リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 帰りは長旅。。。あり得ないTOP日本滞在記 ≫ 帰りは長旅。。。あり得ない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

帰りは長旅。。。あり得ない

 2週間半の日本滞在を終えて、無事に帰国。

 台風がどこに来るのかと、ちょっとドキドキしたけれど、無事に15日の朝の便で名古屋(セントレア)を飛び立つことができた。
 北京での待ち時間が長かったのだが、セントレアのチケットカウンターであり得ないミステイク!荷物も当然チェックスルーで搭乗券も目的地まで出してもらえるとおもっていたのに!いきなり、JALの女性が丁寧すぎる物腰で、

 「中国政府の法律で、かならず出国して荷物を受け取って下さい。それから再度ユナイテッドのカウンターで、搭乗券を発券してもらって下さい」とのたまう。

 北京空港で「24時間以内の国際線乗り継ぎ」の場合;
 ビザ不要(認められない国もあるので、要チェック!)
 最終目的地までの搭乗券があれば、「国際線乗り継ぎ入国審査(Transit Immigration)」を通るだけ(すぐにセキュリティーをとおり、出国ロビーに入る)
 荷物が最終目的地までのタグをつけていれば(搭乗券と連動)、北京空港での受け取りは不要

 こういうことを知らずに、カウンター業務をやってほしくない。アメリカでも成田でもやっている、と言っても聞く耳をもたないって、なにそれ?
 「ありえない〜」と抗議したものの、ビザのこともインターネットで調べたり電話をかけまくる責任者らしき女性をみて、もう面倒になって「勝手にしてくれ」とばかり、北京までの搭乗券を受け取ることにした。

 ちなみにセントレアでは、エアチャイナのカウンター業務をJALが請け負っている。提携会社がカウンター業務を担当していても、制服はJALだ。これは、エアチャイナがスターアライアンス(ユナイテッドや全日空のグループ)に加盟する以前からそうなっているそうだ(2013年10月現在)

 北京空港到着後、一般入国(e-ticketがあるので問題ないが、スーパーバイザーのハンコが必要だった)、トラムに5分くらい乗って荷物を受け取り場まで。ここがまた広いから、テレビ画面でどのカルーセルに出て来るか探さないと大変。

 カートに荷物を山積みにして、税関を通る。
ここで、「出国の荷物検査」とか言われるけど「インターナショナル・トランジット(国際線乗り換え)だから〜!」と素通りさせてもらって、ユナイテッドのカウンターへ直行(エレベーターで4階へ)。
 アメリカのでかいスーツケース+中型スーツケース+キャリーオンのスーツケースのカート、エレベーターではひんしゅくだったかもしれない。

 再びユナイテッドのカウンターで「なぜ、ボーディングパス(搭乗券)がいるの?日本で出してもらってないの?」と聞かれて、説明する。「今度は、こんな面倒なことしちゃダメよ」って、ワタシだってそういうつもりはありませんけど。。。

 再びトラムに乗って、国際線ターミナルへ(来た道を逆行ね)。出国検査、セキュリティチェック(これが面倒なの)、おかげでパスポートには種類の違う中国のハンコがベタベタとある。

 午後1時頃のラウンジは空いていたし、空港自体もあまり込んでいなかったのが、ラッキーだったけど。
そういえば、成田や名古屋、福岡行きの便は、全部欠航になっていた。ラウンジでも、随分日本語を耳にしたけれど、あの人たちに比べたらワタシは無事に飛び立てたから、良しとしよう!と思ったのは、じつはここまでだった。

 帰りはシカゴ到着も時間通りで、長い待ち時間をラウンジで過ごしていたが、テキサスからミシガンにかけてのストーム(嵐?)で、飛行機到着が1時間ちょっと遅れて到着。

 ここでまたあり得ない!のは、乗客が全部降りた後、15分もしないうちに搭乗させたってこと。掃除とか機内チェックは?と半信半疑ではあるが、とにかく飛行機は出た。

 ところが1時間半程飛んでいたら、いきなりキャプテンのアナウンスは、
「サヴァンナまでガソリンが持たないようなので、knoxvilleに緊急着陸します」って、飛行機がまさかのガス欠?!

