リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 飛んで〜。。もうすぐ止まれるか?TOPアメリカの医療 ≫ 飛んで〜。。もうすぐ止まれるか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

飛んで〜。。もうすぐ止まれるか?

 沢山のかたから、メール+メッセージ+コメントで、オットを気遣っていただき、心より感謝申し上げます。

 「飛んで 飛んで 飛んで。。。」は、円広志さんの夢想花なのですって。いろいろなバージョンがありましたが、ご本人が歌っているシンプルなものを、YouTubeから借りてきました。こんな高いキーで歌っていたのね。。びっくりでした。


 さてオットですが、あまりに文句たれなので、月曜日に直接ドクターと電話で話しましたよ。しかし確かに電話だと、左耳では何も聞こえないらしい。。。
 感染症かも?と薬を出してもらい、火曜日にドクターのところに「緊急チェック」に行ってきました。本来なら、術後1週間してから診てもらうのですけどね。
実際は、「あれこれ文句言うから、診てあげるよ」って感じだったような気もします。

 結局感染症もなく(これが一番心配)、眩暈というより「バランスがとれない→一人で歩けない」のと「ねた姿勢から座ると、立ちくらみ状態になる」とか、「起きたときや座っていると、吐き気がする」というのは、耳の手術のせいではない、という見立でした。

 循環器のドクターに連絡したほうがいいのではないか、という勧めにしたがって、昨日から血圧を測ったりしながら、今朝は循環器のドクターにも電話しましたとも。

 オットは、循環器のドクターからは「年齢の割にとても健康!問題があったら、連絡して」とお墨付きをいただいていたのですが、さすがに「血圧上が195で下が90」では心配ということで、またお薬をいただきました。

 多分〜思いやりのない妻の勝手な推測ですが、聞いたことのない手術で緊張(ストレス)が大きくなって、一時的に血圧が上がっちゃったのだと思うわけです。
 本人、耳鼻科のドクターに診ていただいただけで、「ちょっと体調がいいかな」なんて言い出す始末ですから。(一時的に思っただけでしたけどね)

 それにしても、アメリカの医療制度は患者に対して「自己責任」を押し付けすぎなんじゃないの?と思うことがあります。
 日本のように術前から入院して、術後も長く留めおくのもちょっとな〜とは思うのですよ。でも、日帰りっていうのも、ちょっと心配ではあります。
 
 ひっくり返るほど驚いたのは、乳がんで全摘しても一泊(24時間)ですからね。

 とくに今回腹がたったのは、病院からもらった資料が間違っていたこと。

 退院前に病院から「今日の手術の説明と、これからのケアについて」という、プリントアウト(資料)が手渡されます。どんな手術か、ガーゼやコットンを替えるならその手順、何日くらい続けるか、薬の飲み方、「こんな症状がでたら、即病院に連絡するかERへ連れて行って」、というようなことが書いてあります。

 どんな手術でも、術後にドクターが待合室にいる家族に実際どんなことをしたか、経過説明をしてくれます。
なので大体のことはそこで分かるのですが、それでも家族は手渡される資料を読んで、安心すると思うのです。

 私の場合、家に戻ってから真面目に資料を見始めた途端「これ、違う手術じゃん。。。ぶちっ!」
 実家が耳鼻科医院であったことと、学生時代からそこでアルバイトをしていたこともあり、今回の手術の説明などを聞いても、なんとなくですが理解できていたようで、家での管理はちゃんとできたのですが、これが眼科系だったら???となり、どうしよ〜状態だったかもしれません。(その日のうちに問題があったら、病院の担当ナースに電話することになります)
 
 ドクターから説明された手順で、耳に薬を入れたりコットンを取り替えるのも、問題なくできるけど。。。でもね、もらう資料は、正しいものが欲しい!と、思った私でした。

 そんなこんなですが、血圧が落ち着けば、多分オットの体調も良くなるはず。。。耳鼻科のドクターには2週間後、鼓膜を押さえているパッキング材(縫合しないで、鼓膜と移植した皮膚がくっつくようにしている)を取り除く処置のために、行くことになるようです。

 とりあえず血圧降下の薬が効いて、体調が戻ることを期待したいものです。
じゃないとツマがそのうちぶちっ!となりそうな、もうすぐひな祭りの夜。
 
 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Comment

編集
おはようございます。
>乳がんで全摘しても一泊(24時間)
……(;゜∀゜) あまりのことにビックリして固まってしまいました。ウチはダンナが看護師なのでわからないこととかすぐにきけますが、お医者さんからの説明ってその時ははいはい…っていってもあとからあれ…と不安になるので正しい資料をちゃんと渡してほしいですね。
私の知り合いは薬局でジェネリックでお願いしたんですが…と言ったらあわてて取り換えたらしく、薬が違っていたそうです。この時にダブルチェックをしなかったみたいで、違う薬が入っていたようです。しばらく気がつかなくて体調が悪くなりまた病院にいって確認してわかったとか。薬剤師さんを過信するのもよくないですね。自分でもまた確認しないと。
ダンナ様は季節の変わり目の気候変化もあり、不調を強く感じるのかもしれないですね。ご本人もまわりの皆さまも大変だと思いますが、ムリしないで下さいね。
2016年03月03日(Thu) 18:21
オスカーさんへ
編集
いつも優しいコメントをいただいて、本当にありがとうございます。
オットは、少し良くなってくると「ちょっと税金のファイルをみなくちゃ」とか「ちょっとウォーキングに行ってみたい」とか。。で、3時間くらい経つと「あ〜<もうだめ」とか言うのですよ。
「様子を見ながら」という言葉を知らないのか、お前は〜!!と、叫びたくなります。

それにしても、お薬を間違えられるのは大変ですよね。幾重にもチェックが入ってるはず。。。なのに、やはり時に緊張が緩むのでしょうか。オットがお世話になっている処方箋薬局は、ジムでよく会う方がいるので、私が取りに行くと懇切丁寧に(?)説明してくれるんです。こういう関係ができると、ちょっと安心だな〜と、何事も「いいこともある」と思うようにしています。
2016年03月06日(Sun) 21:23
編集
聞けば聞くほど、日本とアメリカの医療の違いにびっくりですね(^o^;)
間違った資料はダメでしょ〜。

その後、お加減いかがですか?

友人に、耳石がずれて、目眩が止まらず…という方がいました。
何にしても、いつもの自分の調子と違うというのは辛いことです。
2016年03月08日(Tue) 18:20
ラピスままさんへ
編集
話せば話すほど、なんて国なんだ、と思うことがあります。(爆)
おかげさまで血圧降下剤も効き始め、バランスもかなり取れるようになりました。

どうも、左耳は聞こえないらしく、私が少し離れた場所から話すと、どこにいるのかわからないのですって。
人間の聴覚って、すごいな〜と、改めて感動しております。

2016年03月11日(Fri) 21:50












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。