リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ クリスマスデコレーションTOPアメリカ生活 ≫ クリスマスデコレーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

クリスマスデコレーション

 THanksgiving Weekendなんだから、張り切ってクリスマスツリーを飾ろうともろもろの準備を始めたとたん、カメラのバッテリー警告が赤色になった。。。

つりー1

 「ちょーっと、待って!今日はここまで!写真がとれない!」と言い出したツマ(私)に、

「写真なんか、後でもいいじゃないか!」
と、もっともな事を言うオットを尻目に、さっさとオーナメントの箱を部屋の隅っこにおしやる。

「飾るのは後なんだから、箱はそのままにしておけば?」

「だめっ!せめてリボンとライトをつけた写真を撮りたいじゃない!」

 ブログを書き始めてから、写真を撮るのが一等最初にくるので、オットは2番になることにちょっと不満なご様子。(いや、ワン子が2番だから、オットは3番

 初めてオットとアメリカで迎えたクリスマス、オットが忙しそうだったので、さっさとツリーを飾り始めた私は、
「ちょっと!何一人で飾っているの!」と真剣な顔で文句を言われた。

 「外の掃除で忙しそうだし、手伝えば早くすんで、お買い物にも行けるじゃない。。。」

 「そうじゃない!ツリーは、家族て飾るものなんだ!大事なことなんだから~!」


 「そんなの、聞いた事無い!私は日本人だからっ!家は、母親と子どもで飾るのっ!」ところで、結婚してないし、、それってプロポーズか?

 結局それはプロポーズでもなんでもなかったのだが、以来、ツリーは必ず二人で飾っている。

 さて、ライトを灯すとピックしか飾っていないツリーでも、そこそこ写りもいいじゃないか!とご満悦なツマ。バッテリーがヒクヒク状態なのか、ピントもあわないが。。。

ツリー2

明日、明るくなってオーナメントを飾ろう。今日は、ピックの写真だけ。

ピック1

12月になると、豪勢なものからちゃちなものまで、25¢とか50¢で手に入る。フローラルアレンジ用のワイヤーをつけてもいいし、そのままツリーの枝に巻き付けて「速攻隙間なし豪華絢爛クリスマスツリー」ができる。
 
 そんなわけで、明日は「優しいオット」とともに、「家族で」クリスマスツリーを飾る日..

すねて寝てしまったオットのイビキをききながら、週末の友人とのディナーメニューを考える静かな夜に。

 
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。