リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 杖なしで、歩いてますTOPアメリカの医療 ≫ 杖なしで、歩いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

杖なしで、歩いてます

 12日の手術だったから、退院して2週間半である。

 日本人の感覚としては信じられないことに、本当に信じられないのだが、ドクターに会うのは3週間目である!!

 リハビリのトレーナーさんの腕に頼り切る、3週間である。
週3日、1時間半くらい時間をかけるのだが、疲れ果ててお昼寝は必須のようだ。昼寝は絶対しない人だったから、体力もちょっと落ちているのかな?

 笑顔なのに、やたら厳しいトレーナーの元、夫は今週から「自転車こぎ」が始まった。
月曜日は5分、水曜日は8分。明日は10分!

 トレーニングの中には、「マッサージ」という時間もあって、「かたまり(knot)」のように感じるあたりを、しっかりマッサージしてくれる。これがまた「痛きもちいい」という。

 エクササイズによる膝の疼痛に加え、薬の副作用でじんましん+便秘+腹痛に悩まされているオット、不機嫌なことこの上ない今日この頃。

 困ったことは、クリニックのナースと電話相談になる。
ナースからは、便秘解消の薬の量を「使用目安は無視して、日中と寝る前に飲む量」を言い渡されたらしい。

 そして輪をかけて不機嫌な理由は。。。

 日本じゃ考えられない、「処方箋薬、保険会社が自腹で全額払えといってきたこと」
 
 手術の一週間前から、セレブレックス(CELEBREX  興味のある方はここをクリックで英語ページに飛びます)をめぐって、ドクターのオフィスと保険会社の間で悶着があった。

 手っ取り早く言うと、新手の消炎鎮痛剤なのだが、ドクターは「これじゃなきゃダメ」という。
保険会社はなぜだか、「保険からの支払いを認めない」という。

 ところが2週間半経った今日、郵便の中に「Celebrexの保険適応を認めます」というのがきた。

 「今更、遅い!退院して2日後に、ドクターのオフィスから「お試し1週間分」をもらい、薬局で1週間分を自腹で支払ってきた。7日分$200だよ!」と、激怒の電話を入れたが、後の祭りである。

 (この薬とは別件で、鎮痛剤の副作用の吐き気を抑える薬も、保険適応を認められなかったのである。これは、30錠で$100。結局5錠も飲んでいないので、捨てたお金だねえ。。。)

 オバマケアが施行されて、我が家の保険料は毎年倍増である。
しかも、これまでのように保険会社の選択肢も、保険内容の選択肢も随分変わってしまい、「はぁ?」というようなことが多々起きている。

 これで、病院の入院費用とか手術費用の請求書がきたら、一体どうなることやら。

 オットは「肉まんやあんまんが食べたい」と、いきなりとんでもないリクエストをしてきた。(全然関係ないけど)。セブンイレブン、なんですけど〜!!
IMG_2793_convert_20150130103545.jpg

 調子の悪いお腹のために、植物繊維山盛り+お豆腐の中華スープ。ツマの力尽きた、今夜のごはん。
IMG_2795_convert_20150130103609.jpg


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
関連記事

Comment

No title
編集
旦那様の回復、順調みたいですね~(起こりながらも電話掛ける余裕があると言う事からの想像ですが、、)

薬によって保険が利く利かないって、これ迷惑ですよね。余分に払った分、返金とかあると良いのですが、、、、そういう融通、、、ないんでしょうかね?

実は、実家の父が腰の手術を来月するので、その打ち合わせに今回帰国中に同伴したんですが、いや、、、、日本のお医者様達も最近は結構すっごい態度!で驚きましたー。それも結構若いお医者様達(30代、40代前半)だったんですが、どこの国の医療サービスが良いって、、、、ちょっと一概に言えなくなった気がした一コマです。ま、ある意味、アメリカの方がフレンドリー差では勝ってるんじゃないかと(笑)
2015年01月29日(Thu) 22:07
No title
編集
パソコンに入れなくて、遅くなりましたが、退院おめでとうございます。
しかし、苦難のリハビリに鎮痛剤、色々ありますね。
日本では考えられない事が多いようですね~。
今、パオパオの肉まん買ってきました~偶然です(笑)
今度来られたらパオパオ肉まん御馳走致しましょう~他のを食べれませんよ~。
2015年01月31日(Sat) 08:21
No title
編集
順調なご回復のようでなによりです。

それにしても、日本とアメリカの医療制度の違いはびっくりですね。
日本では病院行って、お薬もらって健康保険がきくのは当たり前ですが、皆保険制度が守っていけるようにしてもらわなくては・・・と、考えちゃいました。
2015年02月01日(Sun) 03:40
Aceさんへ
編集
お父様の手術、順調に進むといいですね。
ところで日本のドクターも、最近は「患者さま」とか呼んでいるとききました。
昔は、「おれさま」みたいなドクターも多かったし、患者さんを見下す(何も知らないくせに、みたいな?)ところがあったけど、最近は変わっているんじゃないですか?でも、偉そうな患者さんが増えて問題らしいですが。

ところで今回のドクター、忙しすぎ。腕はいいようですが、とにかく「機関銃のような勢いで話す」んですよ。年寄りの患者には、問題じゃないかなあ。。。(爆)
2015年02月03日(Tue) 19:45
イアンさんへ
編集
もし東京に住んでいたら、先生のところで経絡してえいただいて、余分な副作用を抑えていただけると思うのですが。。。

先週からの自転車こぎで、大腿部の筋肉痛とか、結構本人には大変な様子です。

あ、日本でいただくものは、大抵のものが「極上」ですよ〜!!
2015年02月03日(Tue) 19:47
ラピスままさんへ
編集
アメリカの保険制度は、日本とは全然ちがいますね。
でも、「みんなが使えるようにする」のはいいことなです。でも、れで税金が上がるわ、悪用する人はいるわ、将来の展望はない、となると、見切り発車のいい加減さに振り回されることになります。

ああ、もう保険のこととなると愚痴しかでない〜!!!と、なっちゃう今日この頃です。
2015年02月03日(Tue) 19:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。