リゾートスタイル ~ 島くらし

ヒルトンヘッドアイランドー東海岸リゾートでフツーに暮らす
TOP ≫ CATEGORY ≫ ファーム(菜園)の話
CATEGORY ≫ ファーム(菜園)の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

着々と育つ野菜たち!

 ここのところ、気温も高くなって南部特有の湿度も上がってきた。
雑草は、元気なことこのうえない。

 で、本当に大丈夫なんだろうか?と始めたガーデンも、少しずつ野菜たちが育ってきた。収穫はちょっとさきだけれど、一日おきにレタスをつまんでいる!やった〜!!

 ズッキーニとイエロースクワッシュ。こんなに大きくなるなんて、びっくり!
IMG_0417_convert_20130525094037.jpg

 ベビーズッキーニやスクワッシュが顔を見せている。(見えますか?)
IMG_0414_convert_20130525094319.jpg


 そして、お友達にいただいた「日本の大根の種」(名前を失念。。。)は夏向けの辛みのある大根なので、「ぜひ大根おろしにどうぞ」ですって。ね、しっかり「白い大根」が見えているの。何時収穫できるのかな?!
IMG_0413_convert_20130525094436.jpg

 トマトは島では育ちにくい、と周りのファーマーは皆さん口を揃えておっしゃる。「砂地だから、栄養分も水分も流れちゃうからねえ」。。。でも、グレープトマトはちょっと実を付け始めた!!
IMG_0411_convert_20130525094542.jpg

 ところで隣りのプロットのジャックは、このファームで10年作っているベテランなのだ。
彼は「ミラクルグロウ(Miracle Grow)の土を混ぜて野菜を植えるし、肥料もミラクルグロウを使っている。彼のトマトは、まるでジャングルのような育ち方をしているし、他の野菜の大きさも半端じゃない。

 これが、ミラクルグロウのトマト用。他にも芝生とか花用と種類が抱負で、値段もそれほどは高くない。


 こういう土を使ってしまうと、植物自体が大地の元気をもらう、という「チカラ」が後退するような気がする。それに「ミラクルグロウ」の原材料を見ると、私では読めない化学系のモノが多すぎで、不安になってしまうのだ。
 そこで、家ではやはりオーガニックの肥料を使うことにした。ミラクルグロウから「オーガニック」も出てはいるけどね。

 その実例がこちら。
 この写真の赤いガードの中のトマトは一時期寒かったり水やりが少なかったりして、枯れ始めて「もうだめかな〜」と半分諦めたトマトである。(手前はバジル、トマト、奥はジャックのトマト)
 IMG_0410_convert_20130525095152.jpg

 いま、このトマトは花をつけ始めた。下の二つの肥料を使ったら、結構元気を回復してきたようなのだ。
私が使っている肥料は、ドクター・アースの「オーガニック、トマト/野菜/ハーブ用肥料」。


もう一つは、同じくドクター・アースの「海藻ジュース」。ちょっと高めだけれど、水に溶かして3週間に一度程なので、結構使える。このパッケージ一つで、64ガロン(240リットル)作れる。


 なすの花も咲き始めたし、エダマメも花が咲いている。また、写真を撮らなくっちゃ!
というわけで、「ファーマー Kay」のファーミングストーリー、もうしばらくお付き合い下さいませ〜!
 
  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

鳥の巣@ファーム

 今週は、ケーブル会社に怒り心頭。。。インターネットが調子良くない。まあ、様子を見ながら適当に付き合ってきたのだが、昨日はとうとう「電話回線」まで途切れた。

 オットが電話で「ツマの年老いた両親(ごめんね、両親!)が日本にいて、電話が通じないと困る!ランドフォンを使っている唯一の理由は、彼らといつでも繋がるっていうことなんだからっ!」と怒った。

 で、今日の朝10時に来てくれた。チェックした結果、電話がダメな理由は昨日となりのケーブルが庭仕事をしている最中に切れて、その修理に来たテクニシャンが、外のケーブルボックスの何かをなんだかして。。。xxxx 

 どうでもいいけど、修理で周りに迷惑かけてどうするよっ!と内心、またもや怒りx2。
来月の請求書に「テクニシャン派遣手数料」なんてチャージされたら、黙っちゃいないわよっ!