 ノックスヴィル(テネシー州)はオットの出身大学がある町だし、育った町の近くだから、これまで何度も行ったことはある。けど、いきなり夜中の空港に降りた経験はない。

 ラッキーなことに、ハンガー(飛行機の駐車場みたいなところ)に同じ型が一機あるので、飛行機を乗り換えて出発することになった。(機種が違うとパイロットが操縦できない、という事態になる)
 天井の電気を取り替えているメンテナンスのおじさんたちが、ロビーで私たちが出て行くのを待っているだけという、殺風景なことこのうえない空港を後に、最終目的地まで無事に出発。

 東海岸時間で、15日の夜10時45分に終るはずだった旅は、16日の午前1時45分にサバンナへ到着とあいなった。

 昔から旅行会社の友人には「Kayは、旅行会社のエージェントより、トラブルに対処する術をしっているよね〜」と言われているけれど、さすがに「ガス欠」って、初めてだ。

 翌日、ユナイテッド航空から届いた「ご迷惑をおかけしました」eメールから、7000マイルのボーナスマイルを請求して、無事一件落着。

 Jet lug(時差ぼけ)が長いのは、帰りの長旅のせいじゃないの?と思う、秋の夜。

  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

No title
編集
わあ〜!帰りは本当に大変な事になってしまいましたね。中国で出国して荷物を出し入れしたり、ガス欠って本当に信じられませんね。それにしても、テネシーのノックスビル緊急着陸ってびっくりですよね。ジャンさんとキャメロンちゃんと一緒にゆっくり休んでくださいね。

2013年10月18日(Fri) 01:11
編集
こんばんは。コレはまた大変でしたね…本当にお疲れさまでした!今いろんな航空会社が参入していますが、カウンターのおねえさんとか絶体把握出来ていないだろうなぁ…と思います。また日本に滞在する時には、行きも帰りもトラブルなく順調にいきますように。
2013年10月18日(Fri) 07:18
No title
編集
ほんとにあり得ない~!
まじっスか?って感じです。
本当にお疲れ様でした。

キャメロンちゃんもお留守番おつかれさま!
2013年10月18日(Fri) 09:18
No title
編集
な、長い~。乗り換え3回?ってことですよね(^^;) お疲れ様でした。

ガス欠、、、ま、足りないって飛んでるうちに気づいたんで丸って事で(笑)
2013年10月18日(Fri) 13:13
No title
編集
お疲れ様でした~でも無事に帰れてホットしておられるでしょう。
でもガス欠の話で、
Kayさんには申し訳ないですが、不謹慎にも笑ってしましました。
こんな事ってあるのですね~ビックリです。
愛犬にも逢えてユックリ休んでください~。
お灸は忘れないで下さい~。老化防止です。
何時までも若いKayさんで居て下さい。
2013年10月20日(Sun) 04:55
洋子さん
編集
こういうことがあると、やっぱり日本から直行便のある町はいいなあ〜!と思います。
でも、島暮らしが長過ぎて、いまさら都会に住むのもなあ。。。日々、ワン子としれ〜っと暮らしているから、キャメロンに快適なお家に住むことを第一条件だし。
すぱっ!と、パラダイスに引っ越しを決めた洋子さんを見習いたいものです。
2013年10月20日(Sun) 20:46
オスカーさんへ
編集
ここ数年、日本への行き帰りで「とんでもない」ってことはなかったので、安心していたんですけどね。
1時間遅れの予定で迎えにきたオットに、いきなり「いま、テネシーだから〜」と電話したのは、自分でも呆れました。
おかげで、彼も寝不足の時差ぼけ(?)みたいな日を過ごす羽目に。まあ、たま〜にあることだ!と、思うことにするしかないですね.(苦笑)
2013年10月20日(Sun) 20:53
ラピスままさんへ
編集
聞いて下さいよ〜!!あんまりなキャメロンなんですっ!

わたしが意気揚々(でもないけど)と、玄関から「キャメロン、ママだよ〜」と言っても、ス〜ピ〜と寝息を立ててねているワン子!
まあ、夜中の3時近かったし。。。でも、おもわずがっくり、のワタシでした。(爆)
2013年10月20日(Sun) 20:55
Aceさんへ
編集
はい、思いもよらない乗り換え三回。こういうことがあると、日本から直行便のある町がいいかな〜と、思います。でも、トロントは寒いし、カリフォルニアは高いし。難しいですよねぇ。

> ガス欠、、、ま、足りないって飛んでるうちに気づいたんで丸って事で(笑)
↑ この発想はなかった。。。思いっきりの前向き視点に、脱帽です。
2013年10月20日(Sun) 20:58
イアンさんへ
編集
はい!ホッしすぎて、怠惰な日々を過ごしてしまいました。
日本でおいしいものを食べ過ぎたので、罪滅ぼし(?)で、オットにはちゃんとご飯を作ってみました。

先生に教えて頂いたお灸を、戻って2日目に試してみました。なかなか気持がいいというか、「おっ!」という感じでした。これは、成功ということなのかな?2日くらい間を空けて、練習中です。
今回は、教えて頂いて本当に良かったと思います。ありがとうございました。
また、次回日本へいったら、ぜひ立ち寄らせてください。
2013年10月20日(Sun) 21:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。