのは体質もあるようで、薬ですぐ下がるようですよ。
> でも、旦那はまだ薬飲んでいません。
↑ そうなんです。ワタシもかたくなに薬を拒んでいます。実は2年くらい前に3ヶ月くらい飲んだんですけど、筋肉痛はあるし、朝はつかれるし。いいことなし!でした。

> 医者、栄養士に言われたことは、動物性脂肪分をなるべく摂らない。
> パン食のときは、バターもマーガリンもダメ。牛乳も低脂肪飲んでます。
> とにかく繊維質を多く摂る。野菜、きのこ、海藻類を多く食べています。
> その他、えのき茸の出汁や、酒粕ジュースなどいろいろ工夫しているようです。
> あと、運動も適当に。
↑ えのき茸のダシ?酒粕ジュース?はじめて聞いた言葉です。
家も1年前から低脂肪牛乳に変えて、ワタシはパンのときはバター無しですね。でも、海草類は「ふえるわかめ」くらいしかありませんし。きのこも、マッシュルームならお手軽ですが、椎茸やえのきって、すっごく高いんですよ~!
やはり、日本のごはんがいいみたい。
だんなさまにはラピスままさんのような気配り奥様がいて、安心してごはんを召し上がれますよね~。いいなあ。
2012年06月21日(Thu) 21:27
こんにちは!さんへ
編集
> 私の主人は サプリのRed Yeast Rice を毎日飲んでコレステロールが下がりました。今でも飲んでいます。主人の主治医もその効果を認めるサプリです。
↑ そうなんです!ドクターにも、Red Yeast Rice を勧められました。処方箋を拒否しているので、「これなら自然のものだから、飲めっ!」って。
でも、ご主人様は実際に下がったんですね。やっぱり飲んでみようかな~!
2012年06月21日(Thu) 21:28
(悠)さんへ
編集
初めまして~!こめんと、ありがとうございますっ!

このノパールというサボテン、このあたりのスーパーマーケットで見たことがあると思います。
さいきん、ヒスパニック(南米の移民)が激増なので、多分そういう人たち向けの野菜セクションにあったような。「えっ、サボテン食べるのかい?」とびっくりしましたもの。

自身のコレステロール値の推移計測はしていないので、科学的実証性は薄いのですが、コレステロールには、ノパール(食用ウチワサボテン)が良いそうです。以下のサイトに情報とレシピがあります。http://www.universalfoods.jp/product-3.html
↑早速このサイトを拝見しました。ほんとに、簡単な料理法ものっていてびっくりです。

> 私はフィールドワークでメキシコに行った際に、ノパール入りグレープフルーツジュースとノパール入りオムレツ(huevos rancheros)に出会って、この食材すんごい美味しい♪と個人的に大ヒットして以来のお付き合いですが、コレステロール以外にも体に良い成分がたくさん含まれているそうなので、機会があれば是非試してみて下さいませ。
↑(悠)さんが実際に召し上がって、美味しいと思われたんですね。この食材をみて美味しいとはとても思えなかったので。(爆)そのお言葉を信じて、こんどみかけたら、買ってみようかな。ちょっと勇気がいる買い物ですね。やはり初心者はジュースですね。よしっ!と気合いを入れてみました。
2012年06月21日(Thu) 21:36
No title
編集
コレステロール値の高い食べ物って
美味しいものが多いですよね~☆
私も基準値をオーバーしてるので
ソイミルクを飲んでます・・・

でも、効果があるかどかは分かりません。
アイスやコッテリ系をたくさん食べてる
からで~す(笑)
2012年06月23日(Sat) 19:49
No title
編集
女性はLDLが高いから必ずしも動脈硬化が進むというわけではない、
という考えが最近では日本で話題になってます。
(男性はLDL高いとそれだけ動脈硬化が進みやすい傾向だそうですが・・・)
特に青魚中心の食生活をしている日本人女性のLDLは悪玉では無い可能性があるようです。

ちなみにLDL=総コレステロール -(HDL+中性脂肪×0.2)で計算されるので、
LDLが高けれは、総Choも高くなります。

実は、私は20代の頃からずっと高いんですよ~(;´∀`)
これは運動とか食事とか加齢以外に、体質にも関係しているみたいです。

アメリカではスタチン製剤と呼ばれるコレステロールのお薬は、
日本の2~8倍が常用量だそうなので、
万一、お薬を飲まねばならない事態になりましたら、薬の量を減らす必要があります。
(ロスバスタチンというお薬では、白人と比べ、日本人は血中濃度が2倍になるという
データもあります・・・)

食事やサプリメントでコレステロールを下げるなら、やはり、青魚の油かな~??
EPA(エイコサペンタエン酸)は医薬品にもなってるし、
動脈硬化予防にもなるそうですよ~

