リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 警官は狙っているのか?TOPアメリカ生活 ≫ 警官は狙っているのか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

警官は狙っているのか?

 先日ダラスの襲撃事件の書きました。
その犯人は、警察が折衝を繰り返したのですが、投降しなかったのでロボットにより殺害されました。

 この翌日にも、「Black Lives Matter」のデモはダラスで大規模に行われ、多くの逮捕者を出しました。
この逮捕者の中には、リーダーも含まれていて2日ほど留置場に入っていたようです。

 びっくりしたのは。。。昨日ホワイトハウスで「人種偏見を改善するにはどうしたらいいか」というようなミーティングがオバマ大統領やアル・シャープトンを交えて開かれたそうですが、この逮捕されたリーダーも含まれていたそうです。
さすがにそれはないだろう。。。というのが続きすぎて、もうどうでもよくなりそうです。

 さて12日のウォールストリートジャーナル紙のOpinionページに、ヘザー・マクドナルドが「Time to End the Demonizing of Police」という内容で書いた記事がありました。

 次のように始まります。
「この2年間アメリカの警察は、オバマ政権と(オバマ寄りの)メディア、Black Lives Matter運動から、アメリカの警官は人種差別者で黒人にとっては死活問題だと、容赦ない非難攻撃を受け続けている。」

 これからは抜粋のみになりますが、興味のある方でウォールストリートジャーナルを購読している方はウェッブサイトから読むことができます。

 「 。。。。今年前半で、アメリカの都市でどれだけの犯罪が増え、銃撃があったことか。そしてその犠牲者の多くは、黒人なのである。」

 「2015年に、フィラデルフィア警察の司法省の分析では、白人の警察官が黒人を撃つことは、黒人警官やヒスパニック(南米系)警官に比べて低いという結果を出している。
今年になり、ハーバード大学のフライヤー経済学部教授は銃撃に関わった1000人以上の全米の警察官を対象にした研究結果として、警察官が銃撃した理由に人種差別は見られなかった、と発表している。」

 「毎年、警察官は数え切れないほどの銃を携帯した犯罪者に対峙する。ワシントンポスト紙によれば、昨年は全米で987人が警官によって射殺されたが、犯人が武器を持っていたとか自己防衛のためだった。

 「実際には、黒人の犯罪率が高いにもかかわらず、射殺された人の50%が白人だということは、報道されていない。さらに、警官が武器を持つ黒人に殺される確率は、黒人が警官に殺害される18.5倍に上っている。
 こういう事実にもかかわらず、オバマ大統領は木曜日、バトンルージュとセントポールの警官による黒人射殺を受けて、これらは偶然ではなく、アメリカの司法システム(警察体制)に厳然と存在する人種差別問題によるものだと言い切った」

 「先月、最高裁判所のソトメイヤー裁判官は、警察官による職務質問などは黒人をターゲットにしていることが多く、彼らの声を聞かなければならない。そして、白人は、黒人の親が自分の子供が出かけていくたびに心配する(警察に撃たれたり連行される)気持ちを理解するべきだと語っている」

 クリントン大統領候補も、7月9日までにシカゴではすでに2090人もの犠牲者が出ていて、3歳の子供が半身不随になっているとか4歳の子供の犠牲者がいることは問題にしない。ちなみに、警官に殺害された犠牲者はゼロである。」

 警察官の中には悪い奴もいれば、人種差別者もいるし、単に関わりたくないだけの人もいる。

 オバマ大統領が黒人初の大統領になった時、(政治的に)何もできないかもしれないけど、少なくとも黒人と白人の間の関係はもっとよくなるよね、と多くの白人は期待したと思う。
 例えば、福祉ばかりに頼るのではなくて、大学進学や資格取得を勧めて自立した生活設計を啓蒙するとか。
 例えば、母子家庭手当に頼るのではなくて、きちんと結婚して両親そろった家庭環境を整えて子育てを推進するとか。
 例えば、ギャングとして麻薬売買や強盗をして生計を立てるのではなく、仕事を手にする技術を少年刑務所で教えるとか。
 
 アメリカに来た頃、ベーカリーやスーパーマーケットで黒人のおばちゃんたちはとても親切で、笑顔だった。明るくて、こちらも元気がもらえるような「Have a good day, Honey!(んじゃ、ごきげんよう!)」って感じだった。

 なんだか、ああいう時代があったのが昔のように感じてしまう、今日この頃なのだ。。。

 (注)日本語訳は、私がなんとなく読みやすいように書いているので、文法通り文字通りではありません。ちなみに下の方にウォールストリートジャーナルからのコピーを掲載しています。興味のある方は、読んでみてください。

 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


*** Time to End the Demonizing of Police ***** (Copy from Wall Street Journal, 2016 7/12)

By HEATHER MAC DONALD
July 12, 2016 6:37 p.m. ET

For two years American police departments have endured relentless attacks from the Obama administration, its media allies and the Black Lives Matter movement alleging that U.S. law enforcement is a racist, deadly threat to African-Americans. A handful of disturbing videos depicting police shootings helped galvanize widespread hostility to law-enforcement officers, and cops began backing away from the proactive policing that stops crime but has been repeatedly denounced as racial oppression.