 さらに修理の後にまたインターネットが切れて、さすがのワタシも「いいかげんにしろよっ!」と、モデムの電源を引き抜いたりして、今イチ気分が収まらなかった午前中である。

 午後は、怒りを鎮めるためにファームに気分転換にいってきた。
 島の砂地のファームでは、毎日水撒きが必要である。五月なのに春先のような気候だが、雑草だけはめまぐるしく育ってるし。(4月−5月は雨+曇り+肌寒い日の連続でした)

 さらに今週から、新しい仲間がプロットに増えた。
IMG_0393_convert_20130511100010.jpg

なすとペッパー(ピーマン?)の間で、卵を守っているのは「killdeer」(フタオビチドリ;写真は、bingから借用。クリックでkilldeerのウィキペディアへ飛びます。)
killdeer2.jpg

 卵は、4つ。
IMG_0386_convert_20130511100039.jpg

 近づくと、卵を守る為に親鳥が離れた場所へいって、「壊れた羽のダンス」(敵の注意を引くための行為。ウィキペディアでビデオがあります)をしたり、しゃがんで「巣はここだよ〜」のフリをしたり。

 一度つがいになると、生涯を共にするという、律儀な鳥である。
農薬などの散布がない、広々と見渡せるような場所に「オス」が場所を確保して、「巣作り」がはじまるそうだ。卵がかえるまでに、25日ら30日かかるとか。
 ラクーンなどに狙われないように、なんとかひな鳥が巣立ってほしいものである。

 で、ちょっと近づくと威嚇の声をあげるので、「大丈夫だよ〜」「ママバード、ちゃんと卵の上に座っていてね〜」なんて、話しかけながら水撒きや雑草ぬきをするのだが、茄子やペッパー、となりのベッドの黒豆(ほんと、楽しみにしていたのに〜!!)とトマトには近づけない。
kildeer_convert_20130511095921.jpg

 これからは、元気なベジタブルとキルディアの様子も、お楽しみに。


  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

キャメロン@ガーデン

 風邪を引いて、ちょっと遠ざかっていたベジー・ガーデン(veggie garden;菜園)。

昨日から久しぶりに、「ファーマーKay」の復活である。

 苗を植えてマルチを置いたベッドには、あまり草も生えていないが、土をもっただけのベッドには雑草がちらほら。
ワタシはピッチフォークで土を返して、『小さいうちにやっつけろ!』と草取りに励み、オットはベッドの間の通路(?)に、雑草よけのシート(雨水を通して日光を遮断するシート)を置いてマルチを敷いていた。
こんな感じかな。。。
IMG_0296_convert_20130403105623.jpg

 キャメロンは「監督官」だったが、雑草よけシートの芯になっていた紙筒が出てきたとたん。。。。

「いいもの見つけたっ!。。。あり。。。むむっ」
IMG_0299_convert_20130403110427.jpg

「ママ〜、ちびっと長過ぎますけど〜!」
IMG_0297_convert_20130403105822.jpg

「むふっ、ガシガシ。。。これが一番です!!」
IMG_0298_convert_20130403110526.jpg

 ちょっと風が強かった午後。
キャメロンは、どこでも遊べるいい子に育っております。

  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ファーム仲間とオイスターロースト

 先日は、キャメロンの為に暖かなメッセージをいただき、ありがとうございました。
今日から、缶づめ栄養食プラス普通のドッグフードを少し、というご飯に切り替わり、キャメロンいたくご機嫌です。すでに土曜日の夕方の散歩から、ゴルフコースをかけっこしております。
 「キャメロン、元気になりました〜!!ありがと〜!!」
IMG_0282_convert_20130319101614.jpg



 さて、週末の土曜日には「ファームのファンド・レイジング(運転資金調達のあつまり)」があった。

 ファームを借りている人はもちろん、年間使用料金を支払うのだが、トラクターの手入れとか水道料金のほかにもお金がかかる。運営はすべてファーマーたちがボランティアで仕切っているので、お金の用途は、実際にかかる経費のみである

 そこで年に2回程、「参加費用$25で誰でもウェルカム」というピクニックが開かれる。

 ファームの近くにある、ネイチャーパーク(自然公園、これも敷地内)のピクニックエリアにて。
ここには、ポークバーベキュー、サンドイッチバンズ、ベイクドビーンズ、コールスロー、デザートのカップケーキとブラウニー、水、アイスティーなどが用意されている。
IMG_0271_convert_20130319101801.jpg


 このバーベキューが閑散としているのは、今回のメインがLow Country 名物の「Oyster Roast」だから!

