リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 冬の必需品 保温調理鍋TOPいいものみつけた! ≫ 冬の必需品 保温調理鍋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

冬の必需品 保温調理鍋

 いつの季節でも大好きなのだが、やっぱり冬のスープは一番だとおもう。そして、我が家の煮込み料理用定番鍋といえば、これなのだ!

TIGER 保温調理鍋 (真空ステンレス) NFA-B300XSTIGER 保温調理鍋 (真空ステンレス) NFA-B300XS
()
タイガー

商品詳細を見る


 内鍋を直接火にかけ、具材をいれてふつふつと煮ること20分から30分。フタをしたらおもむろに外鍋(保温鍋)に入れ、そのままカウンターの上に放置しておく。

 焦げることもなく、しっかりと味の染みこんだスープやシチューにスパゲティーソース、煮ものやおでんが出来上がる。何がそんなにいいかって?

家の中に匂いが広がらない
火を使わないから経済的
夏場にキッチンが暑くならない
30分の準備で、半日後には感動の一品ができあがり
(くどいけど)煮崩れや焦げつきがない

 私はAmazon.com(US版)で象印を購入したのだが、現在は販売していない。ググってみても、アメリカのウェブサイトではひっかからなかった。もちろん、日本のアマゾンで見つかった!

上の写真の鍋は3リットルサイズで、通常価格15,750円が9800円のセールである。

他にもサイズやデザインの異なるものがある;
4.5リットル 17,850円  10,800円
5.2リットル 19,950円  11,800円

 アメリカでは「Slow Cooker(スロークッカー、低温で長時間調理ができる)」が一般的でだが、このクッカーは電気を使いっぱなしである。
 環境を考える昨今、やはり「カウンターにおきっぱなし」というのは大きな魅力だ。

 さて、今度は中華粥に挑戦してみようっと。
 

 
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。