リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 銀のフラットウエアのお手入れ〜ベーキングソーダTOPいいものみつけた! ≫ 銀のフラットウエアのお手入れ〜ベーキングソーダ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

銀のフラットウエアのお手入れ〜ベーキングソーダ

 ベーキングソーダって、本当に優れものです。日本では、重曹のことらしいです。

 この先は、すべて「私の場合、成功した!」話です。お試しになる場合、結果は自己責任ということをご了承ください。(銀器が変色したり使い物にならなくなっても、私を責めないで。)
 
 しばらく引き出しに入れたままになっていた、スターリングシルバー(sterling silver; 銀の含有率が92.5%以上の銀、合金)のナイフやフォークが〜!!銀より錆びにくいと言われるけれど、やっぱり鈍〜い輝きになっている。

  銀専用のペーストもあります。このペーストを使って磨くと、本当に綺麗になります。
例えば、下の写真の左側のサーヴィングスプーンは、ペーストで磨いたものです。
IMG_5498_convert_20161220100458.jpg


  よくよく見ると、細かい細工の部分には、まだサビが残っています。ペーストで拭き取ったサビは、こんな風に黒くなります。
ペーストと、爪楊枝の先に古いTシャツでも巻きつけて磨くか?が!そんな時間はないのさ。

IMG_5502_convert_20161220100845.jpg


時間がないときの、裏技です。

   ガラスのキャセロールディッシュ(耐熱のガラス容器で、ナイフやフォークが入る大きさのもの。金属製は、ダメです)に、アルミフォイルをくしゃくしゃにして、敷きます。そこへ、ベーキングソーダを適当に降り入れます。お皿の大きさによるけど、大さじ2−4くらいあれば、十分です。
IMG_5504_convert_20161220101241.jpg


  そこへ、その半量から同量(これもいい加減ですが)の、塩を入れます。
IMG_5505_convert_20161220101347.jpg


  熱湯をそそぎ入れると、しゅわしゅわ〜と音がします。我が家にはヤカンがないので、鍋使用です。ソーダと塩を溶かします。
IMG_5509_convert_20161220101532.jpg
 

  ナイフやフォークは水がかぶるように、必ずアルミフォイルに触れるように並べます。きっちり全部が触らなくても大丈夫。だいたい片側5分くらいを目安に、裏返します。化学反応中〜!!みたいな匂いが、少しします。毎回お湯を変える必要はないようですが、熱い方が効果があるような気がします。
IMG_5515_convert_20161220101646.jpg


   ベーキングソーダが残るので、しっかり水洗いして拭きあげます。輝きも戻ってきました。
IMG_5516_convert_20161220104459.jpg


  細工の部分も、綺麗になりました!ペーパータオルでふくと、よく分かります。
IMG_5517_convert_20161220104940.jpg

   これだけの量をペーストで磨くなんて、根気ゼロのワタシは気が遠くなります。
IMG_5518_convert_20161220110056.jpg


   しっかり乾かしてから、銀器を保護する布で空気をできるだけ遮断して、保管します。
IMG_5553_convert_20161220105911.jpg

 オットの母が集めた、純銀のフラットウエア(フォークやナイフ)もあるのですが、さすがにまだ試したことはありません。
 
 ちょっと英語の話;
 英語で洋食器のことを、何と言う?私のアメリカでの経験をもとに説明します。多分、英国(オーストラリアやニュージーランド含む)では、違う使い方をすると思います。

 テーブルウエア(tableware);食事をするのに使うもの。大皿、皿、グラス類、ナイフやフォーク(とり分けるためのものも含む)

 ディナーウエア(dinnerware);お皿やコーヒーカップなども含める。本来は陶器やボーンチャイナ製品だが、メラミンやガラスなどのお皿も指す。 dinner place setは、一人分のセットで、ディナー皿、サラダ皿、コーヒーマグまたはコーヒーカップと受け皿がセットになったもの。

 ドリンクウエア(drinkeware);ワイングラス、ウィスキーグラスなど。ガラスやクリスタル製のもの。

 フラットウエア(flatware);ナイフやフォーク、スプーン、とり分けるためのフォークやスプーン。

 シルバーウエア(silverware);本来は、銀製のフラットウエア。最近はフラットウエアと同義で使うこともある。

 カトラリー(cutlery);包丁。ステーキナイフなども含める。

 というわけで、忙しい時期を乗り切ろう〜の気持ちだけ十分な師走の夜。


 気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。