リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ Le Miserable TOPアメリカ生活 ≫ Le Miserable

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

Le Miserable

 劇場ミュージカルが映画になって、舞台以上だな、と思った作品はほとんどないのです。

でも、これはおすすめ。「レ・ミゼラブル」



 予告編だけで「もう、うんざり」という方もあろうけれど、私がこれまで見たミュージカル映画の中ではこれに勝るものはないほどの、作品でした。

 椅子に背中が張り付く感じとか、最後まで微動だにせずにスクリーンを見つめるとか、見終わって直ぐに立ち上がることもできないとか。これ一本で、全部体験できます。

 俳優たちについては、それぞれの個性と演技があまりにも印象的で、言いたいことや褒めまくりたいこともたくさんあるけれど、全部控えさせて頂きます。

 私はいつも主役級より一歩控えめ、という人に目がいくのだけれど、今回も学生を指揮するEnjorlas役の Aaron Tveit に目が星になっておりました。

 いづれにしても、普通のミュージカル映画とは違って、歌も撮影と同時録音だから、俳優さん達はきっとものすごく大変だったと思います。
泣きながら歌い、悲しみと怒りと諦めと、そして勇気を織り込んだ演技を大写しで見ることができる、というのが映画の醍醐味でしょうか。
 そして全編にわたって、歌も台詞(ほとんどないけど)もとても聞き取りやすいので、劇場の音響で今イチ内容がよくわからなかった方には、お薦めです。

 この作品、ブルーレイディスク購入決定!という程のお気に入りになったし、上演打ち切りになる前に、もう一度大きなスクリーンで見たいな。


 

  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 
関連記事

Comment

No title
編集
初めまして。
素敵なブログいつも拝読いたしております。
私も観ました!素晴らしかったです!
アン・ハサウェイは学生時代から
コーラスに真剣に取り組んでいたのですってね♪
わたしもディスク購入します☆
2013年01月21日(Mon) 19:43
編集
こんにちは。私、最初は舞台を撮影して映画館で…なのかと思っていたので、完璧に映画ということでビックリしました!!そして皆さん、予想以上に歌がうまい!!下手なアイドルが主役の映画なんて作ってはいけない!!と思いました。子ども向けのレミゼ原作しかしらなくて、帝劇でミュージカルを見た時は「え、こんな話だったの!?」と思いました…ハズカシイ(--;)
2013年01月21日(Mon) 20:33
No title
編集
こんにちは!

私の友人も感激で素晴らしかったと言ってました。
舞台でも感動しましたが映画も見たくて明日、見に行きます♪♪
楽しみです^^
2013年01月22日(Tue) 03:28
ああ無情
編集
私も予告編だけで「もう、うんざり」という派でした。
また題名も「ああ無情」ですからね。
何か陰気な気分が漂っています。

でもケイさんは面白い見方をされますね。
何か見に行きたくなりました。
参考になりました。
時間を作って私も行ってみたいです。
2013年01月23日(Wed) 04:09
オスカーさん
編集
劇場版ミュージカルも、かなり感動しました。
でも、この映画をみたら、映画の迫力というのは舞台とは全く別物なんだ!と改めて知りましたね。

私も子供の頃「ああ、無情」を読みましたが、「無情」の意味が分からなくて。ミュージカルを見て、「エ?」って思ったのは、オスカーさんと同じです!
2013年01月23日(Wed) 21:24
MISAKIさんへ
編集
初めまして!コメントありがとうございます。

> 私も観ました!素晴らしかったです!
↑あ、なんだか初めての方にそういっていただけると、とーっても嬉しいです!

> アン・ハサウェイは学生時代から
> コーラスに真剣に取り組んでいたのですってね♪
↑お母さんが、レ・ミゼーの舞台にでていたそうです。だから、「絶対にやりたい!」という気持でオーディションを受けた、とどこかで読みました。
そう、あの気迫は、怖いくらいでしたね。

> わたしもディスク購入します☆
↑やっぱり!ですよね。

これからも、時々遊びにおいでくださいませ。コメント、本当にありがとうございました!
2013年01月23日(Wed) 21:31
苺さんへ
編集
いかがでした?楽しまれましたか?
楽しい、と言うか。。。見てよかった、という映画だと思います。と、私が褒めても全然説得力はないのですが。。
2013年01月23日(Wed) 21:40
(イアン)さんへ
編集
> 私も予告編だけで「もう、うんざり」という派でした。
> また題名も「ああ無情」ですからね。
> 何か陰気な気分が漂っています。
↑そうそう!子どものとき、「無情」の意味がわからなかったし、妙に「いじわる」な話だとおもっていました。一体何を読んでいたんでしょうね?と、今は思いますけど。。。。

> でもケイさんは面白い見方をされますね。
↑え。。。いや、俳優さんのことを褒めたいのですが、それはやはり見る人の感動を削ぐかな、とおもいまして。
でも、舞台俳優というのは顔は見えないですから、「全身での演技」でもあると思います。舞台はもちろん、素晴らしいと思いました。でも、映画の迫力、というのがどんなものかをはっきり感じることができた作品でした。

> 何か見に行きたくなりました。
> 参考になりました。
> 時間を作って私も行ってみたいです。
↑はい、ぜひご覧になって下さい!イアン先生のご意見も、ぜひお聞きしたいです。。。
2013年01月23日(Wed) 21:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。