The result, especially in the first half of this year, has been an appalling increase in shootings and murders in many cities across America. Most of the victims, in this poisonous era spawned by Black Lives Matter, have been black. Now the consequences of this stream of falsehoods about police may be spinning out of control, with the assassination of five police officers in Dallas last week and the attacks on cops in other cities since then.

Make no mistake: Assertions about systemic, deadly police racism are false. That has been true throughout the period following the shooting of Michael Brown in Ferguson, Mo., in 2014; recall that the cop involved was ultimately exonerated by the Justice Department. But no number of studies debunking this fiction has penetrated the conventional story line.

A “deadly force” lab study at Washington State University by researcher Lois James found that participants were biased in favor of black suspects, over white or Hispanic ones, in simulated threat scenarios. The research, published in 2014 in the Journal of Experimental Criminology, confirmed what Ms. James had found previously in studying active police officers, military personnel and the general public.

In 2015 a Justice Department analysis of the Philadelphia Police Department found that white police officers were less likely than black or Hispanic officers to shoot unarmed black suspects. And this month “An Empirical Analysis of Racial Differences in Police Use of Force” by Harvard economics professor Roland G. Fryer Jr., analyzing more than 1,000 officer-involved shootings across the country, reports that there is zero evidence of racial bias in police shootings.

All of which brings us to President Obama’s extraordinary statement last week alleging systemic racism in American law enforcement. He was speaking in the aftermath of two highly publicized fatal police shootings. Viral video captured the shooting of Alton Sterling in Baton Rouge, La., as officers attempted to disarm him, and the aftermath of the shooting of Philando Castile during a car stop outside St. Paul, Minn.

Those shootings look horribly unjustified based on the videos alone; but information may emerge to explain the officers’ belief that the victims were reaching for a gun.

A few hours after President Obama made his remarks, the Dallas gunman assassinated five police officers, in a rampage that police officials later reported was driven by hatred of white officers and white people generally.

Mr. Obama’s statement undoubtedly had no causal relationship to the Dallas slaughter. But it certainly added to the record of distortion and falsehood that has stoked widespread animus toward the police.

It bears repeating: Unjustified shootings by police officers are an aberration, not the norm, and there is no evidence that racism drives police actions.

Every year, officers confront tens of thousands of armed felons without using lethal force. According to the Washington Post, police officers fatally shot 987 people in the U.S. last year; the overwhelming majority were armed or threatening deadly force.

Blacks made up a lower percentage of those police-shooting victims—26%—than would be predicted by the higher black involvement in violent crime. Whites made up 50% of police shooting victims, but you would never know it from media coverage. Note also that police officers face an 18.5 times greater chance of being killed by a black male than an unarmed black male has of being killed by a police officer.

Indifferent to these facts, President Obama on Thursday, referring to the police killings in Baton Rouge and St. Paul, said: “[T]hese are not isolated incidents. They’re symptomatic of a broader set of racial disparities that exist in our criminal justice system.” He made another sweeping allegation of law-enforcement racism, saying that there “are problems across our criminal justice system, there are biases—some conscious and unconscious—that have to be rooted out.” And he claimed that higher rates of arrests and stops among blacks reflect police discrimination; naturally, Mr. Obama remained silent about blacks’ far higher rates of crime.

Such corrosive rhetoric about the nation’s police officers and criminal-justice system is unsettling coming from the president of the United States, but it reflects how thoroughly the misinformation propagated by Black Lives Matter and the media has taken hold. Last month Supreme Court Justice Sonia Sotomayor, dissenting in a case about police searches, wrote that blacks are “routinely targeted” by law enforcement, adding that “Until their voices matter, too, our justice system will continue to be anything but.”

Hillary Clinton has also taken up this warped cause. On CNN Friday, she decried “systemic” and “implicit bias” in police departments. She also called on “white people” to better understand blacks “who fear every time their children go somewhere.”

Mrs. Clinton ought to take a look at Chicago. Through July 9, 2,090 people have been shot this year, including a 3-year-old boy shot on Father’s Day who will be paralyzed for life, an 11-year-old boy wounded on the Fourth of July, and a 4-year-old boy wounded last week. How many of the 2,090 victims in Chicago were shot by cops? Nine.

Meanwhile, Donald Trump emphasized “law and order” in a video released Friday, saying: “We must stand in solidarity with law enforcement, which we must remember is the force between civilization and total chaos.”

Given the nightmarish events of the past several days, Mr. Trump could do worse than making this presidential campaign one about that line between civilization and anarchy.

Ms. Mac Donald is the Thomas W. Smith fellow at the Manhattan Institute and author of “The War on Cops,” just out from Encounter Books.
関連記事

Comment

編集
おはようございます。
ロボットを使用したことに驚きました。自走式の消防車的なものとは違い、えっ……となりました。これからこういった使い方が増えるのでしょうか?
国の歴史や生活習慣など知識としてアタマでわかっていることと、実際そこで生活して肌で感じるものってかなり違うと思うのです。そしてその国の言葉、細かい感情のゆらぎを完璧に訳して理解するのは本当に難しいでしょうし……。
日本でもなんかよくわからないのに、いろんなデモに参加している人って多いと思います。あちこちで悲惨なニュースがあり、どうでもよいことをブログに書いている自分はどうなんだろう……と思うこともあり……まとまらない文章ですみません。
お身体に気をつけて下さい。毎日おだやかに過ごせますように。
2016年07月16日(Sat) 18:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。