リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 桃栗3年 バナナは4年?!TOPリゾート暮らし ≫ 桃栗3年 バナナは4年?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

桃栗3年 バナナは4年?!

 家のお向かいの裏庭に、バナナの木がある。

 以前の持ち主のそのまた友達が、「お招きいただいてありがとう」の気持ちを表そうと植えたものらしい。持ち主のジャックは、「アホなものをうえくさって!」といたく憤慨していたが、結局そのまま残っている。

 いかに「南部」といっても、バナナは「地物」ではない。せいぜい、「エキゾチックムード演出の為に、植えてみようか」という類いの植物である。

 毎年、夏になると巨大な葉っぱが家の窓から見えた。最初は、屋根の向こうに「ちらっ」とのぞく、という大きさだったが、去年あたりは屋根からずっと高く見えた。この葉っぱが大きいので、パティオ(テラス)でランチをする時など、テーブルクロスの代わりに使うとちょっとおしゃれ、だと思う。

 今日、久しぶりにバナナの葉っぱを一枚ちょうだいしようと、裏庭へまわろうとしたところ。。。

バナナがなっている

DSCN0549.jpg

屋根の上に、たわわとは言わないが、青いバナナ!

 オットは、「いつとるんだろう?」ともうしっかり収穫するつもりだ。今夜あたり、ハワイに住んでいる友達にメールで聞くに違いない。
「バナナって、いつになったらとれるの?」
(ツマの独り言;彼が知る分けないのに。人を困らせてどうする!)

 バナナの木は巨大になっていて、マスタールベッドルーム(主寝室)の壁を押しつぶしそうだった。

DSCN0551.jpg

ちなみに横にたっている愛想のない木は、地元のヤシの木である。バナナの木の1.5倍くらいの高さで、上の方~にヤシの葉っぱが、情けない様子でくっついている。




 
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。