リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ The Old Pink House in Savannah サバンナのピンクレストランTOPごはん&おいしいもの ≫ The Old Pink House in Savannah サバンナのピンクレストラン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

The Old Pink House in Savannah サバンナのピンクレストラン

 オットのいとこが遊びに来ていて、特別イベントもないのにすっかり時間がたってしまいました。

 ちょっと遊びに出かけたサヴァンナで、とっておきのレストランを発見しました。

 その名も、「The Old Pink House Restaurant and Tavern」(オールドピンクハウスレストラン)。(クリックでトリップアドヴァイザーUSAのOld Pink Houseへ飛びます)
IMG_1426_convert_20140330095537.jpg

名前が出ているのは1789年だけれど、1771年から建てられたといわれるジョージアンスタイルの建物は、サヴァンナでも屈指の綿花事業家であった、James Habersham Jr.の邸宅でした。

 サヴァンナは「ゴーストツアー(お墓とか幽霊が出る場所を尋ねるツアー)」もあるけれど、日曜日の静かな午後は、地下で自殺したMr. Harbershamの幽霊の声が聞こえるらしい。。。?

 さて、ディナーはちょっとお高いので、ランチを楽しむことにしました。玄関にはとてもイイ感じのグリーターがいて、気が利くことこのうえない彼が、席まで案内してくれます。
 グリーターは「どこから来ている人か(リピーターになりそうかどうか)」というのも、案内する時のカジュアルな会話から、色々な判断しているようですよ。
IMG_1429_convert_20140330103050.jpg
 
 予約を入れていなかったので、カジュアルなバーエリアに案内された。

 さて皆さん!こういう「由緒ある建物のレストラン」なのだから、リクエストだけはしてみるわけです。

「ダイニングエリアのお部屋のお席は、無理かしら?」と。けっしてむげに「ありません」なんていわない。入り口まで引き返して、彼はホステスに耳打ちするのですよ。
リピートしそうな客か、観光客かとか。
 
 玄関の脇にはいった暖炉のあるメインリビングほどではないけれど、ちょっとイイ感じのお部屋のダイニングエリアに落ち着いたわけです。まだ肌寒い異常気候のこの頃、暖炉の火はとても和むのです。
IMG_1421_convert_20140330102329.jpg

 こんなおしゃれな「フライド・グリーン・トマト」は初めてみた!スイートコーンのソースの上に、さっくりコーンミールの衣で揚がったトマト、上には紫キャベツの甘酸っぱいソテー。
IMG_1417_convert_20140330100443.jpg


 この日の「お魚」はフラウンダー(カレイ)ですが、「丸ごと上げたカレイ」じゃおおきすぎるので、フィッシュフライのサンドイッチ。スイートポテトフライだって、銀器にはいって出てきました。空になっているけど、ピンクレモネードもここで絞って作っています。いとこも、フィッシュサンドイッチにサラダのランチ。
IMG_1418_convert_20140330101513.jpg

 フィッシュタコスは、グリルしたカレイにトッピングが沢山ならんで、とても素敵です。さすがサザンクッキング、オクラのピクルスもついていました。ピクルスも、自家製です。
IMG_1420_convert_20140330101648.jpg

 デザートは、3人で分けました。ピーカン・バスケット(アーモンドチュイールのピーカンナッツ版)に、自家製ジェラートとベリー。これに美味しいコーヒーで、完璧なランチになりました。
IMG_1423_convert_20140330102440.jpg

 昔の邸宅、天井が高いし廊下も広いのです。左側のドアは、スレート床(石のタイルの感じ)のバーとカジュアルなダイニングエリアになります。おそらく昔は、外から運んだものを置くような場所だったのでしょうね。ワタシが立っている右手にキッチンへのドアがありました。
IMG_1425_convert_20140330102621.jpg

 サービスも行き届いた、素敵なレストランでした。
特別な日のディナーなら、ちょっとおしゃれして出かけたいところです。すぐ隣りに、1892年の建物をホテルに改装した「Planters Inn」(クリックでホテルのサイトへ)もあるので、ロマンティックウィークエンドにお薦めです。


  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

No title
編集
歴史を感じる建物の中のレストラン、
雰囲気も味も良かった。
ピーカン・バスケット美味しそう~
寿命が延びましたね。
ハタと私は最近レストランに行っていません!
何をしていたのででしょうか??
学校が休みなので時間はタップリあるはずですのにね~(笑)
明日は映画にでも行ってきますかね。
2014年04月01日(Tue) 08:59
No title
編集
こんにちは。
こういうピンクの歴史を感じさせる建物って、案外多いのですね。
ラ・ホヤにもヴァレンシアというホテル・レストランがありますが、
ちょうどこんな色です。
南部料理・・・ポーラおばさんとジミーちゃんしか思い浮かばなくて、
趣味が合わないなァと。。。ほんとは、もっと美味しそうなものが
あるのでしょうけどね。。これからの課題です。
2014年04月01日(Tue) 22:14
No title
編集
わあ、素敵なレストランですね!いつか、ぜひ一緒に行きたいです!
2014年04月04日(Fri) 14:57
(イアン)さんへ
編集
こういうおいしいものを食べると、「勉強になるのよ」と、ダンナを脅して(?)います。最近は「面倒だから外で食べよう」というよりも、雰囲気や料理の出来というか、プラス何か、というものが欲しくなりました。
2014年04月04日(Fri) 19:46
LaceyBlueさんへ
編集
そうですね、ポーラさんは典型的な南部料理。昔からのファミリーレシピーですから、田舎料理ですよね。塩からいし、揚げ物やバターを山盛りつかったキャセロールとか。
恥ずかしながら、そういう田舎料理も大好きなワタシです。
この建物は、レンガなんですよ。でも、サヴァンナで漆喰が流行った(?)時代があって、多くの建物がこんな風になったようです。

2014年04月04日(Fri) 19:50
洋子さん
編集
はい!夜でもランチでも、贅沢に行っちゃいましょう〜!!次回はちゃんと予約しなくっちゃ!
2014年04月04日(Fri) 19:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/03│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。