リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ ダラスの襲撃のあとでTOPアメリカ生活 ≫ ダラスの襲撃のあとで

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ダラスの襲撃のあとで

 どんなことをなんと表現しても、聞く耳を持たない人には届かないこともある。
 ほとんど総ヒステリー状態の「私たちの立場」を叫ぶ人には、どんな正論も届かないこともある。

 地域あるいは国家を問わず、リーダーであるべき人たちが感情論を煽るように、これまで以上に人々の差別意識に油を注いでいるように感じるのは、私だけなのかしら?

 今回は、どこで切っていいのかわからないし、だらだらと書いてしまいそうだし、「Kayは大間違いだよっ」と気を悪くする人もいると思うので、この先は全て「そういうこともあるのね」という気持ちで読んで下さい。
気を悪くする人は、そこで読むのやめてくださいね。それぞれの考え方を尊重する立場を貫きたいと思います。

 バトンルージュの警官による黒人射殺事件、ダラス警察官に対する狙撃 (*)と相まって、週末からは各テレビ局の特別ニュース枠の中で様々な立場の知識人(?という日本語が正しいのかどうかわからないけど)が、討論したり意見を述べています。
 
 (*)週末のニュースでは、Massacreという英語を使っていました。大量殺戮、虐殺という意味です。今週になってからは、The attack on Dallas とか Dallas Shooting という言い方に変わっています。ニュースメディアも落ち着いてきたのかな?
 
 日本の方は「Black Lives Matter」という運動をご存知なのでしょうか? 「黒人の命は大事なんだよ!」と叫びながらデモをするのですが、黒人だけではなく白人も混じっています。

 黒人が白人警官に撃たれて死亡した事件が、2年ほど前から大きく取り上げられるようになって以来、何かあるとこの「Black Lives Matter」のデモが頻発します。

 でもね、例えばNYで起きた射殺事件は、コンビニエンスストアに強盗で入った黒人が、店主に殴るなどの暴行を与えた上、警察官にも殴りかかろうとしたのです。この黒人は、それこそ白人警官の背丈も体重も3倍くらいはありそうですから、そりゃ襲われたら怖いだろう、としみじみ思ったのです。確か警官は殺人罪にはなりませんでした。

 確かに人種差別は現存するし(一応ないことになっているけど)、悪い警察官だっています。

 でも、このデモの最中にインタビューされた人が言っていたのですよ。
「警察官は、黒人のことをなんとも思ってないのよ。私たちが住んでいるアパート群は、ギャングもいるし麻薬の問題だってある。でも、パトロールにだってこないじゃないの」

 いや。。。もし、パトロールに入って襲われたって、誰も助けてくれないし。
 もしパトロールに入って、襲われそうになって銃撃戦になったら、警察官が黒人を撃ったと大騒ぎになるし。。。

 ちなみに、黒人が嫌いな白人はいます。差別するかどうかは別として、できれば隣には引っ越してきてほしくない、と思っている人は、たくさんいるのではないでしょうか。

 確かに黒人の検挙率は高いし、刑務所にいる数も白人や他の人種よりずっと多いようです。
でも、私たちが住んでいるような地方でさえ、強盗や殺人が起こると検挙されるのは1:4くらいの確率で黒人です。(ざっくり感じた比率なので、根拠はありません)

 今年の独立記念日の週末、シカゴ。
 木曜日の夜中の3時頃から月曜日までの84時間の間に、82件の銃撃、12人の死者、少なくとも82人の人が撃たれて怪我をしています。(シカゴトリビューン紙からの抜粋。記事そのもはここをクリックしてください。)警官に射殺された人もいます。年齢としては、10代後半から20代が多いようです。

 でも、誰もシカゴへいきません。黒人が撃たれたとなるとすぐにテレビで演説する大統領も、彼が上院議員をしていたイリノイ州のことなのに、彼が住んでいた町のことなのに、一切言及しませんでした。
 少なくとも、4大ネットワークなどを使って、このとんでもない状況を改善するための啓蒙運動を呼びかける人はいませんでした。
あるいは命を大事にしようよ!とデモをすることはありませんでした。
 シカゴの市長は、R・エマニュエル。2011年にシカゴの市長選に出るまでは、オバマ大統領の首席補佐官でした。

 今日、ダラスで追悼式典がありました。ブッシュ前大統領(大統領になる前はテキサス州知事)のスピーチは、亡くなった警察官とその家族に対して、あるいは日々戦いの中にある現職警察官に対して、思いやりのある温かいものでした。
 オバマ大統領のスピーチは、警察官を賞賛するものではありましたが、銃刀法について言及するあたり(民主党の大きな政策目標で憲法第2条の修正になる)、今それを出すなよ、と思わず思った私でした。

 やっぱり、言いたいことがありすぎて、ぜんぜんまとまってなかった。。。読んでくださって、ありがとう。
 
 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

良いと思います。
編集
こういうお話は大変貴重です。
私は良いと思います。とってもとっても良いと思います。
2016年07月13日(Wed) 07:56
ラピスぱぱさんへ
編集
私の意見も、反対する人はたくさんいると思います。
友人には、「黒人は本当に虐げられている!」と確信している人もいます。だから、政治的な話は、お友達とはしません。。

2016年07月14日(Thu) 18:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。