リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOPスポンサー広告 ≫ 天井がきれいになった!TOP家丸ごと一軒 改装過程 ≫ 天井がきれいになった!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

天井がきれいになった!

 クリスマス前の12月半ば、ヒスパニック(南アメリカ移民)3人が、天井や壁のドライウォール(石膏ボード)を、直しにきてくれた。

 前回のレポートでは、吹き付け天井のカテッジチーズ削り取り大作戦の後をお伝えした。
ドライウォールの隙間を埋めた後や、スクリューを隠した後のコンパウンド(白いパテのようなもの)の跡がなまなましい。。。165 
天助

じゃじゃーん!164
天井
隙間が開いてしまったところ、スクリューがさびてさび色が出たところなど全部、やり直し。コンパウンド(パテ)を塗って、サンドペーパーをかける作業を2回。そのあと、2回下塗りを終えたところ。これで、ペイントできる。

 家中の天井や、壁がこんなに「まっしろ」である。ところが、サンドペーパーで削ったドライウォールの粉末は、そこら中に飛び散っている。

 家の中では片栗粉の上を歩いている、という感じである。靴の裏が、真っ白になる。
また本格的工事が始まったら、木屑やらセメントくず、タイル粉末なんかが飛び散るので、今更掃除する気にならない。あとは野となれ山となれ!とやけくそ。

 クリスマス直前から、ジャックアンドジル バスルームと二つのベッドルームのペイントを始めている。

 この次は、そのペイントの話。
関連記事

Comment

編集
ミドルネームを持ってるわんちゃん、すてきですね。
はなは、アメリカではやはりハンナになってしまいます。
ま、いっか。

↓ 上手に包装紙をやぶいてる。フフ
2009年12月27日(Sun) 18:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。