以上参考までに~~(´∀`*)ノシ
2012年06月24日(Sun) 04:49
医療データー
編集
アメリカの医療は驚きますね。
コレステロールですが、何か原因が有るはずです。
突然に発症は考えにくいです。
癌も然り今は糖尿病や腰痛も何らかのストレスが原因だと言われています。
また女性のコレステロールの高いのは心配が要らないとも言われています。
思い当たる原因を取り除く事です。
2012年06月24日(Sun) 08:04
バニパパさんへ
編集
> コレステロール値の高い食べ物って
> 美味しいものが多いですよね~☆
↑でしょ!そうなんです!と、力がはいりますが、外食よりはまし、と手作りにしても、やはりバターはマーガリンより美味しいし、脂ののったサカナはおいしい。。。と、食べ過ぎるのが一番の問題かもしれません.(爆)

> 私も基準値をオーバーしてるので
> ソイミルクを飲んでます・・・
↑ それはすごいです。随分昔、ソイミルクを飲んでからどうにも手がでないんです。
最近のは、おいしいのかなあ。。。

> でも、効果があるかどかは分かりません。
> アイスやコッテリ系をたくさん食べてる
> からで~す(笑)
↑ バニパパさんの場合、かっこいいから、いいんです。コレステロール値だけが問題じゃなくって、他の問題とあいまって、問題になるだけだと思いま~す!
2012年06月24日(Sun) 19:38
ルナ姉さんへ
編集
ひさしぶりでございますっ!コメントありがとうございます。
さすが、ルナ姉さんからコメントいただくと「ふむふむ」と納得です。

> 女性はLDLが高いから必ずしも動脈硬化が進むというわけではない、
> という考えが最近では日本で話題になってます。
> (男性はLDL高いとそれだけ動脈硬化が進みやすい傾向だそうですが・・・)
> 特に青魚中心の食生活をしている日本人女性のLDLは悪玉では無い可能性があるようです。
↑ まず、アメリカで青魚を手に入れること自体が、難しいことなんですね。というか、都会の中国系や韓国系の大手マーケットは別ですが、ワタシは普通のスーパーマーケットで「あじ」とか「さば」を見たことがないんです。で、食べないよりはマシだから、手に入る魚でお茶をにごして。。。(苦笑)

> 実は、私は20代の頃からずっと高いんですよ~(;´∀`)
> これは運動とか食事とか加齢以外に、体質にも関係しているみたいです。
↑ ワタシも20代からずっと高かったですね。ワタシの両親も、高いです。
これは遺伝じゃ!と言い訳にしていますが、親にも「300こえたらいけないでしょ」と、冷たくあしらわれています(笑)

> アメリカではスタチン製剤と呼ばれるコレステロールのお薬は、
> 日本の2~8倍が常用量だそうなので、
> 万一、お薬を飲まねばならない事態になりましたら、薬の量を減らす必要があります。
↑ そうなんですね。様々な処方箋薬が日本のものよりずっと強力です。
ちなみに3年程前にZetiaという、statinスタチン製剤を半量にしてひと月程飲みましたら、朝からだるいし足の筋肉に力がいまいち入らない、などの症状がでたので「やめた!」

> 食事やサプリメントでコレステロールを下げるなら、やはり、青魚の油かな~??
> EPA(エイコサペンタエン酸)は医薬品にもなってるし、
> 動脈硬化予防にもなるそうですよ~
↑ ワタシの友人も、フィッシュオイルが効く!と言っています。これは、1年半程前に試したのですが、ワタシのコレステロール値自体はあまり下がらなかったんですね。でも、まじめに飲まなかったからかな?やはり、量を守るのは大事でしょうね。

結局は、おいしいものを食べ過ぎる、という自分の食生活の改善から。。。とほほですが、努力してみます!

2012年06月24日(Sun) 19:56
(井案)さんへ
編集
> アメリカの医療は驚きますね。
↑ あ、驚くことだらけです。日本の方が、医療費が高い!とおっしゃるのを耳にすると、思わず「いやいや、日本の制度はものすごーく恵まれているのだよ!』と教えてあげたくなる位。。。

> コレステロールですが、何か原因が有るはずです。
> 突然に発症は考えにくいです。
> 癌も然り今は糖尿病や腰痛も何らかのストレスが原因だと言われています。
> また女性のコレステロールの高いのは心配が要らないとも言われています。
> 思い当たる原因を取り除く事です。
↑ ワタシも、「女性のコレステロールが高いのは、男性程問題ではないだろう」という意見に、諸手を上げて賛成です!(爆)
変わったことは、更年期の諸症状が出たり消えたりしていること、でしょうか。
この「出たり消えたり」って、ストレスかもしれません。「どっちなのよっ!はっきりしなさい!」みたいな気分になりますから。あ、それは単なるわがまま?かもしれませんけど。
2012年06月24日(Sun) 20:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめtyaiました【お知恵拝借ーコレステロールの話】
 アメリカで「かかりつけのドクター」を探すのは、けっこう厄介なことである。なければないでも過ごせるが、専門医への紹介となると、やはりかかりつけドクターがいた方が便利だし、いいドクターネットワークを持っている人なら、やはり貴重なのである。 大抵の医院(Do...
2012年06月21日(Thu) 09:42
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。