 このあたりで採れるオイスター(牡蛎)は、クラスターのように5個くらいずつ固まって浅瀬に棲息している。

 早い話、見て!テーブルが8個くらい置いてあって、みんな適当なテーブルに集まる。
IMG_0272_convert_20130319103636.jpg

 大鍋でゆであがったオイスター。(ローストといっても、実際は”茹で”ます)
IMG_0277_convert_20130319102543.jpg

 テーブルの上に、「ど〜ん!」と山ができるけど、
IMG_0274_convert_20130319102932.jpg

 みんな勝手に取って、ナイフで殻を外して(これ、簡単に外れる)大きいのも小さいのもたべる。
時々砂が入っていたりするけど、気にしない。
IMG_0275_convert_20130319103520.jpg

 洗ったりしないから適当に塩味もあって(海水の塩ね)、私はレモンだけで充分だけれど、一応カクテルソースもある。

 これが本当の、「地産地消」というものだ。

 島のすぐ外がわの町、Blufftonにある「オイスターカンパニー」は、サウスキャロライナ州で唯一「牡蛎を手で剥いて出荷する」小さな工場である。
 島でオイスターローストなら、このカンパニーから大袋に何杯という殻つきオイスターを調達しているはず。

 野趣あふれる「オイスターロースト」、もしどこかで見かけたら、ぜひ参加することをお勧めします!



  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

菜園;準備着々

 ブログをアップする気力もない程、この3日程は菜園にかかりきりだった。

 ファームのプロットを借りて、意気揚々と草取りだ〜!と息巻いたのもいまは昔。(当時のブログはこちらです)。

 
 ひと月前の、草が山ほど生えたプロット。
IMG_0231_convert_20130219110329.jpg IMG_0229_convert_20130219110456.jpg


 これが、昨日の菜園!ベッドが全部で8個!
IMG_0259_convert_20130313102343.jpg IMG_0258_convert_20130313101758.jpg

 この木で囲った畝のことを、レイズドベッヅ(raised beds)と呼ぶ。

 草を引き抜いた後のプロットの土、表面の使えそうな所をかき集めて、畝のようにしてみた。

 オットが、LOWES(DIYの大型店)で木を買い込んできて、畝の大きさに合うような木枠を作る。

 ベッドの土山に、ファームで利用できるように置いてある腐葉土や半腐葉土を混ぜ込む。
さらに土をピッチフォークでひっくり返して、できるだけ雑草を取り除く。
pitch.jpg (アマゾンから借用)

 さらに、マッシュルームコンポスト(Mushroom Compost)や牛糞と腐葉土(Caw Manure)それぞれ50パウンド(22㌔の袋入りを購入)を、混ぜ込んでできあがり。

 トラックで運んできた土は、プロットの表土を剥がしとったところに撒いて、表面を平らにする為に使う。

あっちこっち穴だらけの通路は、危なっかしくて仕方ない。通路には水を通す布を敷いてマルチを置けば、雑草も少しはコントロールできる。。。はず。

 現在の我が家のプロット、はっきり言って「一番見た目がきれいなプロット賞」をいただけるか、と思う程の出来映えである。(言うだけ言わせて!!)

 昨日の夕方、ファームのプレジデントのジョンが、水撒きホース用の台を作っているオットと無駄話をしていたときのこと。

 「いやあ、立派なレイズドベッドができたねえ!このファームでね、本当のガーディナーかどうかってのは、7月8月にわかるんだよね。」

 「??」

 「夏に2週間こないと、雑草だらけだからさ。その時期にプロットを秋のシーズンに備えるって人は、ホンモノのガーディナーってことだよ」



 気を取り直して、明日はLOWESにトマトや野菜の苗を見に行ってこようっと。


  気に入って頂けた時にポチッ!としていただけると、とっても嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ビーチリゾート情報へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

Kay Buckley

Author:Kay Buckley
 名古屋生まれの名古屋育ちが、東京で働く間にオットに出会い、アメリカ南東部の街で数年。2002年から東部屈指のリゾート地での暮らしがはじまりました。

 補習校教師、通訳、情報誌編集長などを経て、さて次はなにをしようかな?
ワン子との暮らしや、リゾート暮らし、旅行や食べ物の話を載せています。

FC2ブログランキング
楽しんでいただけたら、クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アマゾンUS お気に入り
試したものを、お勧めしています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。