リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 実家との距離TOPアメリカ生活 ≫ 実家との距離

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

実家との距離

 日本に住んでいたら、「アタクシ、帰らせていただきますっ!」と実家に帰ることもできるなあ、と思ったことがある。

 ところが、飛行機のチケットを予約しなきゃとか、パスポートを探すという面倒な状況が、「さっと玄関を飛び出して」というシーンまでに至らなかった。(いやいや、オットができた人なんでそういう事は無かったんです、本当は!)

 ただ両親に会うたびに「年をとったなあ」と感じ始めた頃から、いつもアタマの隅っこに「日本の家族に何かあったら、アタフタと飛行機予約しなきゃいけないんだ」とちょっとだけ引っかかっている。
 
 実際そんな状況になって、火曜日の飛行機に乗ることになった。10月末に日本へ行くはずだったが、こういう想定ではなかった。
 父と24/7鼻を突き合わせる暮らしにストレスを感じている母(本人は否定してるが)の遊び相手をして、ついでにおいしい日本の秋を堪能するはずだったのだが、先週の母からの電話で状況は一変。

 想像していたほど、アタフタしてない。ただ、3週間のうちに準備するはずだった事を、3日間で片付けるってことは、ちょっと面倒なことだ。

 その上、この週末は友人が来てお泊まりしながら、オットと仕事に励んでいるし、私自身も壁紙はがしにも貢献しているから、結構忙しい。(いい訳だけど。)

 さらにプールやキッチンのデザインについて、「経費節減をモットーとするシャチョー(オット)」と、「見た目重視のデザイナー(ワタシ)」との対決が続いている。(オットにはデジカメの使い方を教えて、ちゃんと報告してもらう!)

 なんだかんだ、結局「ひと月、遊んできま~す」という感覚のままだ。

というわけで、ブログをアップデートできなかったりすると思います。便りがないのは元気な証拠です。日本の味覚を、時々お知らせしますね!
関連記事

Comment

いってらっしゃーい
編集
Kayさん、チョット事情はあるとはいえ、母国。
楽しんでいろいろ楽しい話題を持って帰ってきてくださいねー!
いってらっしゃーい!
2009年10月12日(Mon) 19:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。