リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ LEDライト、レトロフィットバージョンTOP我が家ーミニ改装 ≫ LEDライト、レトロフィットバージョン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

LEDライト、レトロフィットバージョン

 この家の天井ライト、いわゆる「リセス・ライト」というもの。天井から釣り下がるタイプではなく、天井に埋め込まれているような感じ。明るさの調節もスイッチでできるから、本を読むのもテレビを見るのも適度に変更できて、まことに使い勝手が良い。だいたい、かさの掃除もいらない。

 6年前の大改装のときに、リビングルームやキッチンのライトをぜーんぶ付け直して、リセス・ライトにした。
電球は、「フラッドライト(flood light)と呼ばれるタイプで、外周りにも使えるでかいタイプである。

家が古いということは、配線に使われている電線も古い。
LEDライト(電球)のほうが耐久年数も長いし、省エネルギーというので、最近はどこもLEDライトが幅をきかせている。我が家も、このLEDライトにずいぶん投資をしたのだ。

 ところが、「古い電線のプラグにLEDライトを使うと、使い勝手が良くない」ことに気付いたのが、この数年のこと。普通の電球に比べて50%は高いのに、耐久年数は変わらない。

 しかも、こんな感じ(amazonの商品写真から拝借)のフラッドライトは、小さい電球のようなのが半分くらい点灯しなくなったり、逆に半分点灯して30分くらいして全部点灯したりと、ちょっとヘン!ということが多々あった。
51pQHaSEKVL.jpg

 ところが、最近の「レトロフィットのリセス・ライト」は、ある意味画期的な商品である。
古いタイプのリセスライトの電球の差し込みにプラグインして、LEDに取り替えられるというもの。

Amazon.com USAでみると、こんな感じ。

 ブランドやディマー(明るさ調節対応)などにより値段が$40〜$20とかわるし、セールになっていることも多いので、探してみることをお勧め。
 
 オットは、近くのLowe's(DIYの大型店)でセールになっているのを見つけて、まずは$25くらいのを購入してきた。
そのあと、他の店のセールで$17というのを発見して、また買いに走った〜!

 とりあえず、ちゃんとモノが付いていることを確認。
IMG_3667_convert_20151019082409.jpg

 古いリセスライトの電球を外す。この、でかい電球ね。
IMG_3671_convert_20151019082457.jpg

 電球の差し込みにプラグを差して、まるごと古いリセス・ライトのハウジング(筒型の電球が入っている部分)にいれると、ピンというかバネがちゃんと引っかかる作りになっているらしい。
IMG_3672_convert_20151019082543.jpg

 お試しスイッチオン。手前の2個は新しいLEDライト、奥の2個は取替え前の古いタイプなので、明るさの差が歴然としてしまった。
IMG_3677_convert_20151019082633.jpg

 取替え一個にかかる時間は、2分もないくらいの早業。

 なんとなく新しい天井になった感じがするし、取替えも簡単だし、ディマー(dimmer 明るさ調節)も使えるなんて、とてもお得な$20の使い方。

 しかも、「22年半、取替え不要」と一応謳っている。「レトロフィット」というのだから、多分LED電球をそのまま繋ぐよりは、電線との相性もちょっとは良くなっていることを期待したいものだ。

 さあオットよ、あと20個ーキッチン、バスルームと廊下ーが残っている。がんばって取替えてね!


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

コレだー
編集
我が家もこのタイプの電気です。
今度LED電球に替えようと思います。
実は南側に3階が建つので、
1階のリビングは穴倉の様な暗さです。
昼間も電気が必要ですので、せめてLEDに
日本の住宅事情は最悪ですね、(苦笑)
今日はバックスザフューチャーの日ですね。
映画の未来に行く設定した日です。
「2015年10月21日4時」
今もテレビで騒いでいます。
しちらでは、如何でしょうか?
奇しくも私の誕生日だったとは、これまたビックリです(笑)
2015年10月21日(Wed) 05:05
井案先生へ
編集
お久しぶりでございます! 
日本では、お隣に家が建つとなると、気になりますね。実家の周りに最近建った3軒は、道路に面して駐車場はあるけれど、やはり庭がそれほど広くはないようで、南側の窓と隣の家の窓が「こんにちは」状態にならないように、互い違い(?)に配置されていました。デザインする人も苦労しているなあ。。。って。

でも3階建てとなると、ちょっと迷惑ですね。周りの環境に合わせた高さ制限とか、あるといいのに。。。

2015年10月23日(Fri) 21:35
編集
そういったライトは自宅にも職場にもないのでただのイメージですが、電球を外して中をぐるりと掃除するのでしょうか?

LEDの話はかなり昔、自分の初めての車(中古車)に数年後最新のエンジンを取り付けたら本体が根をあげた事を思い出しました(笑)
ちょっと違いますが新旧入り混ぜたらダメな事もあるって話ですよね(…やっぱり違うかも…?
2015年10月26日(Mon) 07:38
名無しさんへ
編集
掃除のことなんて、考えたことがなかったです。。。(汗)
突出している場所がないので、埃もあまりつかないんじゃないかなあ。。。と、言い訳なんですけどね。

でも一年に一回か2回、マイクロファイバーのはたき(?)のようなものを、電球の周りというかハウジングのあたるをぐるっと回す感じですねえ。
ああ、掃除嫌いがバレバレですね。(爆)

2015年10月27日(Tue) 12:02












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。